<< TSUTAYA Discas ホットケーキを焼く >>
ビルの谷間のコンサート
日比谷や新橋は、私が社会人デビューしてバブルった場所なので「知っている街」という安心感がある。
そのせいか、交通費や通勤時間を考えると割りが合わないバイトだが、毎回行くのが楽しい。
いや、職場の雰囲気やそこの人たちを好きなのだ。 きっと・・・・・・。

d0046294_721463.jpg

昨日職場に向かって歩いていくと、クラシックが聞こえてきた。 生演奏だ。
(これは日比谷シティに違いない!)
と、広場に足を速め覗き込むと、予想通り! 
“ビルの谷間のコンサート”が開催されている。


こうしてみると、ローマ時代のコロシアムのようにも見える。
もっとも獣に人を襲わせて見物しているのよりも、ずっと平和で心安らぐ光景であるが。

d0046294_7212440.jpg

昼休みをくつろぐサラリーマンやOLたちが、周囲から思い思いに聞き入っている。
携帯やデジカメで写真を撮っている人も見受けられ、
(あの人たちもブログに乗せるのかな?)
と、ちょっと可笑しくなる。

d0046294_7213831.jpg






題名も知らないクラシックが何曲か続いた後、『追憶』や『ダンシングクイーン』などを演奏。
ディズニーランドではないが、なにやら気ぐるみのカモメ(?)も側で踊っている。
(ん~、これでこんなに楽しいんだから、ディズニーランドに行ったら“超”楽しいんだろうな・・・)
と想像する。

何を隠そう、私は生まれてこのかた一度も「ディズニーランド」に行ったことがない。
現地(アメリカ)でも行かなかった。
このまま “ディズニーランドに足を踏み入れたことがない女” で終るのかもしれない。
(ま、別にそれでも「支障」はないけど)



空に消えていく音を追って見上げると、まさにそこは「ビルの谷間」。
無機質な近代的ビル街の中に、少しでも自然の息吹を感じよう、人間の生命力を補給しよう、という人間の見えない意識が作り上げた時空間でもあり、心の叫びでもあるように思えた。

d0046294_722160.jpg


                   ・・・・・・ はっ! 開始10分前!    私は走った。
by anrianan | 2007-06-07 07:22 | ■とりあえず日記
<< TSUTAYA Discas ホットケーキを焼く >>