<< あなたは人を愛したことがあるか 桜の精が乱れ舞う日々-2 >>
ぼろ家リフォーム計画-最初の一歩 パート2
うららかな春の日を迎えて、我が家も新しいことが始まる季節がやってきたのか・・・・。
29日に引き続き、30日にも助っ人がやって来てくれた。


1階と2階とそれぞれ1ヶ所ずつ、軒下が剥がれていた。
「これでも板か?!」
というくらいに、ボロボロになるもんだなとビックリする。


d0046294_881835.jpg

2階の軒下は、数年前の台風の時に剥がれた。
ついでに外壁(モルタル)も剥がれてくれた。
それを応急処置で “防水シート” なるものを貼ってもらったが、今まで修繕していないというのが、今の日本では私の生活水準が大きく下回っているという証拠かもしれない・・・・・。 (*^^*) エヘヘ

軒下の板を貼りつけてくれるだけかと思ってたら、剥がれた外壁を見て
「ちょっと厚手の板を貼る?」
と言ってくれるではないか。
「あそこに貼れるの?」
「うん。ペンキを塗れば防水になるし、一応アレよりはいいんじゃない?」
ということで、お願いすることにした。
(へぇ~、剥がれたままの壁が何とかなるのかぁ~♪)



私が塗ったペンキ板が2階に運ばれる。
私も1階の屋根に上って、傍で撮影(=見学+お手伝い)をする。

d0046294_22571131.jpg
すると、電動のこぎり(のようなもの)で、ガガガガガァ~! と剥がれた淵の凸凹部分を真っすぐに切断していく。
(へぇ~! 壁が切れてるよ!)
私は内心驚きながらも、なぜかワクワクしている。

私が前に補強した「防水テープ」は、防水部分が無くなって “網”だけが貼り付いていた。
その “網だけテープ” も剥がし、防水シートの上から白ペンキを塗った厚手の板をはめ込む。
そして電動ドリルのように、釘が回転しながら打ち込まれていく。
(へぇ~、 今どきは便利になったねぇ! 金槌なんて使わないんだねぇ!)
明治か昭和初期のバアチャンのように、ひたすら関心の私。


モルタルと板の間には、白いペンキ(?)がケーキのクリームの絞り出し器のようなもので埋められていく。
それを細いヘラで平にならしていくのだが、これが意外にうまく行かない。
(あれ? 私ってこんなに不器だったっけ?・・・・・)
とガックリするも、見ることやること初めてのものが多く、なんだか興味が尽きない。


今どき、壁が剥がれたまんまの家なんて無いでしょう?
で、どーよ! この出来上がり。
ま、いかにも「直した部分です」と白く輝いちゃっているけど、その内に家の外壁を洗浄して、その上からペンキを塗ったら、かなり良くなるんじゃないですかねぇ!


軒下の板が剥がれた部分は1階にもあったが、それも見事に修復。
今まで、猫が屋根裏に入り込んで大変だったのだ。
ミシッ! と音がする時は、猫か・・・・・風か・・・・・・。

d0046294_8403424.jpg
しかし風が屋根裏に吹き込むことによって、家の湿気を助けてくれていたようなのだ。
その代わり強風の晩は、誰かが押し入れのドアを叩くようは音がして、デリケートな私は一睡もできずに布団の中で震えるしかなかったが (嘘です) そのガタゴトと鳴る音もピタリと止んで、静かな夜が訪れるようになった。  あっぱれ! あっぱれ!



壊れていたトイレのドアノブが直り、水漏れしていた洗濯機の蛇口が直り、その内にTVのアンテナもつけてくれるという!
「文化的な生活をしようよ!」
という助っ人の提案に、
(今までだって・・・・・・・・・)。

              (^^;) ・・・文化的・・・・ジャ、ナカッタ ?
by anrianan | 2007-04-04 15:01 | ■とりあえず日記 | Comments(16)
Commented by at 2007-04-04 17:50 x
家が修繕されて良かったですね~。大工さんの仕事は傍らで見ているとちっとも飽きないというか 面白くてずっとみていたくなりますね~♪
自分の家を自分で直せるあの技術 ホント羨ましい。
夜も静かになって安心できますね(^^)
桜は 今日はどうでしたか? だいぶ散ったかな?
こちらはようやく花壇の土が見えてきました~。
Commented by tengtian60 at 2007-04-04 17:57
こんにちは!^^

楽しそうです~^^
器用なお知り合いの方がいらしてよかったですね!
壁の色の違いは・・最近ワザワザ!ツートンにする方がいらっしゃるから
これはこれで良いのでは?^^

>モルタルと板の間には、白いペンキ(?)がケーキのクリームの絞り出し器のようなもので埋められていく。

もしかしたらシリコンのコーキングかな?そんなに高いものではないですよね。。
見慣れたものです。(笑)
・・・・読ませていただいていますと・・結構凄いことになっていたんですね。。
脚色なしでしょう?

