<< おもろい写真、めっけ! 飛ぶように過ぎ去る日々・・・・・ >>
防衛大学の卒業式
昼にTVのニュースを見ていてよかった。
防衛大学校の卒業式が今日、ということを知った。


ウチから北の方角に防衛大学校がある。
小学1年生の3学期に越してきて以来、父親が話す様子から、知らず知らずのうちに防衛大生に憧れのような感情を持つようになっていた。
地域柄、米海軍基地はあるし、防衛大はあるし、自衛隊駐屯地や官舎もあるから、あの迷彩色の戦闘服や防大生の制服は見慣れている。

しかし、「戦争」というものは過去のものであって、非常に現実離れしたものだった。
だから、高校を卒業する時は自衛隊に入ろうか、と思ったほどである。
しかし、私は日本の自衛隊よりも、アメリカに移住したいがために米海軍に入隊したかった。

d0046294_14161079.jpg
さて、卒業式や開校祭などでは、戦闘機が空を走る。
今日もニュースを見た後に、ゴォ~という音が空の奥深くに鳴り響き、私は庭に走り出た。
見上げると、まるで海上に風が吹きつけて小さな波が立っているかのように、白いさざなみのような雲が流れている。
そして、いきなり右上空から自衛隊のヘリが3機現れた!
デジカメを構えるが、家の屋根の陰に入ってしまって失敗。

(よし、また来るぞ!)
と構えるも、3機の戦闘機が並んで飛び行く様を遠くに捉えるのが精一杯。
d0046294_14163772.jpg(ありゃ~、ダメだぁ!)
数回隊列を組んで飛んでくることを知っているから、南方に目を向けて
「今度こそ!」
とデジカメを構える。

実際に目の前を通過していく戦闘機は、かなり大きくて近くに見える。
その様は見ているだけで胸が高鳴り、何か血が逆流するほどの興奮を感じる。

d0046294_1417232.jpg
以前、母がまだこの家に居た頃、庭に出て子どものように両手をあげて振っていた。
「なに、してるの?」
「飛行機ガさぁ、バァ~と飛んで行って凄いよっ! 嬉しくって手を振っちゃった!」
「操縦している人の顔、見えた?」

なぜこんな質問をしたかと言えば、昔父が戦争中に爆撃弾の中を逃げている時、アメリカの操縦士がニヤニヤしながら爆弾を落としているのが見えた、という話を聞いたことがあるからだ。
父はまだ少年で、母親(亡き祖母)の仕事道具であるミシンの頭部分を担いで逃げたらしい。

「ちゃんと顔見えたよ。にこにこしてさ、手を振ってくれた!」
(へぇ~!!)

平和な時代だからこその感動であり、爆弾の恐怖の中で見えた“笑顔”とは、まさに天使と悪魔であったに違いない。


飛んでいく飛行機を見ていても、かなり低空飛行をしている。
これが実際の戦争となると、まるで狩りでもするように極限の低空で狙われるに違いない。


穏やかな青空と明るい陽射しの中を水平に飛んでいく戦闘機を見るたびに、
(もし戦争になったら・・・・・)
と、底知れない不安をいつも私は感じている。

その反面、やっぱり自衛隊に入隊していれば良かったな・・・・なんて思ったりもしている。
しかし、海上ではなくて航空だ!
海の側に住んではいるが泳ぎも下手だし、何より空を飛びたい。

そして、万一戦争になったら・・・・・、私は特攻隊のように突っ込んでいくだろう、という気がする。
「国のために・・・・、家族のために・・・・・、愛する人のために・・・・」
例え今の時代では正解と言えない答えかもしれないが、当時の彼らには明確な目標があったのではないだろうか。
(特攻隊の悲哀、というよりは、この時代の若者の苦悩を描いた小説『二十歳の変奏曲』は、ぜひ一読をお勧めします。高校の入学試験にも使われた秀逸の作品です。)


そういうことを思い出す時、「何のために生きるのだ?」なんて、ウジウジ考えちゃいけないのだと思う。・・・・・
by anrianan | 2007-03-18 14:08 | ■とりあえず日記
<< おもろい写真、めっけ! 飛ぶように過ぎ去る日々・・・・・ >>