<< 最中、もなか、も・な・かぁ~!!! 黒豆と葛粉でスイーツを作る! >>
中秋の名月
今年は、昨日の9月25日が「中秋の名月」だったそうですね。
満月は2日あとの27日とのこと。

     ※日比谷、内幸町からビルの合間の月
d0046294_10352666.jpg
ちなみに、満月を「最中」(もなか)と言ったのをご存知ですか?
だから満月の日は「最中の日」! なぁ~んて和菓子屋協会で作っても可笑しくないですね。


中秋の名月は、毎年9月25日と決まっているわけではないのですが、私の誕生日が9月25日というのは毎年同じ。
どんな美しい人も、どんな馬鹿な人も、どんな腹黒い人も、どんな金持ちも、必ず一年に一つずつ年はとっていく・・・・・・、これは「公平」なのか? 「不公平」なのか?

言ってみれば、「一生賢明働く人もテキトーに働いている人も、みな給料は同じ」ってのと同じじゃないかと考えると、なんだかフェアーじゃないような気もする。
特に日本は、「年齢の数字」で決定付けられることが余りにも多いから、なおさら感じる。


てなことを考えながら、私は月見だんごとYEBISU黒ビールの500mlを買って帰った。
もちろん、かぐや姫になった気分で名月を眺めながら、
「よくぞこんな地獄のような現世で、今までガンバッテ生きてきたよねー」
と、誕生日を祝ってあげるために、だ。

この日、XX年前の母はどんな気持ちでどんな状態だったのだろう? と一日中考えた。
私がこの世に出て来たのは21:50という、月が空の高い所で煌煌と輝く時間である。

私は出産の経験がない。 だから想像で考えるしかないのだけど、25歳のまったく純粋無垢の田舎娘が陣痛に苦しみながら、私を産んだ。
父とお姑さんはじめ、誰に何を言われても口答えが出来ない大人しい母が、
「な~んでも言える子が生まれますように・・・・」
とお腹をなで続け、その願いに応えて登場してきたのが私である。 なんという母親孝行!???

「そしたらさぁ、言い過ぎる子が出てきちゃったよ」
とのたまったさ、母は。・・・・・    せっかくご要望に応えてやったのに。
               

とにかく昨日は、一日中なんとなく楽しかったという感覚が、今までに無い不思議な感覚でした。
ひょっとして、私が胎児で生まれる直前の感覚だったのだろうか?
だとしたら、ほんとに脳天気のばか者だよ・・・・・・。



みなさま、お祝いのお言葉、ありがとうございました!
  今年の名月にふさわしい女性となるべく、これからも精進いたしまする。
by anrianan | 2007-09-26 12:51 | ■とりあえず日記 | Comments(16)
Commented at 2007-09-26 19:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by parasail at 2007-09-26 22:16
遅れ馳せながら、お誕生日おめでとうございます!
生きてることだけで奇跡っていいますからね、目出度いっす!!

『歳の数』で決定付けられること確かにこの国だと多いと私も感じますよ。
変えて行きたいと思いますが、どうしてどうして難しい。。。

お誕生日に味わった感覚、出産前にきっとお母様が感じられてた事かもしれませんね。
先週そんな話をヒーラーさんとしていたところなんですよ。

Commented by tengtian60 at 2007-09-26 22:34
こんばんは!^^

それ以上精進なさるの?^^
何でも言えて羨ましいです。。
売られても喧嘩は買いませんが、言われっぱなしも体に悪いですよ。^^;
言った者の苦しみってこともあるでしょうが、言いたいことは言いたい。(笑)
去年言ってしまって大失敗しました。それ以来気をつけているのですが・・・
そのウチ大爆発有りかも。(爆)

おなかさん、25歳でしたか・・・
四男に嫁いだワタシは、お姑さんの苦労はほんの少し。^^
ムカシ?の長男の嫁は大変でしたね・・
今は姑の方が大変?(爆) このワタシもイチオウ姑です。(笑)
目に余ることがあっても言えないです・・・言ったらお終いですよ!今は。^^;

何だか逸れた話になってしまいました・・・^^;
晩安!^^
Commented by anrianan at 2007-09-26 22:43
★2007-09-26 19:24 カギコメさん、
はい、ありましたよ。 よーく覚えてます。
1つだけ黄色っぽかったような気がする、とのことでしたね。

