<< マシュマロGABA 横浜元町・中華街 -2 >>
笑っちゃったよ
昨夜、同級生の男子たちと何年振りかで横須賀の“お太幸(オタコウ)”で会合。
要するに、飲み会。

まぁ、年々「個人差」が出て来るので怖いわさ。(笑)
おいおい、あたしもこんなにオバサンかい?
と恐怖で凍りつきそうになる風貌も出現して来る。

コーディネートをしてくれた辻田君は、いかにもメタボリック的丸顔になっていた。
本人は「写真写りが悪かっただけで、太っていないと信じていた」と主張する。
いまだ独身で、結婚に確固たるイメージを抱きながらさ迷う夢男君らしい思い込みである。
前回(何年前だろうか・・・・?)会った時には、話していると腹が立ったもんだが、昨夜は私も年をとったせいか、その「あまりの変わらなさぶり」が面白く、酒の肴に絶好であった。

同級生なので遠慮が無い。
普段から毒舌の私は、一層毒が増す。
小中学生の頃は「コワイ」と言われていたから、今更「優しい女」の猫をかぶる必要もない。
やったら気が楽だ。

既婚者の松山君は、中学二-三年生の時に好きだった男の子だ。
(と言っても、私は時々あちこちに心は動いていたのだが)
彼は私立の小学校にいたから、中学生になって突然現れた転校生のように注目を集めた。
いや、注目を集めた要因は風貌と物腰にあった。
いわゆる今で言うと「ジャニーズ系」で、白馬に乗った王子様的な雰囲気があったのだ。

成人式を迎えて何人かで再会した時に、
「あの時はさぁ・・・・・」
なんて恋の思い出話をして大笑いをし、私にとっては気の合う友達の一人になっている。
ここしばし会っていなかったが、昨夜みんなで話していたら、
「小中学校の時に気が合った人っていうのは、大人になっても気が合うよね」
という結論に達した。

もう一人、それこそ何十年ぶりじゃないかという稲垣君は、子どもの頃同様にやっぱり口数が少なく、おとなしいオヤジになっていた。
うんうん、と頷きながら話を聞いているが、その姿が私には萩本欽一さんに見えてしまったんだなぁ。
15歳の娘さんがいるっていうんだもの!
その感覚は、独身の私にはどーしても想像しきれない。
不思議というか、気色悪~ぅ・・・・・というか。

「15歳というと・・・・、私たちは中ニ(14歳)の時に、同じクラスだったんだものねぇ・・・・。
あのクラスは、ほんとに楽しかったよねぇ・・・・。」
と感慨深く頷き合う3人。
3人というのは、私と松山君と稲垣君。
夢男ことメタボリック辻田とは、一緒になったことが無いのだ。
いや、小学1年生と2年生で一緒だったらしいが、お互いに記憶に無い。
だから、私とは「合わなくても」当然だよねぇ・・・・、と思う。

でも君は非常に面白いっ! いいキャラしてるぜ。 いじくるのに恰好じゃないかっ! (笑)
もう、ちと遅いかもしれないけど、一度大人の恋愛を経験しなさいな。
「そこまで、に行きつかないんだよねぇ」
そうかい・・・・・・。
ね、同級生のよしみで教えてアゲルけどさ、どーして女性をゲットできないか、分かる? 教えて欲しい?
「うん」

なんて感じで、酔っ払いの傲慢女はまるで愚弟にのたまうごとく「ズバリ、言うわよ!」である。
もちろん、辻田君の反撃はとめどない言葉となって流れ出すが、
まぁ、一人くらいこういう「お子ちゃまオヤジ」が居ると観察に事欠かない。

いや~、私も結婚してないからさ。
男性から見たら
「やっぱりね(=結婚できないわけだよ)」
と思われる何かがあるんじゃないか、と。
もっとも、年々思考も変化著しくて、私は「結婚」なんて形はどーでもいいと思ってるわけ。
しかし、夢男にとっちゃ「結婚」の形にすることに必死なんだね。
「バカじゃないの?」
と、私がいかに「形」よりも「想うこと」が大切なんだよ! と言ってやっても分かんないのさ。
結婚した後の「難儀なこと」を列挙してやっても(このくらい想像つくわさ)、自分の描いている「結婚生活」にしがみついているわけだ。 結局ね、結婚してもしなくても、それぞれに長所・短所があるわけだからさ、と考えるわけ。

まぁ、今が20代ならいいけどさ・・・・・。 やばいよ、辻田くん・・・・・。

                彼らもこれを読むんだろうなぁ。 ふふふ・・・・・



しかし、そんな久しぶりの気楽な飲み会のせいか、昨夜はひどく楽しい「惚れられる夢」を見た。
相手の男性は知らない顔だったから、嬉しさはイマイチだったけど・・・・・・。

