<< マシュマロGABA 横浜元町・中華街 -2 >>
笑っちゃったよ
昨夜、同級生の男子たちと何年振りかで横須賀の“お太幸(オタコウ)”で会合。
要するに、飲み会。

まぁ、年々「個人差」が出て来るので怖いわさ。(笑)
おいおい、あたしもこんなにオバサンかい?
と恐怖で凍りつきそうになる風貌も出現して来る。

コーディネートをしてくれた辻田君は、いかにもメタボリック的丸顔になっていた。
本人は「写真写りが悪かっただけで、太っていないと信じていた」と主張する。
いまだ独身で、結婚に確固たるイメージを抱きながらさ迷う夢男君らしい思い込みである。
前回(何年前だろうか・・・・?)会った時には、話していると腹が立ったもんだが、昨夜は私も年をとったせいか、その「あまりの変わらなさぶり」が面白く、酒の肴に絶好であった。

同級生なので遠慮が無い。
普段から毒舌の私は、一層毒が増す。
小中学生の頃は「コワイ」と言われていたから、今更「優しい女」の猫をかぶる必要もない。
やったら気が楽だ。

既婚者の松山君は、中学二-三年生の時に好きだった男の子だ。
(と言っても、私は時々あちこちに心は動いていたのだが)
彼は私立の小学校にいたから、中学生になって突然現れた転校生のように注目を集めた。
いや、注目を集めた要因は風貌と物腰にあった。
いわゆる今で言うと「ジャニーズ系」で、白馬に乗った王子様的な雰囲気があったのだ。

成人式を迎えて何人かで再会した時に、
「あの時はさぁ・・・・・」
なんて恋の思い出話をして大笑いをし、私にとっては気の合う友達の一人になっている。
ここしばし会っていなかったが、昨夜みんなで話していたら、
「小中学校の時に気が合った人っていうのは、大人になっても気が合うよね」
という結論に達した。

もう一人、それこそ何十年ぶりじゃないかという稲垣君は、子どもの頃同様にやっぱり口数が少なく、おとなしいオヤジになっていた。
うんうん、と頷きながら話を聞いているが、その姿が私には萩本欽一さんに見えてしまったんだなぁ。
15歳の娘さんがいるっていうんだもの!
その感覚は、独身の私にはどーしても想像しきれない。
不思議というか、気色悪~ぅ・・・・・というか。

「15歳というと・・・・、私たちは中ニ(14歳)の時に、同じクラスだったんだものねぇ・・・・。
あのクラスは、ほんとに楽しかったよねぇ・・・・。」
と感慨深く頷き合う3人。
3人というのは、私と松山君と稲垣君。
夢男ことメタボリック辻田とは、一緒になったことが無いのだ。
いや、小学1年生と2年生で一緒だったらしいが、お互いに記憶に無い。
だから、私とは「合わなくても」当然だよねぇ・・・・、と思う。

でも君は非常に面白いっ! いいキャラしてるぜ。 いじくるのに恰好じゃないかっ! (笑)
もう、ちと遅いかもしれないけど、一度大人の恋愛を経験しなさいな。
「そこまで、に行きつかないんだよねぇ」
そうかい・・・・・・。
ね、同級生のよしみで教えてアゲルけどさ、どーして女性をゲットできないか、分かる? 教えて欲しい?
「うん」

なんて感じで、酔っ払いの傲慢女はまるで愚弟にのたまうごとく「ズバリ、言うわよ!」である。
もちろん、辻田君の反撃はとめどない言葉となって流れ出すが、
まぁ、一人くらいこういう「お子ちゃまオヤジ」が居ると観察に事欠かない。

いや~、私も結婚してないからさ。
男性から見たら
「やっぱりね(=結婚できないわけだよ)」
と思われる何かがあるんじゃないか、と。
もっとも、年々思考も変化著しくて、私は「結婚」なんて形はどーでもいいと思ってるわけ。
しかし、夢男にとっちゃ「結婚」の形にすることに必死なんだね。
「バカじゃないの?」
と、私がいかに「形」よりも「想うこと」が大切なんだよ! と言ってやっても分かんないのさ。
結婚した後の「難儀なこと」を列挙してやっても(このくらい想像つくわさ)、自分の描いている「結婚生活」にしがみついているわけだ。 結局ね、結婚してもしなくても、それぞれに長所・短所があるわけだからさ、と考えるわけ。

まぁ、今が20代ならいいけどさ・・・・・。 やばいよ、辻田くん・・・・・。

                彼らもこれを読むんだろうなぁ。 ふふふ・・・・・



しかし、そんな久しぶりの気楽な飲み会のせいか、昨夜はひどく楽しい「惚れられる夢」を見た。
相手の男性は知らない顔だったから、嬉しさはイマイチだったけど・・・・・・。

と言うわけで、本日(日曜日)は天気がいいのに気が抜けた炭酸水のようになっていた私は、ずっと気になっていた「金柑の木」を剪定することにした。
しかし・・・・・・・、ちょっとあまりに夢中になり過ぎて・・・・・・、切り過ぎかしら?・・・・・

d0046294_18303891.jpg


その上、隣りの「実をつけないアボガドの木」もデカくなりすぎて、風が吹くとバサバサとうるさいので、この際「春バージョン」でカットすることにした。

d0046294_18305511.jpg


でも、こちらも切り過ぎかしらね・・・・・?(笑)



さ、今夜は一人で何を飲もうかな・・・・・。
by anrianan | 2007-02-25 18:47 | ■とりあえず日記
<< マシュマロGABA 横浜元町・中華街 -2 >>