<< 困った・・・・ 「野ッぱら」から「ガーデン」へ >>
モデリアーニという画家
木陰に咲くカラーの花は、スッキリと長い首を伸ばし、清々しく凛としています。
この花を見るたびに、
(シティ・ライフ・・・・・)
という言葉が浮かび、洗練された都会のマンションの一室をなぜか連想します・・・・・。
d0046294_941231.jpg


昨日は久しぶりに「渋谷村」(渋谷)に行ってきました。
ハチ公前は相変わらずの混雑。そして、ハチ公の向かいには緑の電車があってビックリ!
「澁谷←→櫻木町」というプレートをつけている所をみると、東急東横線の古い車両でしょうか。


人の波を泳ぐようにしてBunkamuraまで来ると、大分ひとも少なくなってホッとします。
ここの地下1階では、現在「モデリアーニと妻ジャンヌの物語展」という絵画展が開催されています。
d0046294_943740.jpg
d0046294_945469.jpg
















フランス人のモデリアーニは、その美形と才能で多くの恋愛遍歴を経て、32歳の時に18歳の画学生ジャンヌと出会って結婚します。 (若い妻でいいなぁ~、と男性たちのため息が聞こえてきそうだ・・・・)

そして娘が生まれますが、モデリジャーニが病に伏し35歳の生涯を閉じると、21歳のジャンヌは8ヶ月の妊婦ながら、飛び降り自殺をして彼の後を追ったのです。
一人娘を天涯孤独の身にしながらも、8ヶ月の胎児の生命を絶ちながらも、ジャンヌはモデリアーニとの愛を完結することを選んだ、と説明書きにはありました。

d0046294_951320.jpg

私は、男女の愛欲に満ちたさまざまな恋愛ドラマを想像しました。
才能ある女性たちにモテまくったモデリアーニと18歳で彼と結婚した若いジャンヌ。
画家とモデルの間で絡まる感情や、芸術家としての苦悩、女性としての悩ましさ・・・・・・。
想像すればするほど、興味が掻きたてられます。

(こういう女性を芝居で演じたら面白いだろうなぁ・・・・)
と思う反面、
(なりきればなりきるほど、精神が病むに違いない)
とも思えます。


娘が誕生した後のモデリアーニの絵は、色彩が明るく鮮やかになっているように感じます。
その頃に妻ジャンヌを描いた絵が、私は一番好きでした。
長い髪を片側に垂らして、肩を露出しているジャンヌの肌がピンク色で瑞々しく輝いているようです。

妻ジャンヌの絵は、もともと線画やイラストの方が向いているのではないか、という印象を受けました。油絵になると、ドテッとした感じを受けるのです。それにひきかえ、デッサンやクロッキー画は、それだけで十分に存在感があります。
飛び降り自殺する前の頃は、デッサンの第一人者と言われるまでになっていたそうです。

なぜ、絵を描き続けることで、モデリアーニのすべてが自分の中に生き続けることに気づけなかったのでしょうか。
若さのせいでしょうか? 彼を愛する情念が強かったせいでしょうか?


年代を追って展示されている作品を一回りするのは、結構時間がかかりました。
しかし、動かない絵画を見たはずなのに、良い映画を見た後のような気分が残りました。

d0046294_952694.jpg

そんな余韻に包まれた私は・・・・・、
      ついつい記念グッズを買っちまった。・・・・・







      ミニサイズのクリアファイルとポストカード →






ランキングに参加しています。応援のぽちっをお願いします。ありがとう~♪ \(^o^)/
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
by anrianan | 2007-05-01 09:05 | ■とりあえず日記 | Comments(12)
Commented by tengtian60 at 2007-05-01 17:42
こんにちは!^^

お庭にカラーも咲いてるんですね~^^
首が長くてスーッとした感じは、モディリアーニの描く人物像みたいです。^^
早死にしてると言うことは・・・・ムカシですから結核かな?と思っちゃいます・・・
残された娘さんは、その後どのような人生だったのでしょうね。。
ジャンヌのことも謎があるからこうして語り草になるのでしょうね・・・
私の友だちもモディリアーニの絵が好きですが、
何となくとらえどころの無いような感じのする彼の絵は
友だちの娘さんと雰囲気が似ています。^^
後を追った理由は本人だけしか分かりませんけど、
後であれこれ想像させるほど
センセーショナルな出来事ですものね・・・
余韻に浸るのも納得ですね~^^


Commented by anrianan at 2007-05-01 18:37
★tengtianさん、
この画家をご存じでしたか。 さすがです!(笑)
私は今回初めてお会いしました。 美貌の男性だと聞いていましたが・・・・・? (^^;)
西洋人は、このくらいはザラにいると思うけどなぁ・・・・なんて、あさってな事を考えながら見ていたので、彼女が彼に執着した原因をいろいろ探ってしまいました。
絵を描く人は、見る視点が一般の人とはどこか違う感じがします。
(この人にはこういう風に見えるのだろうなぁ)と、デッサンを見ながら考えると面白かったです。
そうそう、ほんとにどの人も首が長かったです。(笑)
裸婦のデッサンを見ながら、今回初めて「線がきれいというのは、こういうことなのだな」と、絵の鑑賞らしいことを感じました。(^^)v
それにしても・・・・、ジャンヌのこの写真、16歳の時のものですからね。
今回も・・・・・、16歳と思えぬ迫力に負けました。(笑)

