<< 端に座れ! 酔狂予言の卷 >>
こっそり・・・・・
突然、栗ちゃんのおばさんと富沢さんが訪れて、庭の草取りをやってくれている。
お二人とも、ナカちゃん(母)の友だちである。
母が僻地に引っ越していった後も、一番会っておしゃべりしたい友だちだと言う。

栗ちゃんのおばさんは、小学生のころから知っている。
栗ちゃんは弟と同学年で高校まで一緒、剣道部も一緒だった。

私が一人で持て余している庭の手入れを、おじさんと二人でたまに来ては綺麗にしてくれた。
ほんとに欲のないご夫婦で、私が植えっぱなしだったじゃがいもやナスなども、ぜ~んぶバケツに収穫しておいてくれたりしたことがあった。
信仰心が厚く、献身的な奉仕とはこういうことをいうのだな、としみじみ感じさせられる仕事っぷりなのだ。

そのおじさんが一昨年亡くなった。
おばさんの悲しみ方は、私ももらい泣きしてしまうほどだった。


明日ナカちゃんが帰ってくるので、せめて玄関周りはきれいにしておいてあげたい、
というお二人の心配りのようである。 (なんとも有り難く、お恥ずかしい・・・・)

私が家の中でPCに向かっている間、お二人でお喋りをしながら草を刈る音が聞こえる。
(せめてお茶だけでも・・・・・)
庭にテーブルをセッティングして、コーヒーとお菓子を用意した。
d0046294_14421848.jpg
「あらあら~、手を止めさせちゃって悪いじゃないのよ」
「せめて、コーヒーだけでも・・・・」

これも、ナカちゃんの人徳。(と思っている)
二人が気がね無くティータイムを楽しめるように・・・・、と私はそっと奥に引っ込んだ。

    だけど、こっそり写真撮っちゃった! (笑)
by anrianan | 2007-03-12 14:47 | ■とりあえず日記
<< 端に座れ! 酔狂予言の卷 >>