超まくっているようですけど、もしご都合がつくのでしたら感激です。
でも、水と土日以外は労働しなければならないんですけど・・・・・。

ズバーッ! と息を抜いてくださいませ~! (笑)
私が協力できることがあればいつでも、涙チョチョ切れで嬉しいっす!
Commented by anrianan at 2007-09-26 22:55
★parasailさん、
ありがとうございます! 
よくもまあ、こんな世界でXX年もガンバッテますよね。(笑)

私が生まれる直前の母の気持ち・・・・・、なるほどねぇ~、これも納得できますねぇ。
母も周囲の人も、てっきり「男の子」が産まれると思っていたらしいですから、
強い男の子が産まれたつもりになってくれれば、ナンにも問題はないと思うんですけど。(笑)

「年齢不祥」の魅力ある女性になりたいな、と思います。
そういう女性が育ち難い国ですけどね。・・・・・・

Commented by anrianan at 2007-09-26 23:06
★tengtianさん、
まだまだ精進がたりませぬ・・・・・。(笑)

子どもの頃から、口論になると大人を本気で怒らせる子供でしたから。
父からは「口は災いの門」とよく言われましたが、それをこの年になってしみじみ感じます。
で、感じるようになると、母のように「言ったってしょーがない」と黙るようになりますね。(笑)
でも、母には小さい頃から「何でも言えて羨ましい」とも言われてました。
自分とはまったく違う人間に憧れるような感じだったのだと思います。
大人になって、お互いにお互いのよい所を尊重し合うようになれた、と思います。

今の時代は、お姑さんがいじめられる時代ですからね。(笑)
私は「結婚したら、相手のご両親を最優先させるからね」、と母に宣言していますが、母も肩を落として「それがホントだよね」と覚悟を決めているようです。 なのに、その対象は未だ現れません。・・・・・
きっと、私の両親は内心ホッとしている部分もあるんじゃないかと思っています。 なんだかんだ、私の背後霊のように(彼らの気が)おんぶしてきますから。(笑)
私も、おやすみなさい!
Commented by mojyao555 at 2007-09-27 13:27
anriさん、お誕生日おめでとう!!!!!
anriさんと私の誕生日が24日違いとかなり近いのでビックリ。^^
私の今年の誕生日は日本で迎える事が出来たんだけど、
誕生日の日に、anriさんのように自分が生まれた時の事を
考えた事は無かったなぁ。。。
ホント、自分はどんな感じでこの世に生まれてきたんだろう。
しみじみ考えてみるのも良いね。
Commented by anrianan at 2007-09-27 15:14
★mojyaoさん、
ありがとう~! 一年があっという間でびっくりします。
だんだん年を取ってくるとね、(笑) 「私の歳の時に、母はXX歳の子ども(私)が居たんだなぁ」と考えるのよ。
私はかなり過激に困らせてきたからね、そうすると母への尊敬がひとしおなわけ。(笑)
こんな忍耐強い人いないな、と思うのよ。 日本では「鈍感力」(五木寛之著)が話題になったんだけど、この鈍感力に長けた人だと思うわよ。 (^_^;) 
子どもを育てるって、自分の知らない自分を見せられたり、知らされたり、自分を大きく育てることができる強力な教材だと思うのね。 その教材に、もう挑戦することはないだろうことがちょっと残念だけど、その分守るものも未練を残すものもないし、潔く生きていける・・・と思っているのよ。
Commented by 銀の鈴 at 2007-09-27 19:53 x
こんばんは!
先日、自分のブログで「おめでとう!」を述べさせてもらったのですが、あらためてちょっと厳粛に「おめでとうございます」

もし、お母さまが○○年前にご出産なさらなかったら、Anriさんは今ここにいらっしゃらないんですもの。
こうしてブログでお話させてもらうこともなかったんですもの。
私にはうれしい、ありがたい日です!(ほんとです~)

なんだかお母さまのイメージが湧いてきました~
いつまでも 母娘仲良くね。

月の写真、ムードがありますね。
Commented by neo at 2007-09-27 22:10 x
おお!
誕生日おめでとうございます。
いや、年齢までは聞きません。
たしか・・同じくらいの年だったような。
ま、ともかく、これからの1年が
anriananさんにとって、良い年になりますように。
Commented by exmouthcoco at 2007-09-28 07:38
満月の日…ものすごく外が明るくて、月をしばらく眺めてたんだけど、中秋の名月だったのね。
お誕生日おめでとう、anriさん!
歳を重ねていくのが素直に喜べない年齢になってしまったけれど、(←私の場合、ね。anriさんはもっと若いのかしら?)それを喜びに変えていく方法ってないかしらね。
parasailさんも言ってるけど、確かに日本は「若けりゃいい」的な国よね。
それに慣れていたからか、フランスに来てTVを観たときはぶったまげましたよ。
歌手も、アナウンサーも、コメディアンも…おっさんやおばはん!(笑)
その反面、政治家はじじいばっかりなのにね、日本は。
フランスのほうが政治家は若いかな。