と言うわけで、本日(日曜日)は天気がいいのに気が抜けた炭酸水のようになっていた私は、ずっと気になっていた「金柑の木」を剪定することにした。
しかし・・・・・・・、ちょっとあまりに夢中になり過ぎて・・・・・・、切り過ぎかしら?・・・・・

d0046294_18303891.jpg


その上、隣りの「実をつけないアボガドの木」もデカくなりすぎて、風が吹くとバサバサとうるさいので、この際「春バージョン」でカットすることにした。

d0046294_18305511.jpg


でも、こちらも切り過ぎかしらね・・・・・?(笑)



さ、今夜は一人で何を飲もうかな・・・・・。
by anrianan | 2007-02-25 18:47 | ■とりあえず日記 | Comments(16)
Commented by at 2007-02-25 23:13 x
アンリさん なんかご機嫌でいいですね~(^.^)
アボカドの木の後ろは梅ノ木ですか? アボカドも金柑も凄い変わりよう~ 思い切りの良さですね(^^)
私の幼馴染にも 独身の男性が居ますが 彼も彼の思い描く結婚の形がとても濃かったですねぇ・・・
それにしても 楽しいお酒だったようで良かったですね。 
Commented by anrianan at 2007-02-26 10:13
★渚さん、
庭仕事をやるとね、内容や結果はともかく、気持ちがいいからご機嫌になるかもしれませんね。(笑)
最近気持ちが沈み気味ですから、こういう時はいろいろ工夫しないと、引篭もってウツになるようで・・・。(^_^;)
植物に助けれると思うから、この家と庭に執着するのかもしれませんね。
いろいろと「こだわり」が強い人間は難しいかもしれない、と思いましたよ。みんな年齢とともに、それなりのこだわりが出てくるでしょうから、やっぱり晩婚は晩婚で難しい点もありますね。・・・・・
「絶対に結婚はいいよ!」っていう人がいたら、教えてほしいなぁ~。(笑)
Commented by としひろ at 2007-02-26 19:12 x
今度庭いじりに行きましょか?(爆)
結婚か~
自分は結婚はしないというか出来ないとずっと思ってたのに、なんか早かったな~
自然な成り行きだったような気がします。
現代社会で2人で生きていき、家族が増えるし、(親など)他に増える可能性もあるという中に置いて結婚という形が、制度的に有利といいますか、その方が問題が少なくなりそうだと感じました。
短気を起こさない為の保険かな?(笑)あとパートナーに対するお互いの責任感と意志の確認かな?
パートナーに何かしてもらおうでなく、何をしてあげられるかを考えられ、お互いの考え方のバランスが近いほどうまく行くような気がします。
結婚は新たなスタートだし、
結婚は制度や形であってそれ自体良いとか悪いとかは・・・
あとは2人(家族)の問題だと思います。
Commented by tomiete2 at 2007-02-26 20:41
こんな長い文書一気に書けるの・・・
 これ、一冊のエッセイ集に出来ないかな・・・  さくらももこみたいに
Commented by neo at 2007-02-27 09:02 x
間違っていたので、コメント入れ直しました。

歳を重ねると、考え方も深みを増してきますな〜
アンリさんと同世代(多分)の私も、一文読む毎にうなづいてしまいました。

最近聞いている曲の中で、こんな歌詞があります。

♪青春に期限なんて無い。
 探求心に歳は関係無いっ♪

まだまだ人生これから!っスよね?
Commented by anrianan at 2007-02-27 09:34
★としひろさん、
おはようございます。
>結婚という形が、制度的に有利  ・・・・ふ~む。
>短気を起こさない為の保険  ・・・・ふふふ。
>お互いの責任感と意志の確認  ・・・なるほど。
正直、現在でも女一人で生活していくのは結構キツイものがありますからね、経済的にも精神的にも。
でも、もっとキツイのは子どもを抱えて離婚した女性ではないか、と思います。日本全体に「格差」が出ているし、男性でも失業している人や職(食)につけない人もいる状態だから、その点では男女一緒かもしれません。だから誰か「つれあい」がいると、確かに心強いですね。
・・・・・・でも、気づかないうちに依存になっている場合も多いかも。それでもいいのかもしれないけれど、そうなると本当に「相手の幸せのみを祈る」という状態にはなれないかもしれませんね。・・・
一人の寂しさよりも二人で居る寂しさの方が、何倍も辛いのではないかとも思うし、結婚していても世の中不幸せそうな人が多いような気がしてしまうんですよ・・・。
どっちにしても都合の良いこと、悪いことは同じくらいだと思うから、現状の良いことを見ていた方がいいですよね。(笑)
Commented by anrianan at 2007-02-27 15:15
★tomiete2さん、
トムジーさんのような編集者がいればいいのに・・・・・・。(笑)
しかし、このようなものが世に出たら、私を恋人にしてくれる人もいなくなりそうな・・・・。
いえ、もうそのような野望も持たないようにしなければ・・・・・・。(^^;)

トムジーさんの詩集もいいと思いますが。(^^)v
Commented by anrianan at 2007-02-27 16:15
★neoさん、
んん? どこが間違っていたのか分からないぞ????(笑)

