<< 凛々子のおしゃべり 江戸ウォーキング >>
江戸ウォーキング-2
九段下を久しぶりに訪れ、ふと目に止まった小径に入り、ぐるりと内堀に沿って歩くことになった私。

d0046294_16283321.jpg桜田門をくぐり抜ければ、二重橋はすぐ目の前。
今まで “江戸時代” の時空間が、急に “明治” へ移行した。 目に飛び込んできた橋の上の街灯が、鹿鳴館を彷彿とさせたのだ。
別に鹿鳴館を体験したわけではないが、室内装飾や建築物などで
(鹿鳴館時代みたい・・・・)
と思うことがあるから不思議だ。


とりあえず、私は重い足をひきずり空腹と疲労感で、気分は行き倒れ間近の浪人である・・・・。
しかし、皇居周りにはスタバやドトールは見当たらず
(まずは日比谷か東京に出よう)
と、朦朧とする頭で考える。

(それとも、たまにはどっかに入って、しっかり食べてみるかなぁ・・・・)
もう少し詳しく解説すると、
「どこかのレストランにでも入って、ビール一杯とパスタかピザでも食べてみるかなぁ・・・・」
ということである。

私はいたって質素倹約武士的生活を送っているから、あまり外食をすることはない。
というよりも、外食は誰かと時空間を楽しむためのツール(の一部)と思っているから、自分一人では「贅沢すぎる」という感が否めない。
それなのに
(しっかり食べてみるかなぁ・・・・)
と思ったのは、それほどに疲労感が全身を覆いつつあったのと、気分が高揚していたのかもしれない。

d0046294_1672656.jpg
私は二重橋から、前方に見えた線路目指して一直線に歩いた。
疲れながらも、緑の芝を敷き詰めた上に低木の木がバランス良く植えられ、歩道脇にはベンチが置いてある公園を見て、
(まるで、ハワイ~♪ のようじゃないかぁ!)
と足を止める。
まばらにベンチに腰かけているいる人たちは、誰もが本を読みながら静けさを楽しんでいるように見える。
(ん~、さすがに元武家屋敷には上品な気が流れている・・・・)
と、一人勝手に思い込み納得。

すると、皇居周辺の地図が目に留まった。
(おお、これはブログ用に撮っておかなければ・・・・。)
赤線は私が歩いたコース。
d0046294_16143080.jpg


・・・・・・・。

東京に出るのならば、逆回りの方が近かったんじゃないの?
それよりも、皇居内を突き抜ける道は無いのかしら? (無いよねぇ~)(^^;)
さまざまな思いが去来した。


信号を渡り、真っすぐ線路を目指して歩いていると、見なれた景色が広がった。
いや、すっかりその景色は様変わりしていたが懐かしかった。 丸の内の通りである。

d0046294_18545970.jpg
こんな私でも、“丸の内OL”だった頃がある。 ボスが外人の秘書だったのさ。
どーだ! かっこいいだろ~♪

と言いつつ、自分では
(あの仕事もイマイチ・・・・、私の英語は中途半端だった・・・・)
と、自信が持てないところがある。 だから、脛のすり傷になっている。



一度、その“懐かしい通り”を歩いて有楽町に向かおうかと思ったが、2-30mほど進んでUターンした。
(確か、“東京ミレナリオ”を歩いた時、ここからは東京の方が近かったような気がする・・・)
大体、私の「気がする」は当てにならない。 方向音痴なのだ。
だけど、やはり「気がする」方に進まずにはいられない。
    これが人間だぁねぇ~。


空腹と疲労を、世界のブランド品が並ぶ通りに感動したフリをしながら、騙し騙し歩く。
(なんだよ、ブランド品通りじゃないか・・・・。 銀座と同じことやってどーするよ! 日本の意地ってもんがないのかね! へぇ~、こりゃまたオシャレだねぇ~・・・・・。)
心の中では、感嘆やら興奮やら愚痴やら驚きやらと忙しい。

そうこうしている間に、とうとうレンガ色の東京ステーションが見え、心底ホッとした。
痛かったのは土踏まずだったのに、今や足の付け根から筋肉痛・・・・・。

d0046294_19275123.jpg
(東京駅構内でご飯食べて行こうかなァ・・・・・)
と改札を通過したのに、日常の質素倹約生活の習性で
(とりあえず早く東海道線に乗って、品川に出よう)
となる。 そして、品川に着けば、
(一刻も早く、電車が空いているうちに帰ろう・・・・)
となるのだが、この日は“皇居パワー”(?)も手伝っていたのか、
(いや、何か一つ、ご褒美においしいものを買って帰ろう!)
と、別の私が囁きかける。     「何のご褒美?」はともかくとして・・・・

そうだよね~♪ たまには、“おいしいもの”を買って帰ろうよね~♪
    電車の中で食べてもいいしさぁ~♪



“♪”マークが乱舞するまま、私は品川のエキュート(構内ショッピングセンター)を徘徊した。



           ・・・・・・・・・・・。



     どれも、高いんだよ!  ・・・・・高過ぎ!


そうは思いつつも、何も買わずには帰れない気持ちになっている。
散々歩き回った末に、「なだ万」の“ナントカのあんかけ”(鯵だったかな・・・・)580円をお買い上げ。
あとは最寄駅を下車してから、駅前スーパーでビールを買えばOK! と大満足で電車に乗り込んだ。



とにかく心地良い疲労感に包まれて、品川から電車で約1時間。
もちろん寝ましたよ、時々西の空に輝く黄金色の夕陽を見ながら・・・・・・。


いえね、夕陽を見て「寂しい」と感じることが多かった昔ですが、気づいてみると、最近の私はなんだか夕陽に「和み」を感じているんですわ。 

自分で思っているよりも幸せなんでしょうか・・・・・。(?)




   今度また皇居に行ってみよう・・・・・。
by anrianan | 2007-05-11 19:33 | ■とりあえず日記
<< 凛々子のおしゃべり 江戸ウォーキング >>