もっと熟して、ステキな女性になりましょうね~、お互い。
良い1年でありますように。
Commented by nakajimaakira1948 at 2007-09-28 13:43
anri さん、こんにちは!
Happy birthday to you.
わたしは50歳の誕生日を過ぎてからは、毎年誕生日で1歳づつ若返っているのだ
と、思うようにしています。

都会の中秋の名月の写真、ちょいとブレていますね。
左側に樹が見えています。
樹の幹にハンカチを折って押し付けて、それにデジカメを押し当てて動かないのを確かめて
息を止めて静かにシャッターボタンを押しましょう。ブレがなくなりますよ (^^)
Commented by anrianan at 2007-09-28 15:21
★銀の鈴さん、
厳粛なメッセージ、ありがとうございます~。(^0^)/

この世に生まれて来たくて順番待ちの「霊」が、いっぱい居るのだそうですよ。
だから「親」という存在は、肉体としてこの世に出してくれたくれた人たちなのだそうです。
生まれ出てくる確率は、宝くじなどよりもよっぽど難しいのだ、とあの江原さんが仰ってました。

・・・・みんな、この世での「修行」がしたくて生まれてきた挑戦者というわけですねぇ。
私もきっと大喜びで来たはずなのに(予定よりも10日くらい早かったらしいですし)(笑)、今になって、息切れしているわけです。・・・・

私もいろいろありましたけど、こうやって出会えていることはやっぱり感謝です。
それを考えると、嫌なことは「糧」にすることができますよね・・・・。
Commented by anrianan at 2007-09-28 15:31
★neoさん、
はい、良い一年となりますように精進いたしますよー!
え? 年齢?
たしか、27歳だったと思います。(笑)
ケーキに歳の数だけローソクを立てて、祝ってくれる人が久しくいないので、
はっきりしたことは分からなくなってしまいました。(笑)
これからも、よろしくね~!
Commented by anrianan at 2007-09-28 16:01
★exmouthcocoさん、
どうも、ありがとう~!
書き込み、大いに笑わせてもらいましたよ。特に、
>歌手も、アナウンサーも、コメディアンも…おっさんやおばはん!
は最高だね!(笑)
私もアメリカに行った当初、ある種カルチャーショックでしたよ。
飛行機のフライトアテンダントもおばちゃんが多いし、友達になった40歳のキャンディーが、充分に男性の注目を集めて、アルバイトも香水の販売員としてPRバッチリだし。
今は日本でも、40歳といっても10歳くらい若く見える人はうじゃうじゃ居るけど、社会も男性も「40」の評価は「おばさん」であり、仕事では「使えない」のよね。 人によって違うのに。
COCOさんは、フランスに行って正解よ! 素敵に歳を重ねていけると思うわ。
社会の基盤が、日本よりも上等だもの。(と思う)
それにニコラさんという素晴らしい味方がいるじゃない?(笑)
私も、そういう味方が(別に「夫」でなくてもいいから)一人はほしいなぁ・・・・。 と、月に願いました。(^_^)v
Commented by anrianan at 2007-09-28 17:39
★nakajimaakiraさん、
どうもありがとうございまーす!
年々若返っていくわけですね、それはいいです!
私は毎年、好きな年齢になることにしました。(笑)

はい、先生の仰る通り、完全なるブレブレ写真です。(;_;)
木に固定すると、空は見えなくなってしまうんですよ。・・・・・
この構図で撮りたいと思ったら、どうしても歩道の真ん中になってしまいました。
しかも帰りがけで時間も急いて、パッと撮ってというわけにはいかないですね。・・・・・
どこかに「固定」する以外の方法はありますか?
(akiraさんの夜景はいつもバッチリで、私にとってはすごーく不思議です) (^_^;) アッシニハ、ムリ・・・・
<< 最中、もなか、も・な・かぁ~!!! 黒豆と葛粉でスイーツを作る! >>