<< 桜の精が乱れ舞う日々 女神がほほ笑んだ日 >>
ぼろ家リフォーム計画-最初の一歩
まずは、本日の桜です。

d0046294_19371978.jpg

そうそう! 私は4-5年ぶりに携帯電話を新しくしたのです!
しかも、au最新の機種。 画面がパコンと横になってワンセグTVが見られる、というアレです。
しかし、アンティークの機種を使っていた私にとっては、まさに昭和初期から平成に急に時間を飛び越えたほどのギャップがあり、
「カメラはどうやって撮るの?」
「TVが映らないのは、電波が来てないのかしら?」
なんて、アタフタしてばかり。 メールのやりとりがどうにか出来るようになったものの、
「顔文字が出ないぞ・・・・」
「あれ? 改行ができない!」
なんてことは、まだまだ続いてます・・・・・。

ということで、練習のためにデジカメで撮影をしました、本日の桜です!

d0046294_19365825.jpg
強風注意報は出てませんが、出してもよいくらいの風が吹きまくっておりました。
その中、私は庭に出て、再び(今度はデジカメで)花の撮影に挑みます。
ズームにして、なるべく肉眼で見ている大きさに撮りたい! と四苦八苦の末が右の写真です。


そして、これぞ春といわんばかりに、我が家の「自然庭園」(=手をかけてないってこと)は、自由奔放に花たちが咲き出しております。

d0046294_19413775.jpg外のジャスミンはまだ蕾ですが、家の中のジャスミンは咲き始めました。
偉いもんです、たった数個の花が開いただけなのに、部屋の中には芳香が満ち溢れているではありませんか!
えらいぞ、ジャスミン!

d0046294_19464183.jpgそして、ほったらかしにされているのに、これまた美しい花をさかせる花々。
フリージアを数本を朝摘みして切花にしたら、よい香りを漂わせています。
まさに天然「アロマ」の癒しです。
このフリージアは、小学三年生の時の思い出があります。
ピアノの先生がレッスン室に置いてあったローテーブルの上の花瓶に、数本活けていたのです。
「この花は、とてもいい香りがするのよ」
それ以来、私はフリージアが好きになり、この花の香りを嗅ぐとその亡き恩師を思い出します。

他に、ヒヤシンスや雑草と分類されるクローバーの黄色い花などが “咲き乱れ中” です。
また私の菜食を助けてくれているのが、アシタバです。 
(スタバではありません・・・・(-_-;) オヤジ…)
d0046294_20331512.jpg
← これ、アシタバ。






それはともかく、
今日はこのボロ家にも春がやって来て、破れっぱなしの軒下に板を打ち付けてくれる、という助っ人が来てくれました。
その助っ人ビンさんはとても器用で、実は今まで仕事が職人さんだったこともあり、『なんでも屋』が開業できるほどの技をたくさん持っています。
彼が修繕箇所を見ながら、数年前に台風で剥がれたままになっている外壁も、
「とりあえず板を打ち付けて直そうか?」
なんて、凄いことをいうではありませんか!
「え?! 出来るの?」
「うん、厚めの板を買って来てペンキを塗って、とりあえず打ち付ければ雨も入らないと思うよ。」

そして、屋根に登ってあちこち見て、雨漏りの原因となっているだろう箇所を説明してくれます。
「ここも、直す?」
「え゙~、出来るの?」
「うん、一応やっておけば、今よりはいいと思うよ」
何て感じで、次々と家のリフォーム案が出され、私はパクパク食いついて行きます。
もちろん、私もペンキを塗ったりお手伝いはしますが、なんだか楽しいではありませんか!

d0046294_20115330.jpg
ホームセンターというところは、「車」が無いと行けないのですね。
大きな物や重たい物は運べないし、だいたい車で行くような場所にあるじゃないですか。
おナカさんが居なくなってから、車も一緒にいなくなりましたから、それ以来、私は休日に葉山をドライブすることも、海岸線を走ることも、ホームセンターに行くことも出来なくなったわけです。
今日は、ほんーーーーっとに久しぶりの車で、しかも外には桜♪
幼稚園の遠足のような気分でした。 (・・・・なぜ幼稚園?)


d0046294_20123334.jpg
「これとこれに塗っておいてね」
と板を並べられ、
「水性のペンキだから、塗りにくくなったら少し水を混ぜて塗ってね」
と教えられ、わくわくしながら生まれて初めてのペンキ塗りです。
水の混ぜ加減でペンキがゆるくなり、まるで水彩画のようではありませんか♪

ワタシ、結構「お絵描き」得意だったからなぁ~♪

   たっのしぃ~~♪ ♪ ♪。。。。。。

自画自賛、絶好調!
漆のように何度も重ね塗りをしながら、次第に夢中になります。
d0046294_20264217.jpg
北側の外壁に打ちつける厚手の板を白く塗りながら、
(あ~、赤や緑のペンキも買ってきて、ハイビスカスの花でも描けば良かったなぁ)
と、余計な創造力が私の中で炸裂。
(そのうち、家の外壁に花やツタの葉なんかを描いちゃおうかなぁ・・・)
ああ、どうしよう! どんどん膨らむ私の夢!(笑)



軒下だけの修理のつもりでいたけど、屋根も外壁も修理してくれることになり、夕方になっていろいろ話していたら
「家の外壁を洗ってペンキを塗れば、まだ(家が)持つよ」
ということで、そのうちに私は家の壁を洗ってペンキで塗りなおすことにしました!
何度か業者がやっているのを見たことはありますが、私は自分でやります!
だって自分たちで出来ることを、高いお金を出して業者に頼んだら勿体無いじゃありませんか。
そして、腐りかけているベランダも直して、TVのアンテナもつけてくれるという話も出ました。

おぉ~、なんだか、どんどん夢が広がるではないか~!
  もう、私は夢に溺れてアップアップの興奮状態になりそうです。


明日もまた来てくれることになり、いよいよ私が塗った板が、軒下と剥がれた外壁に打ち付けられます。
今日は、思いもかけなかった2階の屋根を修理をしてくれました!  ブラボー!
d0046294_20254543.jpg


                                   - 明日も続く -
by anrianan | 2007-03-30 20:26 | ■とりあえず日記
<< 桜の精が乱れ舞う日々 女神がほほ笑んだ日 >>