<< Sakura 開花宣言 in ... 春の大掃除 >>
お彼岸だからね
これもちょうど、一週間前の話。

おナカさんはお墓参り経由で岩手に帰るというので、私も墓参りまで同行することにした。
いつものように、横浜の叔父の車で栃木まで行く。

朝8時に横浜駅前「岡田屋」の前で待ち合わせだというので、10分前に着く。
特に寒い日だった。
寒風吹き抜ける外でなぜ待つことにしたのだ? というのが、私の疑問。
「いつも、ここで待ち合わせているんだ♪」
と、無邪気な答えが返ってくる。

8時になって私の携帯が鳴る。 叔父からだ。
遅れているのかと思ったら、今から家を出るという。
待ち合わせは「8時半」だという。

d0046294_611276.jpg
私は寒さとすきっ腹も手伝って、おナカさんのいつもながらのポカに腹が立っていた。
「もぅ~! あったかい所で待つことにすればいいのに。 スタバに行くよ!」
と、“豆乳オレ” を2つ買い、サンドイッチを持って2階に上がる。

シュリンプ&アボガドサンドイッチと、暖かい飲み物をお腹に詰め込むと落ち着いた。
おナカさんを見れば、なんだか幸せそうな顔をしている。
「なんか、楽しそうだね」
「うん・・・・♪ (周りを見回しながら) こ~んな所があったなんて、初めて知ったよ。・・・・・夢のようなところだね♪」
「・・・・・・・・。」(^.^;)
「このサンドイッチも・・・・・、(首を振って心底感心したように) おいしいねぇ!」
「ちょっと高いけどね、(420円!と聞いて、おナカさんは頭を振っている・・・・・) たまには、ちょっとこういう贅沢をして楽しむのもいいでしょ?」
「ん~。 ほんとに、信じられないよ・・・・・」

ここまで無邪気に喜んでいるのを見ると、なんだか嬉しくなるじゃないか。・・・・・

「でもさ、ほんとに都会はお金がないと楽しめないよね」
という。
「そうだね、だからお金が第一になりやすいし、そういう意味で大切なものを見失いやすいよね」
「それに、お母さんはつっくづく思ったね」
「なによ?」(なんだか、やけに得意げな様子じゃん)
「都会はさ、みーんなバラバラっていう感じ」
「・・・・・・?」
「都会はさ、誰も何にも言わないだろ。 だからさ、そっれぞれ好きぃーなカッコをしてるよね。 ・・・綺麗な人もいるけど、・・・・・(眉間にシワを寄せて、首を傾げている)・・・・みーんな、やりたいよぉ~にしてる、って感じ」

ふ・・・ん、 大体このお方はもともと言語障害っぽいんだけど(笑)、言いたいことは良く分かる。
右脳的視点で捉えていて、ポイントは外していないんだよなと思う。

「今は人によって、生活スタイルがさまざまだからね。 何がいいとか悪いとか、分からないよね」
と言うと、
「でも、お母さん、こういう曲は嫌いだよ」
と、いきなり話がズッコける。
「いいよ、嫌いでも」
と私は笑って、答えてあげる。

「でもさぁ、こういう所、初めて知ったよ・・・・・・」

よっぽど感激した様子のおナカさんは、ちょっと使ったナプキンを記念に持ち帰るという。
「新しいのを持って帰りなよ」
と、私はスタバのナプキンを2枚持って来てあげた。
「きれいだよね、これ・・・・・」
おナカさんは、嬉しそうにそのナプキンをなでながら持ち帰ったのでした。

d0046294_6115113.jpg






さて、いきなり墓参りが済んだ所に話が移る。
叔父夫妻と一緒に車で栃木に来ると、必ず立ち寄るのが、ここ『青木屋』。
脇には渓流が流れ、夏は外で釣れたアユを食しながらビールを飲む。

私たちはいつも、川を見下ろす大座敷の一角に座る。
祖母の生前、施設からここに連れてきては、塩アユ・芋串・天ぷら蕎麦などを、みんなで食べた。

d0046294_612495.jpg
今回食べたのも、ほぼ同じコース。
塩アユは1人前2匹。 頭から背骨を除いて、すっかり食べられる。
(叔父は背骨も食べていた)
天ぷらは大皿を2つ、蕎麦は五人前を一つのざるで注文した。
中生を一杯ずつ飲み(運転手さんには申し訳無いが)、前菜のおしんこをつまんでいると、なんだか腹は満たされてくる。
そこに天ぷらがド~ン! とやってくる。
その上に、大きなざるがド~ン!
さすがにお腹がいっぱいになってくる。

「おまえ、若いんだから、食べろ」
と叔父に勧められるも、
「もう・・・・・、若くないから・・・・」

(↓ ここが 知る人ぞ知る 「青木屋」)
d0046294_6121731.jpg

この後、母方の親類の家を数軒巡り、
「もう腹がいっぱい!」
といっても、草もちやおしんこやおまんじゅうなどを、どんどん勧められる。
「出来立ての手作り草もち」なんかは、そりゃあこちらでは食べられない代物だけど、
「わたしゃ、もう入らん!」
ということで、お土産にもらってきた。

