<< 『うらぶれ侍』(光文社文庫 5... 郵政民営化 >>
16歳
私が高校生の時に、友だちになったアメリカ人の女の子は13歳だった。
体は私よりも大きかったし、彼女も彼女の友だちもボィ~ンというグラマラスで大人っぽかったから、とても私より年下だとは思えずに、同じ年の感覚でよくつるんで遊んだ。

d0046294_743429.jpg

私はアメリカンライフに物凄い憧れを抱いていたので、彼女といるとすべてが刺激的で、横須賀のベース(米海軍基地)に連れて行ってもらったことを、よく覚えている。

彼女のお父さんは大きくて優しい人だった。お母さんも背が高くて、イーデス・ハンソンさんに似ている美人だった。その上家事をよくこなし、お料理が上手かった。

私が高校を卒業する前に、彼女は家族と一緒にアメリカに帰国した。
そして、後から帰国するために一人残っていたお父さんが、私をベースに呼んでくれて、離婚したことを話してくれた。
この事を私は忘れていたのだが、母から
「そうだったじゃ・・・・・。 ぼいぼい泣いて帰ってきたじゃ」
と言われて、記憶が蘇った。(私は結構、若年性(?)ナントカの傾向がある・・・・)

その後、私が社会に出てから一度「一人旅」で彼女を訪れた。
飛行機のトラブルで、午前中着の予定が夜遅く空港に到着し、心細さでいっぱいだった私の目に、大きくて優しいお父さんが新しい奥さんと待っていてくれた! 一日中・・・・・・。
その晩、二人の住まいであるキャラバンカーに泊まり、翌日の朝、ブロック塀の共同シャワーでどきどきしながらシャワーを浴びた。 こういう生活スタイルがあるのだ、というカルチャーショック!

その後、彼女がやって来た。
二人のロングドライブが始まった。

彼女の再婚しているお母さんを訪れ、弟が身を寄せているお祖母さんの家を尋ね、最後にサンフランシスコにやって来て一緒にモーテルに泊まり、翌日私は帰国した。
私が帰国する前夜、彼女が地図に「私たちがドライブした道」を赤い線で書き込みながら涙を流したことや、彼女のお母さんが私たちの車が見えなくなるまで、いつまでもいつまでも大きく手を振っていたことなどを鮮明に覚えている。

その後、彼女が電話をくれたことがあったのだが、私が転居をしている間に連絡先を失ってしまい、音信不通となってしまった。・・・・・・・
d0046294_865756.jpg


その彼女が、彼女の知り合いの日本人に私の住所確認を託し、連絡をもらったのは先々週ごろだったろうか。


彼女には16歳の娘がいるんだって・・・・! 
(Oh my God~! だねぇ・・・・)
その娘の学校の旅行で、日本に来るというのだ!
それから、彼女とE-mailでの交流が復活した。


そして、とうとう、
ロングドライブから約20年の時間を超えて、鎌倉の大仏の前で再会したのは11日の水曜日だった。・・・・・・


                                       - つづく -
by anrianan | 2007-04-14 07:43 | ■とりあえず日記 | Comments(14)
Commented by at 2007-04-14 10:12 x
写真の左がそのお友達で隣が娘さんですね とても可愛いですね~ トナカイコスプレのワンコも可愛いー(^^)
アメリカらしい大きなクリスマスツリーの前でしょうか 私のアメリカ人の従姉妹を思い出しました。私も従姉妹を訪ねてゆくのが夢だったんだけど私は実現化できなかったです。アンリさんは一人で行ってきたんですね 尊敬します。
20年ぶりに再会できる素敵な縁ですね。
続きを楽しみにしてますよ~。


Commented by tomiete2 at 2007-04-14 10:34
再会・・・・こんな思い出の友達がいることは、宝物ですね。・・・
 
Commented by 銀の鈴 at 2007-04-14 15:19 x
なんだか小説でも読んでいるみたいです。
anriananさん、ドラマティックな青春を過ごされたんですね。
やはり、何かの縁なんでしょうかね~ 
鎌倉の大仏さまの前での再会、なんだか自分のことのようにドキドキします。
Commented by anrianan at 2007-04-14 15:39
★渚さん、
昨年のクリスマスの写真だそうです。 いかにも、アメリカン!(笑)で、楽しいですよね。
アメリカ人の従姉妹さんがいらっしゃるんですか! それは羨ましい。 それならば、「実現化できなかった」と言うより、いつでも行けるじゃありませんか♪
私も彼女との再会があって、彼女がいつでもウチにステイしていいって言ってくれるし、ウチも古いけどスペースはあるからウェルカムだし、これから日米の行き来が始まるかもしれません。血の繋がりはないけど、幼馴染のような姉妹のような、強い縁を感じた出来事でした。
アメリカのどちらにいらっしゃるんですか?・・・・・
Commented by anrianan at 2007-04-14 15:43
★tomiete2さん、
彼女が根気強く、日本を思い続けてくれた賜物だと思います。
ちょっと前には「敵国」として戦った国の友だちと、こんな風になるなんて、やっぱり時代でしょうね・・・・・。
国は違っても同じ人間なのですから、やはり人の殺し合いはいけませんよね・・・・。
Commented by anrianan at 2007-04-14 15:49
★銀の鈴さん、
現実は小説よりも奇なり、と言いますが、彼女も今回は会いたいと思っていた人が4人いて、全員と会えるのだそうです。
さかんに「奇跡だ」と口にしていました。(笑)
会っていなかった間に起こった出来事を、お互いに話し続けてもまだ足りない感じでしたけど(笑)、それでも「あの当時」に戻って時間は埋まるんですね。
二人とも、大仏さんをそっちのけで話していました。(笑)
Commented by tengtian60 at 2007-04-14 17:15
こんにちは!^^

