<< 酔狂予言の卷 マシュマロGABA >>
「人生山あり谷あり」というが
私の場合、「人生谷あり谷あり、たまに山あり」 という感じがする。
(「山」の時期が短いんじゃないのっ! と誰に怒っているんだか?

そしたら、あの話題の“がばいばあちゃん” は、
「谷を歩いているのが人生や」
と言ったそうで、
(おお! やっぱり私の感覚は当たっているやないかぁ♪)
と自分で自分を慰めた。


というのは前書きで、先日何年も会っていなかった女友達から電話が来て会うことになった。
彼女は同年代だが、私と決定的に違うのは“チョ~かっちょいいビジネスウーマン”って所だ。
海外出張なんかに行って国際会議なんかにも出ちゃうし、都心にオシャレ~なマンションを購入し、『家庭画報』に出てくるような一人暮らしをエンジョイしている。
私がまだビンボーな演劇少女(?!‥‥オバサン?)に明け暮れていた頃、彼女は十何人の男性社員の部下を抱えていた。 かと言って、スーツを着たバリバリ、バーバリ~のキャリアウーマンという訳ではなく、見た目はフェミニンだし、右脳と左脳のバランスが非常に良いという感じで、私は密かに、ずっと尊敬をしている。

その彼女が今、ドラマの「エキストラ」をやりたくて、事務所に登録したというのだ。
もちろん本職があるから、趣味というか楽しみの一環なのだが、なんと『花より男子(だんご)』の松潤を追っかけているというではないかっ!

    かっこいい~!!!(?)

彼女が、こういうミーハーをやるから「かっこいい~」になるのだ。

私思うのだが、ある人に魅力を感じる時、・・・・・・これは「意外性」に触れた時ではないか。
(あれ? こういう人なの?)
と感じた瞬間に、その人に興味がググッと引き寄せられるような気がする。

だからポイントは、“引き出しの数”なんだろうなぁ・・・・・、きっと。


何年ぶりかで彼女と会って、月が出ていない夜の谷底に月明かりが差し込んだような気分であった。
着るもの、身につけるもの、すべてからゴージャスなオーラが発散されている彼女が言う。
「ねぇ、ねぇ、最近ね、子犬のようにさ、私が帰ったら飛びついて甘えてくれるような若い男の子を、ペットのように飼いたい、っていう気持ちが分かるのよ」

  え゙っ!?

「可愛い子で、決して口答えしない子、お料理とか作ってくれる子・・・・あはははは・・・・」
「飼ってみればいいのに。(笑) 今は “僕、ついて行きたい♪” って子が多いよ」
彼女は十分に稼げるし、可能だよなぁ・・・・・と、半ば羨望のまなざし。



反面、今の私には年下はキツイなぁ・・・・・(というか、面倒臭いなぁ)とも思う。
いえね、年齢じゃないと思うのですけどね。
要するに、「大人の男」と付き合いたいわけですよ。

よく賃貸の部屋を見に行ったら「三畳一間」で、
「玄関入ったら、向こうの壁に手が付いちゃうんですよ」
なんていう奥行きの無い人間は、関わるのが面倒くさくなっちゃうんですね。

おお、なんと傲慢な発言だ。
そういう人間と関わってしまうということは、私がそういう「奥行きが無い人間」ということだよ。
江原啓之さんも『波長の法則』と仰ってますがね。・・・・・ギャフン!

ただね、人間みんな似たり寄ったりだと思うから、大方の人が「三畳人間」だと思うのだけど、
例えば、・・・・・・
壁の前にカーテンが引いてあって、窓だと思って開けちゃったぁ~♪ とか、
壁が鏡になっていて、なんだか広~く感じちゃったぁ~♪ だとか、
窓を開けたら一畳分のベランダがあったのぉ~♪ とか、
要するに、それなりの創意工夫や努力があると、それが「意外性」であったり、一瞬騙されたと思っても次への学びとなるのかなぁ、と思うわけ。


でも、どーしても「三畳」から脱出したければ、そこをぶっ壊すか、引っ越すしかないのかなぁ。
三畳は三畳でしかないからね。


d0046294_2259255.jpg 私の人生は、スピードをあげて山も谷も駆け抜けて行く・・・・・・。

by anrianan | 2007-03-08 07:41 | ■とりあえず日記
<< 酔狂予言の卷 マシュマロGABA >>