<< もう夏も終わりだけど・・・・・ 八月のおわり >>
或る夜の出来事
昨日(8月28日)は、6年ぶりの皆既月食だった。
d0046294_22261194.jpg
7時37分が最大だと聞いていたが、私は横浜で仕事が終る時間帯。
そして、タイミング良く夜空を見上げれば、曇っている・・・・。

しかし、私は運が強かった。

バスを下車して自宅までの道を歩いていると、視線の隅に北の空でピカッと強い光が放たれた。
(花火?)
と思って見つめていると、まるで血管のように見える銀色に光る筋が空を走る。

(ああ、東京はきっと雷雨なんだな)
と思いながら、南東の空に目をやれば、なんと皆既月食が見えるではないか!
午後8時半ごろだったから、すでに地球の陰から月の一部が顔を覗かせて、ぽってりとオレンジ色に輝いていた。



そして、これはちょっと前の夜の出来事。
23日午前2時02分、目が覚めた。 
トイレに行きたくて目が覚めるなんぞ、初めてだ。 老化か?

(めんどーくせー・・・・・)
半分目を閉じたまま、トイレへ。 
眩しすぎるトイレの電灯に、これまた瞼半開きを保ち、ふと床の模様が気になった。
ジッと見つめていると、ぼとっ!

ヤモリが落ちてきた! (飛んで来た?!)  ぎゃっ・・・・・・。 

車もおしっこも急には止まらない。 が、座ったまま両足を床から浮かせた。
だって、ヤモリったら狭いトイレをぐるぐる走りまわるから! 

あ゙~、こういう時、独り身は辛いよぉ・・・・。(?)
(別にね、何人で暮らしていようと、トイレに入る時は独りだと思うんだけどさ)

どーしよう、どーしよう、どーしよう・・・・・。 どーしよう、どーしよう、ど~しようぉぉぉぉぉぉ・・・・・。

掴んで外に出せないし、潰せないし、潰してベチャッとなるのも嫌だし。

(そうだよ、ヤモリは「家を守るっていうじゃないの」)
と思い出し、(なのに、“アリ退治ジェットなぞをシューッとなんかやってしまったが・・・・・)、とにかくヤモリがトイレから飛び出さないように気をつけて、私は飛び出した。
恐る恐るドアを少し開けて覗き見る。
d0046294_1057683.jpg
まだ隅にいる。   

じっと観察してみる。
(なかなか可愛い顔をしてるじゃないか。)


次の日、ネットで調べてみたら “ニホンヤモリ” だったと判明した。
ヤモリって「家守」って書くんだと思っていたら、「宮守」とも書くんですねェ。
あれ? ウチのジジババが居る所だ・・・・・・!

                  http://homepage3.nifty.com/japrep/gekko/japgekko.htm を参考(写真も)


<ついでに、ホットニュース>
中国政府は、日本にはもう旨味が無いといいつつも、「中国人留学生を受け入れろ」と要求して来ているようだ。 受け入れないと人材不足になると脅迫し、結果、安部政権は35万人を受け入れると宣言したとのこと。
まったくのバカものだ。 だから「お坊ちゃん」はダメなのだよ。
人材不足になるわけが無いじゃないか。 生活の保証もされず、見合う仕事に就けない人間が、国内に溢れているのだから。
そっちを先にどーにかしろ! 
(といっても、ダメなヤツはダメなんだね・・・・・)
d0046294_1058123.jpg

by anrianan | 2007-08-29 06:14 | ■とりあえず日記
<< もう夏も終わりだけど・・・・・ 八月のおわり >>