奇跡って有るんですね~^^
なんてステキな出来事でしょう!!
今年のanriさんには何かが起こりそうな気配?
何かに向かっているような・・動き始めているような・・・
お友だちはずーっと思っていてくださったのですね。。
そしてanriさんも忘れていなかった・・・
お互いの波長が合ったのでしょう。。
年齢は関係ないですよね・・ってこの頃特に思います。(笑)

お帰りになるまでにまたお会いできるのでしょうか?
11日にシッカリとお話しできたから充分でしょうか?
Commented by ハミング at 2007-04-14 18:26 x
anriさん こんばんは
この世には理屈では割り切れないことがおこります。
私もある日、突然、30年も前にサヨナラしたひとから電話が
かかってきたことがあります。それはあまりにも唐突過ぎました。
でも・・・・・
人は逢う人には逢う・・・逢えない人には逢えない。。。
その時、私は人の運命(縁)の不思議さを痛感したのです。

anriさんとアメリカのお友達はきっと赤い糸で結ばれていて
いつか必ず逢うことが約束されていたのでしょう。
こんなステキでアンビリーバブルな出来事はきっと神様からの
プレゼント!
どうぞ、大切になさってね(*^_^*)


Commented by anrianan at 2007-04-15 07:50
★tengtianさん、
おはようございます!
彼女は14日に日本を発ちました。 鎌倉から東京のホテルまで、ツアーに同行して来たのでホテルは知っていたし、会おうと思えば会えたし、1泊ぐらい泊まってもいいかな、とも思ったのです。
でも、彼女は旅の後半で疲れていただろうし、特に最後の4日間は他の友だちとも会う予定になっていたから、私が何回も出て行くのもどうか・・・・と。
もちろん、行けば彼女は喜んでくれたでしょうし、ホテルまで同行した夜も、私が翌日は仕事で東京に来ると言ったら、泊まっていけと散々誘ってくれましたけど。(笑) 私も楽しくて、もっと一緒にいたい気持ちもありましたけど、あまり「もっと、もっと」とむさぼってもね・・・・・。(^.^;)
それよりも、また彼女は来るでしょうし、私も行ってもいいかなぁ。
アメリカや私がいったスコットランドでは、部屋やバンガローを誰かとシェアする生活でしたから、私は割合「共同生活」には抵抗ありません。でも、それも合理的な西洋人とだったからなのかなぁ・・・・。
アメリカ人の中に入ってたった一日弱、一緒に行動しただけですが、いろいろな感覚が蘇って考えさせられました。
Commented by anrianan at 2007-04-15 08:06
★ハミングさん、
おはようございます!

30年ですか・・・・・・・。
まさに「逢う人には逢う・・・逢えない人には逢えない」ですね。・・・・
時間が経つと、それぞれに色々な体験をしますから、話のネタは尽きなくなりますね。(笑)
私は16で多感な時だったし、彼女も13でまだほんとに子どもでしたよね、今から思うと。 でも、今彼女には16の娘がいて、離婚の経験もして、お互いに「女同士」の話ができるようになったわけです。
懐かしい気持ちは肉親か幼馴染になったような気分でした。
今回、ほんとに彼女には感謝しています。
私もまだ生きる気力が完全復活していないですから、こういった一つ一つの出来事からエネルギーを与えられるし、ガンバレといわれているような気がします。・・・
Commented by オスカルの父 at 2007-04-16 21:33 x
こんばんは。
ワオー!(古っ)ぜひそのボ〇ンボ〇ンなアメリカンガールとお友達になりたいです。(笑)
できれば、娘さんの方を・・・(爆)
じょ・冗談です・・・・(~~;)
続きも気になります。
Commented by anrianan at 2007-04-17 15:54
★オルカルの父さん、
こんにちは~!
ほほほ・・・・、そのアメリカンガールとお友達になりたいですかぁ?
わかります、わかります、その気持ち。(笑) 若い方をお好みですね。(爆)
母さんの方は、また来るのではないかと思いますが、ひょっとしたら娘の方もくるかもしれませんよねぇ。
日本に来た時には、是非お声をかけますわよ!
彼女たちは大変な親日家なので、日本のナイスガイに会えるとなれば、大喜びでしょうから!
Commented by mojyao555 at 2007-04-17 15:55
うぁ、凄い再会をするって所で終わっちゃったぁ!!!^^
続き早く読みたいなぁ。
こうやってどこに住んでいても、ずっと友達のままでいられるなんて
良いね~。
それにしても、16歳の子供が居るなんてビックリだね!(☉_☉)!
Commented by anrianan at 2007-04-18 12:01
★mojyaoさん、
そうなのよ、私が16歳の時に彼女と会っているからね。
彼女と会うと、あの頃の自分に戻っている部分があるわけ。
なのに、彼女には16歳の子ども?!!! って感じなのよ。(笑)
mojyaoさんも、きっともうすぐそういう不思議な感覚を味わうわよぉ~。(>0<)
再び英語に触れるチャンスを作ってもらったようで、とても感謝しているの。
この出会いは、何を意味するのかなァ、とか、どう次のステップに活かせるのかぁ、とか
いろいろ考えさせられたわ。(^^)v
<< 『うらぶれ侍』(光文社文庫 5... 郵政民営化 >>