P.S. 「モデリジャーニ」ではなくて、「モデリアーニ」ですね。(^^;>
Commented by tomiete2 at 2007-05-01 22:09
負けましたか・・・決して負けてはいないのです。それに立ち向かったないだけです・・・・・と誰かが言っていたようですよ。・やればできる・・・近づく
 ということでしょうかね。・・・じ~~はあきらめています
Commented by at 2007-05-01 22:14 x
芸術作品を鑑賞するときに その作者の生い立ちや作った時の状況の知識があるともっと面白く作品を鑑賞できますね。
モデリアーニってそういう人だったのかと知ると これからたまに目にする見覚えのある絵も もっと興味深く見ることが出来ます~(^^)
Commented by ハミング at 2007-05-02 07:59 x
こんばんは ♪~

いいものに触れることができてよかったですね!
モデリアーニ・・・私はず~っとモジリアーニと思っていました(笑)
面長な顔立ち、独特な瞳、どこか哀愁を帯びた女性の表情。。。
一度見たら決して忘れることができません。
私はモデリアーニの描く女性と竹久夢二が描く女性になにかしら共通
なものを感じてしまいます。
奇しくもどちらの男女も愛に情熱を燃やし芸術に生きた人たち。。
こんなに激しくて哀しい愛・・・その結晶がすばらしい作品(芸術)と
なった・・・ということなのでしょうか。
Commented by anrianan at 2007-05-02 14:52
★tomieteさん、
・・・・決して負けてはいない?! ほんとですか~♪
確かに「気」だけは若い、と自分では思っているのですが(誰もが?)、しかし「年相応」とか「分相応」という言葉もあったなぁ・・・・、と最近考えることもあるのです。(笑)
“じ~~” というのが、何かオカシイです。(笑) 何をあきらめているんですか?
Commented by anrianan at 2007-05-02 15:00
★渚さん、
私はこの画家を初めて知りました。 渚さんは知っていましたか? こうして記事にしてみると、ご存じだった方がいること事態にビックリしています。
(なんて、私は無知なんだ・・・・・。世の中、私の知らないことだらけだ・・・・・)
と改めて思い知らされました。
そして同じように劇的な人生を、一人一人が多かれ少なかれ送って死んでいくのだ、と思うと妙な感慨がありました。でも、ジャンヌは21歳で自殺をしてしまったわけですからねぇ。 スピリチャル的に言えば、次の人生も21歳までは「似たような人生」を送って、この21歳という壁を乗り越えなければならないんですよね。・・・・・
娘がいたのに、どうして自殺の道を選んじゃったのかなぁ・・・・・。
Commented by anrianan at 2007-05-02 15:18
★ハミングさん、
こんにちは~!
やはり、この方をご存じでしたか! (尊敬のマナザシ・・・・)
モデリアーニと書きましたが、新聞広告などを見ると「モデリィアーニ」となっていました。(笑) 実際の発音を聞いたら、きっとまた別の「音」になるのだろうと思います。(^^;)
竹下夢二が描く女性となにかしら共通のもの、というのは同感です。
細身で首がスッとしていて、アンニュイな感じですよね。 (笑)
そっかぁ~、感情や情熱が芸術を生み出していくのかもしれませんね。
というよりも、ドラマティックで芸術的な人生を送るのは、感情豊かで情熱的である方がいいのかもしれません。
さて・・・・、ハミングさんはどういう人生をお好み?(笑)
Commented by 銀の鈴 at 2007-05-02 15:44 x
anriananさん モディリアーニについては首の長い女性を描いた画家とだけしか知らなかったんですが、今回 こうしていろいろ教わりました。
ありがとう!
私自身は劇的なドラマティックな人生には尻込みしてしまいますが、そのような情熱を持ち合わせた人にはある種の憧憬があります。

ついつい買っちまった記念グッズ、なかなか良いじゃありませんか(^。^)

お庭の手入れ ビフォー、アフター 写真でとてもよくわかりましたよ。
みなさま、お疲れ様でした。
ジャスミンにカラー、お洒落なお花を育てておられるんですねぇ~
Commented by anrianan at 2007-05-02 17:35
★銀の鈴さん、
「首の長い女性を描いた画家」と知っていらしただけでも凄い!(笑)
デッサンの中にはピカソのように、福笑いのような顔がありました。 私には絵の善し悪しはあまりよく分からなくて、好きか嫌いか? だけですね。(^^;)
モデリィアーニの描く女性は、後半(と言っても34-5歳)とてもスッキリして綺麗になったと思います。ジャンヌとお互いに影響し合ったと説明書きにありましたが、夫婦なのですから当然じゃない? とは私の感想です。(笑)

庭は自然の森のようにしておければ良いのですが、それでは余りにも足を踏み入れられなくなってしまうので。(笑) あまり手をかけない自然に見えるナチュラル・ガーデンがいいかな・・・・と、奔放主義でも花をつけてくれる植物を植えています。(^^;)
Commented at 2007-05-03 11:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by anrianan at 2007-05-04 08:50
★05-03 11:11 カギコメさん、
あら、気がつきませんでした!
それでは「損」しないように、見にいかなければ! ですね。(笑)
PCの動作が遅くて、最近はPCと遊ぶ時間が減ってしまいました。
TVが映るようになったせいかな?(笑)
こんなんじゃ、みんな来てくれなくなっちゃいますね・・・・。(^.^;)
<< 困った・・・・ 「野ッぱら」から「ガーデン」へ >>