<< お彼岸だからね おもろい写真、めっけ! >>
春の大掃除
大変、大変、更新しない間にどんどん日にちが経ってしまう…!
ということで、先週の話。

13日の夕方から16日まで、力強い助っ人がやって来た。
もちろん、おナカさんだ。(母です)

前日から降った東北の大雪は在来線に影響を及ぼし、到着に数時間の遅れを生じた。
私は夕方仕事に出なければならず、ぎりぎりまで待っていたが、来るはずの時間になっても、さっぱり姿が現れず、
(まさか、雪の中で行き倒れでは……)(んなことない!)
と少々心配になっていた。

出かける時間が来たので仕方なく、家を飛び出してバス停まで走っていると、坂を上がって来たタクシーの中に、おナカさんが!
(あっ! おかぁさ~~ん!)
はなまるきっ♪”さながら、心の中で呼びかけて、思わず手を振った!

以心伝心、車中のおナカさんもすぐに気づき、後部座席から必死に私に手を上げる。
(おお! かなりドラマティックな親子の再会だぁ! (?))

すると、

タクシーの運転手さんも、なぜか手を振った……
(? みんなで手を上げてるぞ……)
   ?????  

…ワタシ、タクシーに手上げちゃったんだ……

笑い出しそうになるのを堪えて、逃げるように走り去った。 (いや、バスの時間に間に合わせようと思って・・・)

    ★ ・ ☆ ・ ★ ・ ☆ ・ ★ ・ ☆ ・ ★ ・ ☆ ・ ★ ・ ☆ ・ ★

翌朝から大掃除が始まった。
おナカさんは、弟が使っていた東南角部屋中心に2階の担当。

ここは現在、私が寝室として使っているが、泊まり客がいるとここが「ゲストルーム」となる。
(ゲストはおナカさんしか居ないんだけどさ・・・・・。)

おナカさんは本来、1階の部屋に居たはずなのに、一度ここに寝たら、
「もう、なぁ~んか気持ちいいねぇ~♪」
と、いたく感激されて、以降
「1階と2階と、どっちに寝る?」
と聞くと、必ず
「2階」
と即答なさる。
……仕方がないので、私は自分の布団をえっちらおっちら抱えて、1階に下る。

その2階の部屋の押し入れには、愚弟が残していったモノが山盛り。
しかし、彼は「沖縄から帰ってくるつもりはない」と言ったから、私は
「じゃ、全部処分するからね」
ということになった。

d0046294_6694.jpgそして壊れたテレビ、壊れていないけど使わないWindows95のPC他、使えないガラクタを粗大ごみに出すことになった。
ゴミを出すにもお金がかかる。

  パソコン 4000円
  TV   4000円
  ハンドクリーナー 1
500円
  ラジカセ2台 1500円 × 2
  ミシン  5000円
  プリンタ 1500円
  スキャナー 1500円 etc.

てな感じで、お金持ちでないと物も捨てられない時代なのである。
ところが! 日本は “消費させるために” 家電でもPCでもどんどん新製品を作り、しかもそれらは結構チャチで壊れやすい。ゴミの国になるようにしている。
そのゴミを捨てる場所がなくなり、捨てた所からは汚染が始まり、健康を害する結果になっている。

なにか、おかしくない?!

ヨーロッパのように、何十年も使えるような製品を考えたらどーよっ! 
と私は言いたい。

大体、私は物持ちがいいから、Windows95のPCだってまだ生きていた。
しかし、まったく使わないし場所を取っていたから、泣く泣く“姥捨山に姥を捨てるように” 連れ去ってもらったのだ。(金を出して・・・・・シツコイが


d0046294_67559.jpg思えば、あれは私が死の淵から蘇って退院した1997年。
マモル君(父)が
「お前はもう、普通の人のような生活はできないだろうから、得意なパソコンでも買って、自分で生計を立てられるように考えなくちゃならないだろう」
と言って、結婚費用の100万円(そんなにくれるつもりだったのか!!)を使って買ってくれた。

もちろん安売りの店に行ったけど、当時は今よりも高くてさぁ・・・・・。
プリンタやスキャナーも、この時とばかりに買って合計50万くらいになった。
そして後、「パソコンのインストラクター」で収入を得るようになったのだから、結果的には投資分は稼いだかもしれないが、今となっちゃWindows95はまったく使えない。

戦時中にミシンの頭を背負って逃げたマモル君としては、パソコンは一生もんだと思ったに違いない。
まさか日進月歩で、安いものにどんどん乗り換える時代がくるとは思っていなかったに違いない。

d0046294_682086.jpg私は最後にPCの中味をチェックする。 モニターに懐かしい
 “Windows95”
の表示をさせながら私に微笑みかけるパソコンに、心の中で詫びながらアンインストールをして電源を切ったのだった……

(さよなら~。 ありがと~!) (;_;) ワカレのトキダ…



一つのドラマが終わった(?)ことで、のんびりしていられなかった。
次に「廃品回収」に出すダンボール箱や雑誌やコミックの山と格闘…したのは、おナカさん。
そして、燃えるごみ3袋、衣服類2袋、山盛りのダンボール、愚弟のコミック誌の山を幾つも束ね、
あ~、すっきりィ~♪ したのは2階。

私が仕事に使っている1階に荷物は持ち込まれ、私は「まるで泥棒に入られたようにごった返した部屋」の中で、翌日二日酔い(+風邪?)の体調不良でぶっ倒れたのでした……

その部屋は、今日に到るまで徐々に片付けられてはおりますが……

聞かないでください。 …だって、どうせ誰もこないもん。…だって、仕事もしなくちゃならないしさ。 それに…、それに……

言い訳が尽きた私に、応援をお願いね。“d(^_^:)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング


by anrianan | 2007-03-22 08:20 | ■とりあえず日記
<< お彼岸だからね おもろい写真、めっけ! >>