>「文化的な生活をしようよ!」
更に文化的と言う事で。^^
Commented by としひろ at 2007-04-04 18:27 x
モルタルと板の間には、白いペンキ(?)がケーキのクリームの絞り出し器のようなもので埋められていく。これはシリコーン シーリング材ですね。私はコーキングといってます。
屋根、壁のひび割れなどの補修によく使います。
ちょっとした雨漏りなら補修できます。
Commented by neo at 2007-04-05 01:29 x
なんと!
こんなに壊れていたんですね・・(^_^;)
水が入ると腐って、シロアリ出て・・・
って、もっと高くつくところだったですね。
家も喜んでいると思いますよ。
Commented by anrianan at 2007-04-05 07:19
★渚さん、
>こちらはようやく花壇の土が見えてきました~。
ん~、日本は小さな国だけど、こんなに違うんですねぇ。
昨日は真冬の寒気が流れ込んだようで、雨と雷で凄かったです。が、いっときのことで、私が帰る7時ごろには雨も上がったんですよ。
桜はなんと! まだ7割くらい残っています。 凄いですねェ~。 今日はまた暖かくなるそうですから、桜もホッとして散ってしまうかも、ですね。(笑)
地球の温暖化をはじめ、人間が自然の原理を壊していますから、何とかしないとほんとに地球が危ないと思います。 人工的に何とかする、というよりは、電気やガスを使わない生活に戻す、というのが一番だと思うのですがね。
・・・・・便利を求め過ぎて、それに馴れてしまうと、人間の意識も精神も腐ってしまうのかもしれませんね・・・・。
その現象化が気象に現れているようにも思えるのですがね・・・・。
Commented by anrianan at 2007-04-05 07:35
★tengtianさん、
はい、かなり凄いことになっていました。(笑)
屋根のトイに砂などが入っていて、水がたまるのも雨漏りの原因になるようで、雨どいの掃除が宿題です。(笑)
コーキング! そうかもしれません。 としひろさんのコメントにも書いてあるから、きっとそうですね。 これも手で搾り出すのではないのよ。 絞り出る機具を使っているんです!
しかし、ウチの屋根には「通気口」がないとのことで、熱気がこもってしまうらしいのです。だから、軒下が空いていたのは風通しを良くしてヨカッタのかも、と思えました。 何事も偶然ではなく必然だとするとね。(笑)
こういう家だから、絶対に泥棒は入りません。 金目の物は無さそうですから。ほんとにありませんけど。(爆)
最近は、こういうことは全て業者に頼むのが「普通」になってしまったではないですか。
本来は、こうやって自分たちで修繕しながら生活を創っていくのが本当ではないのかな、と思います。 ただ、こういうことが出来る人と苦手な人は確かにいますけれどね。
私も少しずつ、電動の工具を買って行きたくなりました。(笑)
Commented by anrianan at 2007-04-05 07:41
★としひろさん、
そうそう! コーキングだと思います。(笑) 屋根の修繕にも、といわれた記憶があります。
私は以前、チューブに入っているグレーのものを、屋根の割れ目に塗ったことがあります。それと同じ物ですね。
雨が降った日の心の負担が、かなり無くなりました。 ほんとに家は大切ですね。
一人助っ人が現れてくれたお蔭で、こんなに簡単に解決していくものなのか・・・、とビックリすることばかりです。
Commented by anrianan at 2007-04-05 07:47
★neoさん、
シ、シロアリ・・・・。 ちょっと心配がよぎりました。(^.^;)
この雨漏りは何年も続いていましたからね・・・・・。 だ、大丈夫だろうな。
木造の家も修繕をしていれば、50年くらい持つといいますよね。
昔の家屋は100年くらい持っているものもありましね。(造りも違うと思いますが)
私もこういうことも、少しずつ覚えていきたいと思います。
Commented by ハミング at 2007-04-05 09:52 x
anriananさん  コンニチハ
いや~この助っ人さん、素晴らしいですね!
腕も!心意気も! かっこいいと思います。
まずは改修工事、無事に終わっておめでとうございます(*^_^*)
Commented by anrianan at 2007-04-05 15:25
★ハミングさん、
こういうことが出来るって、かっこいいですよねぇ~!
でもまだまだ改修工事は終わってないんですよ。(笑)
直そうと思えば、どんどん出てくるほど痛んでいる家ですから。(^^;)
彼の手を借りられる時に、せっせとご指導をお願いしなければと思っています。
材料費だけだと信じられない金額ですよぉ。
人件費がどれだけ高いか(企業の手数料?)ということを、つくづく感じます。
Commented by exmouthcoco at 2007-04-06 06:32
anriさん、こんばんはー!
お家の修復の様子、ほほほぉ~~っと見させていただいてます。
それにしても、こんなにすごかったのね。
モルタルの壁って、こんなに落ちちゃうものなんだ~と思いつつ、
強力な助っ人と、家主であるanriさんとの共同作業でだいぶ進みましたね。
家を持つ(買う)というのも大変だけど、メンテナンスをするのもそれ以上に大変だと、以前、家を買うときに人に言われました。その通りだわ…。
こうやって、少しずつでも、自分の家をメンテナンスしていけること、とてもいいことだと思いますよ~。
フランスでも、女性のブリコ(日曜大工)の人口は結構多いんですって。
anriさんも、こうやって少しずつブリコラーになっていくのね。
家も喜んでいるでしょうね~。
Commented by anrianan at 2007-04-06 08:15
★exmouthcocoさん、
へぇ~、フランス語で「ブリコラー」は女性の大工なのね。

