<< 初鳴き そして、・・・・・すっかり無くなった >>
SPA!
長らくご無沙汰しておりました。
天気が悪いと体調も悪いという “超超自然児” になりつつあるようで、我ながら往生しております。

15日には台風4号、16日には中越地震と続き、まさに “日本混乱” の様相でありますな。
ただの天変地異でしょうかねぇ。 私には、人心の乱れを見せられているような気が致しますねぇ。


そんな中、私もゼッ不調で「思考停止、希望皆無、意欲絶滅」状態であります。
この世と我が身を思う時、生きているのがバカらしくなってしまうのでありますよ。
だから、何も考えないように刻々と生存しているという感じでありましょうか・・・・。
人生は、こんな時もありますがな。
d0046294_22341353.jpg

そんな中で、よく農作業(=草刈り)を手伝ってくれる叔父夫妻から、
「横浜のスパに行かない?!」
と声がかかった。
いつも明るい叔母は、
「台風だから空いているし、帰れなくなったら(スパに)泊まれるからね~♪」
と、元気な声を響かせる。


地獄の中に垂れてきた一本の蜘蛛の糸、ではないけれど、一人で鬱っていた私は
「絶対に行かなければ・・・・」
との思いが強く、厚い雨雲に押しつぶされそうだった私も腰を上げた。

d0046294_22344170.jpg

家を出てみれば、一時的なスコールに足元が濡れたものの電車は空いているし、スパもガラガラ。
このスパは横浜駅東口のビル14階にある。
カルシウム温泉、炭酸温泉、ジェットバス、サウナなどがあり、休憩室では仮眠できるほどのリクライニングシートに小さなTVまでついている。

15日は横浜の花火大会が行なわれる予定だった。
この高層スパから“花火を見よう!”という企みだったのだが、花火ではなく台風を見ることになったのだった。
ところが、サイダーのような気泡が弾けるカルシウム温泉で横たわりながら、大きなガラス窓の向こうには青空さえも見えているではないか!・・・・・・
(ああ、やっぱり青空はいいねぇ~)
体中の毛穴の一つ一つからも「憂鬱」が抜けていくようだった。
もっと抜けやすくするように(?)と、私は念願の垢すりも申し込んだ。

たった20分だったけど、全身一皮向けたような気分になるもんですねぇ。
イヴのように、アソコに小さくたたんだタオルを乗っけただけの姿で横たわり、表も裏もゴシゴシこすられて、気持ちがいいのか痛いのかよく分からなかったが、100gは減ったに違いない! ような気になる。


さて、男風呂に入っている叔父と待ち合わせた3時に、私と叔母は揃ってレストランに行く。
まずは「生ビール」に決まってるわいな。
d0046294_22345877.jpg
   くぅ~~~! “本物”のビールは旨いっ! 

最近は、薄めたような発泡酒ばっかりだったから、なおさら旨さがしみるのさ。
といい気になって、勧められるままに二杯も飲んでしまう。

基本的に、飲み食いは「人と楽しく過ごす為の時間」と考えているところがあるから、気兼ねせずに何でも話せる人たちとこういった場が持てるのは、至福以外ののなにものでもない。 
会話が最高のつまみなのだ。


で、飲み過ぎたわけ。・・・・・

(あれ? 目が廻ってるなァ・・・・・。)(あれ? ろれつが回らないぞ・・・・・・。)
と気づいた時には、トイレに走り込んで吐いていた。・・・・・ その回数、5回・・・・? 6回・・・・?


通算6時間ほどを費やして飲み食いしたもんが、ぜぇ~んぶ 出ちゃったぁ~!
シラフだった叔母には、ほんとにご迷惑をおかけしましたぁ・・・ m(__)m と頭を下げるしかないんだけれども。
叔父の方もご機嫌に酔っ払っているので、1時間ほど寝て行こうということになり、結局1時に入館した私たちは、10時まで滞在したのでした・・・・・。 いやはや・・・・・



まぁね、その晩と次の日が散々だったことは言うまでもありやせんがね。

  人生楽あれば苦あり、を実践、実感している私でありました。  チャンチャンッ ♪
by anrianan | 2007-07-18 12:50 | ■とりあえず日記
<< 初鳴き そして、・・・・・すっかり無くなった >>