<< 江戸ウォーキング-2 子どもの日だから >>
江戸ウォーキング
GWも明け、私は所用で九段下まで行ってきた。

剣道をやっていた若かりし頃、武道館の朝練に来たことを思い出し、とても懐かしかった。
朝一番の電車で来ても開始には間に合わず、よって稽古前の「居合」の練習に参加できなかったことが思い出された。

d0046294_7502428.jpg
用が済んで午後4時頃だった。
太陽が西に傾き、柔らかいオレンジ色の光が
「このまま地下鉄に乗っちゃうのは、勿体無い」
と私を盛んに誘惑した。


ちょうどその時、ふと目を向けた右手の小路がたまらなく魅力的で、私はフラフラとそちらに歩き出した。
お堀の水が満々と充ちていて、木立とともに都心とは思えない静けさを作っている。
整備されてはいるだろうが、江戸時代からあまり変わっていない景色かもしれないと思うだけで楽しい。

d0046294_7495419.jpg
どこに続くか分からない道だが、お堀沿いを歩いているのだからたかが知れている。
疲れたら地下鉄に乗ればいいんだ・・・・、と思いながら歩き続ける。

左手にお堀、右手に21世紀の東京を見ながら道は続く。
左に皇居の門(何門かわからない)が見えて、
「ああ、おっ母さん! あれがお城のご門だよっ!」
と心の中で、江戸時代の設定で一人芝居をする。

すると、右手には国立劇場や外人ビジネスマン用らしき豪華マンションなどが見える。
その対比が新鮮で、私には余計に左手の江戸時代が貴重なものに感じてくる。



千鳥が淵交番の交差点で、まっすぐ行くか右に曲るか、私は迷った。
なんだか縦横無尽に、知らない場所を歩いてみたい気持ちになっていた。
目に付いた交番の前に、おまわりさんが一人。
考える間もなく尋ねた。
「あのぉ・・・・・、ここをまっすぐ行くと、どこに出るんですか?」
聞きながら、我ながらマヌケな質問のしかただと思い、笑ってしまいそうになる。
それに、このおまわりさん、ハンサムじゃないか! と心で歓声をあげる。

おまわりさんも可笑しかったのか、ちょっと笑いをこらえながら説明してくれる。
「まっすぐ行くと、あの三宅坂ですね。(三宅坂?)・・・・・・ その先行くと、国会議事堂で、その先は日比谷に出ますね」
(お堀に沿っていけば、だいたい見当がつくじゃん)
d0046294_894383.jpgと、ふと頭に浮かび、再び恥ずかしさと可笑しさがこみ上げる。
「ああ! 国会議事堂ですね・・・・」(なんてマヌケな受け答えなんだ)
私は丁寧に(愛想良く)頭を下げて、ちょうど緑の交差点を渡った。
(あのおまわりさん、カッコ良かったなァ・・・・・)
と思いながら、写真をこっそり遠くから撮っておくか、と振り向けば
おまわりさんもこちらを見ていたので、さりげなく何事もなかったかのように顔を戻して歩を進めた。



下り坂に入ると、遠くにビル街が見えた。
(きっとあそこは日比谷になるに違いない)
と思いながら、日比谷から新橋に出ようか・・・・と考え始める。
d0046294_7553010.jpg


すると「桜田門」という看板が見えて、人が出入りするのが見えた。
一般人の出入りが出来るとなれば、これを見逃す私ではない。
(おお、ここが「桜田門の変」の桜田門か・・・・・。)
なとど、桜田門の変をあまり知らないくせに感動しながらくぐり抜ける。

d0046294_8201036.jpg

d0046294_8121722.jpg
右に曲ると、
またさらに門がある。

だから、またくぐる。

あまりにデカクて・・・・、
気持ちが良い!

d0046294_8115557.jpg

この周囲を、チョンマゲの武士たちがすり足で走りまわっていたのだろうか。

それにしても、なんと贅沢な広さなんだ! と驚く。
世が世なら庶民である現代人たちが、置かれたベンチに座り和んでいるではないか。

真っ直ぐ行くと「日比谷公園」の看板を見て、左に曲ってみたくなった。
日比谷公園は職場の前にあるからねぇ、知っている所に出るなんてつまらないじゃないか。


d0046294_8331590.jpg

すると、二重橋。
ここら辺は、あまり馴染みが無いので、おのぼりさんになってキョロキョロする。
しかし、周囲にいる人も観光客らしき人が多いので恥ずかしくは無い。
その中でも随分と外人が目に付いた。 私も外人観光客のふりをして写真を撮る。(?)


そして、再び心の中は江戸時代。
「ああ、殿さま・・・・・」
と一人芝居を始めている。

町人の娘が、あの木立の向こうにいるだろう殿さまに想いをはせているのだ。

殿さまがお忍びで町に出た際に、目に留まった町人娘に手をつけた、という設定。


そういう感傷に浸りながら、このシンと心が鎮まるような石塀とお堀を眺め、気づけば耐えようもない空腹が襲って来ていた。

(ああ、草鞋が痛い・・・・・)
と、しつこく町人娘になりきりつつも、休む場所を探し出した・・・・・。


                                       -長くなったので、つづく-
by anrianan | 2007-05-08 07:41 | ■とりあえず日記
<< 江戸ウォーキング-2 子どもの日だから >>