<< 稀に見る不作の年 こういう流れ >>
入浴
最近、『料理モード』から『洗濯モード』に変わっている私だけど、大きな物も洗濯していよいよ洗濯する物が見当たらなくなると、長年同居している「ぬいぐるみ」たちに白羽の矢が当てられる。

これは数日前の真夏日の写真だけど、7-8年前に鎌倉の小町通りで買い求めた白ウサギを入浴させた。

d0046294_10215874.jpg


真っ白で背中に羽根を突けた「天使うさぎ=うさ子」(勝手に命名)は、大分この世の垢にまみれて薄汚れていた。
(せっかく可愛かったのにぃ・・・・・・)
と見るたびに気になりながら、いっときは
(捨ててしまおうか)
なんていう危機もナントカ乗り越えてきた。

この日は意を決して、ドボドボと漂白剤をいれた洗面桶に「うさ子」を入れ、
(しばし、息をを止めておくのだぞ)
と言い聞かせて潜水させた。
1時間ほど後、ひっくり返して再び浸しておいたら、粉洗剤を掌に取って頭から手や足など、全身くまなくゴシゴシと洗ってあげる。 仕上げは柔軟剤に浸す。 そして、ギュ~ッとヒネって水を出す。



入浴が終わってネットに寝かされた「うさ子」は、息絶え絶え。
それでも気持ち良さげに見えたのは、私の自己満足か・・・・・・?
by anrianan | 2007-05-30 14:55 | ■とりあえず日記
<< 稀に見る不作の年 こういう流れ >>