日曜大工教室のパンフなども取り寄せたりしたんだけど、どこも遠くて週に1回通うにも、かなり距離的に大変なので見合わせていたの。(^.^;)
「デキル人」に教えてもらうと、「やれそう!」って思えるじゃない?(笑)
「デキナイ人」が教えると、「とてもできない」って思ってしまうのよね、おもしろいことに。(笑)
この助っ人さんは、デキルしこういうことが好きなんだと思う。だから、こちらも子どもが遊ぶ時の好奇心のような気持ちで、なんでもやってみたいと思ってしまうのよ。(笑)
モルタルの壁は業者しか直せないと聞いていたから、お金がないと直せないと思っていたけど、もともと木造の家は木の壁だったんだから、少しずつ木に張り替えてしまってもいいんだ、くらいに思えちゃったわ。(笑)
生活って大切よね。 自分が快適に暮らしを楽しめる環境の第1歩が家なんだなァ・・・と、つくづく感じています。
これから少しずつ、自分のペースで手を加えていきたいと思し、私も多いにcocoさんとニコラさんのリフォームを参考にさせていただいて、元気をもらいに行きますわ~♪
Commented at 2007-04-06 08:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by anrianan at 2007-04-06 08:52
★カギコメさん、
人を呼べなかった理由がコレです。(笑)
まだまだ終りではないのですが、とりあえず大きな所が修復、という感じです。
次には、外壁を洗浄してペンキの塗り直しをする予定です。
そしたら、かなり見た目は良くなると思いますよ! (^0^)/
Commented by しゅうげん at 2007-04-06 12:38 x
またまた数日分読ませていただきました。
リフォームおもしろいですね!
ワクワクしているanriさんの顔が目に浮かびますよ~(笑)
ペンキの塗り直しで、外壁にアートする予定は?
楽しみにしてますよ~anri画伯!
(o^∇^o)ノ
Commented by anrianan at 2007-04-06 16:34
★しゅうげんさん、
外壁にアート・・・・・、ん~、かなり危険な発言。
なぜなら、外壁の白い壁に赤いハイビスカスなどを描きたかったので。(笑)
遊ぶよりも、まずは「フツー」の生活をするための修繕が先決でしょうか。(^^;)
ペンキにもお金がかかるし、ネ!
しかし、リフォームもどんどんエスカレートしそうですわ。(笑)
これからも応援してね~♪
<< あなたは人を愛したことがあるか 桜の精が乱れ舞う日々-2 >>