<< こういう流れ 老後のような生活 >>
オリーブの首飾り
という曲があったなぁ・・・・。

と思いながら、今年初めて花を咲かせたオリーブを眺める。
d0046294_971717.jpg


今年は「実」をつけるのだろうか?
それは「食べられる」のだろうか?
とすぐに、「食」について考えを巡らせると同時に、2 Duo core の私はすでに、ワインを飲みながら自家製オリーブを食べている図を描いている。


しかし、知っているだろうか?
オリーブは土地を荒れさせる、とも言われている。
聞いた話であるが、昔ギリシャの周辺は広大な森があったというのだ。 しかし、森林を伐採してオリーブ栽培したために砂漠と化した。・・・・・
だから、日本にオリーブを植樹してはいけません、とあちらの高官が言ったとか言わないとか。

ウチのは鉢植えだが、その話も頭の隅に残っているため、地植えにしようという気がおきない。
しかし鉢植えだと、水を毎日あげないため、時に乾燥し、
(こりゃ、もうダメかも・・・・・)
と思うことが何回もあった。

ところが、今年はとうとう花を咲かせた!
(何年かかったんだろうねぇ・・・・・・)
と、我が事のように感無量! というのは大袈裟だが、ふと気づけば花が咲いているんだもの。
正直たまげたね~。


たまげたと言えば、
先日、大枝をぶった切ったセンダンの枝から、新芽が出ているのさ!
d0046294_9205542.jpg

どう? まるで枝に小鳥たちが並んで止まっているようじゃない?

へぇ~、こうやって新芽を出すんだねぇ。 偉いじゃないのさ。
枝を切られようと文句一つ言わず(?)、生きることに希望を抱いているが如く、新芽が楽しそうに出ているよ。・・・・・

いやぁ~、植物には教えられるねぇ。


というところで、ついでにアボガドも紹介しておこう。
これも、バッサバッサと剪定したのだけど、こうやって芽がひょンひょン出ている。
d0046294_934682.jpg

しかし、アボガドは花も実もつけない。 ひたすら生命力だけが強い。

ん~、こういうのはどうなんだ?・・・・。
おまえは、何の為に成長を続けるんだい?・・・・。

<※アボガドについて追記>
アボガドは10mくらいの高さにまで成長し、てっぺんの方に実をつけるそうです。東京で実をつけたという話もあり、温暖化の影響もあり、日本でもアボガドの収穫は可能ではないかと思えるこの頃です。 2008.10.5 追記)




ランキングに参加しています。応援のぽちっをお願いします。ありがとう~♪ \(^o^)/
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
by anrianan | 2007-05-28 09:21 | ■とりあえず日記
<< こういう流れ 老後のような生活 >>