しかし母や叔母たちの口は、「いっぱい!」と言いつつ、美味しそうに吸い込んでいた。・・・・

   明日からダイエットをするのだそうだ・・・・・。


d0046294_6123279.jpg


一泊するおナカさんや叔父夫妻と別れ、
私は今市駅から東武線で帰路へとついた。

    腹もいっぱい、心もいっぱい・・・・・・・。 ZZZZZ・・・・
by anrianan | 2007-03-24 18:25 | ■とりあえず日記 | Comments(10)
Commented by tomiete2 at 2007-03-24 20:53
親戚周りで体重が増しましたか。。。。他べないと親戚扱いされなくなりますよ
Commented by tengtian60 at 2007-03-24 23:21
こんばんは!^^

『青木屋』って聞いただけで何となくお蕎麦が美味しそうな感じです。(笑)
早く思いっきりツルツルと・・・天婦羅もパクパクと食べたいでーーすっ!^^;
田舎は食べきれないほど出すのが常識かもしれません。^^
鮎の塩焼き美味しいですよね~^^
7月1日の解禁日が待ち遠しいです!^^

お疲れさまでした。。

Commented by ハミング at 2007-03-25 00:29 x
始めまして
tengさんのところでで時々お名前を拝見しておりましたが
今夜は勇気を出してこちらにおじゃまさせていただきました。

お彼岸にお里帰りなさったのですね。
anriananさんとおナカさんとの会話がとても微笑ましくて
楽しく読ませていただいていくうちに実は
「おナかさん」とおっしゃる方はanriananさんのお母様だと
いうことに気がつきびっくり!^_^; 
おナカさんの一言一言が素直で愛らしくてそのうちなんだか
胸の奥がじ~んとしてきました。
優しくてステキなお母様。。。。。離れてお暮らしのようですが
どうぞこれからもお母様との時間を大切になさってください。




Commented by anrianan at 2007-03-25 06:09
★tomiete2さん、
胃腸を鍛えないと、親戚巡りはできませんね。(笑) 
でも、あれだけ食べたのに、夜帰宅してからお土産の草もちを食べました。(^.^;)
Commented by anrianan at 2007-03-25 06:35
★tengtianさん、
そうそう、アユの塩焼きはそちらでも「釣り立て」が食べられるんですね。(笑)
一人前2匹と聞いて、「え~、食べられない!」と思いましたが、ペロリでした。(^.^)
天ぷらの大皿は、いろいろな種類の野菜があるのですが、みんな食べたいものが、ほぼ同じだったりするから・・・・・・どうかなぁ、一人ずつの方がいいと思うんだけどなぁ。 フキノトウを食べ損なったなぁ・・・・・。(笑)
田舎は「足りないのが失礼」というのがあるから、山盛りがおもてなしになるのですよね?(^.^;)
こちらでは、懐石のように一人ずつに出す傾向がありますから、ちょっと面くらいます。
Commented by anrianan at 2007-03-25 06:46
★ハミングさん、
はじめまして! 私もお名前は拝見していました。
おナカさんは、とても「優しくてステキな」という形容詞がつくほどシャレた人ではありません。(笑)
天然が入っているし、天才的な楽天家です。
でも最近、昔を振り返って考えてみると、私のような子どもを育てながら、母もスッポ抜けたような気がします。
私は随分やりたいことをやって来ましたから・・・・・。(^.^;) その分、これからは守っていきたいと思いますが、
「結婚したら、相手のお母さんの方を大切にするからね」と宣言しています。
「いいよ・・・・・。 そうだよねぇ、それがホントだよねぇ」と本人は言っていますが、未だそういう事態は起こっておりません。(起こらないかも)(笑)

どうぞ、またいらして下さい。(^.^)/
Commented by オスカルの父 at 2007-03-25 09:40 x
おはようございます。
お墓参りお疲れ様でした。
天ぷら蕎麦や鮎!おいしそうです。
いいなー私はまだまだ食欲は若い?ですよ。(笑)
手作りの草もちもご近所だったら、もらいに行きたいです。
Commented by anrianan at 2007-03-25 12:41
★オスカルの父さん、
ん~、確かにオスカルの父さんは若い!(笑)
まだ脂っぽい食べものも大丈夫ですか? (そういうCM、ありましたね)
手作りの草もちはねぇ、確かにびっくりするほど柔らかくて、蓬の香りがして美味しかったです。
前日に蓬を摘んで、当日の朝細かくみじん切りにして、もち粉と一緒によくこねたのだそうです。
あんこ入りと、何も入っていないできな粉につけるものと2種類ありました。
今なら食べた~い!(笑)
Commented by mojyao555 at 2007-03-26 21:23
おカナさんの笑顔、とっても可愛い!
私はこの笑顔で今日一日が癒された感じがするよ~。^^
そして、こうやって連れて行ってあげた場所を喜んでくれるから
またまた可愛い!
ナプキンを大事に持って帰るところなんて、涙が出そうになったくらいだよ~。
私も一度おカナさんに会ってみたい!^^
Commented by anrianan at 2007-03-27 08:39
★mojyaoさん、
ありがとう!
きっとmojyaoさんも異国に離れているから、ご両親への想いも深くなるのでは?
おナカさんは、私が海外に滞在すると必ず大病したり、大怪我したりするのよ。
ある人に言わせると、どうやら私は海外に住む星のもとに生まれていないから、
海外に移住すると良くないらしいの。 だから呼び戻すのかなぁ、と思ったよ。
スタバであんなに幸せになってくれるなんて・・・・、と怒りもぶっ飛んじゃったわよ。(笑)
カメラを向けたら、子どもみたいに喜んでるし。(^.^;)
おナカさんを見ていると、例えバカでも(笑)天然ボケでも素直が一番なんだなぁ、と思うよ、つくづく・・・・・。
<< Sakura 開花宣言 in ... 春の大掃除 >>