私たちの年代は、何でも中途半端なのだと思いますよ。
結婚していない人種(笑)を見ると、徹底的に恋愛して悟っているか(笑)、
中途半端な恋愛しかしていなくて大人に成りきれていない、(?)
の二つに分かれるような気がしますねぇ。・・・・・・

でも、諦めたらそこで終わりですからね。
私も「一寸先は光」をモットーに行きたいと思います。(^^)v
Commented by mojyao555 at 2007-02-27 16:27
同級生に会える機会があるなんて、凄く羨ましいなぁ。^^
私達に中にも、そういう事を企画してくれる人が居たらいいのに・・・って
思うよ。(私は思いっきり人任せ^^;)
って言うのが、どうしても会いたい人が居るの!!!
高校の時に付き合っていた人なんだけどね。
今でも3~4ヶ月に1回、夢に出て来るのよぉ・・・。
って、今朝もその人が出来てた夢を見たの。
いつも楽しい夢、高校時代そのままの夢なんだよね~。
今はmixiなんかも流行っているから、同級生を検索出来るしやすく
なったから挑戦してみたんだけど、無理・・・。
mixiに登録している人って、20代後半~30代前半が多いんだとか・・・。
あぁ、会ってみたい!
Commented by tengtian60 at 2007-02-27 16:49
こんにちは!^^

同級生との飲み会!楽しそうですね~^^
今年は私のほうもクラス会が有る年のようです。
過去に2度しか出たことが有りませんが、なかなかいいものですね。。

オトナになりきれない人って、ちょっと厄介ではありませんか?(笑)
夢でも惚れられるって気分がいいものでしょうね~^^
人をひきつける魅力っていろいろ有るでしょうが・・オババでは?(爆)

何事も諦めなければ、道は開けそうですね。^^
まぁ、このような話題に、オババが参入するのも難しいですが・・・^^;

遅れてしまいましたが、「春節」をやっとUPしました。

Commented by anrianan at 2007-02-27 18:33
★mojyaoさん、
え~っ! 昔の彼氏に会いたいの?! そりゃ、びっくりだぁ~!(笑)
私は好きな時が終わっちゃうと、と言うよりも、次の人が見つかっちゃうと、
前の人はまったく消えちゃうんだよねぇ・・・・・。それまではすごーーーーく好きでも。(^^;)
中二の時の彼は、その点マレに見る「好きな子~友人」にうまく変換したケース。
もっとも中学生の時は「大人の」恋愛とは言えないからねぇ。(笑)
でも、この辻田は5年生の時に好きだった女の子に会いたいんだそうだ。
ちょいと気持ち悪いよ~、と言ったんだけど。男性の方が未練たらしいのかな?(笑)
これが20代だったら、子供の頃の淡い恋から大人の濃い恋(お茶のCMのようだけど)に
変わる可能性もあると思うけど、30代40代でどーなの?(笑)
だんだんハゲて来たり、メタボリックになっていたり、白髪やシワが増えて来て・・・・・。(^^;)
あ、見た目は関係ないか・・・・。関係ない? そうかなぁ・・・・。(笑)
Commented by anrianan at 2007-02-27 18:44
★tengtianさん、
こんにちは!

tengさまの所はいつも同窓会のように、賑わっていますね。(笑)
素晴らしい活気です。(^^)v
ウチの母も「同級会」などというと、浮き足だって里帰りしてますわ。
まぁ、万一「老いらくの恋」があったとしても、「その歳になったらせいぜい楽しい余生を送れ」という気持ちですが。(笑)

オトナになりきれない人、これ意外に多いですよね。
しかも「中高年パラサイト」の時代ですって!
私たちの年代で親の文句を言いながら、一緒に暮らしている甘ったれは多いですからね。
「経済的自立」は「精神的自立」と関係があるように思うのですが・・・・。
別に多くを稼がなくても、一人で生活して見ると気づくことが多いもんですよね。

最近、いろいろな年上の女性を見ていると、「明るくて下品」は結構居るけど、「明るくて上品」という人が少ないなぁ・・・・と感じています。日本全体が下品になっている、と北野武監督が言っていましたが、私もこれを頭にたたき込んで歳を重ねていきたいと思っております。・・・・
Commented at 2007-02-27 21:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by anrianan at 2007-02-28 07:25
★カギコメさん、
ありがとうございます。
やっぱり親戚なんですね。(笑) 今朝ウチの木蓮を改めて見たら、
なんだか枯れ木になってしまっているような・・・・・・。(;_;)
Commented by オスカルの父 at 2007-03-01 10:34 x
こんにちは。
いいお友達をお持ちですね。
大人になってからも、気楽に意見をかわせるなんて。
私は子供の頃の同級生とほとんど会う機会もなく、ましてや昔から硬派な私(?)は気楽にお話できるご婦人(同級生達はもう立派なマダムでしょうから・・)なんて皆無です。
何故か町会や近所の私の母親より上の世代のお母様方には、可愛がっていただいているのが、いいのか?悪いのか・・?(^0^;)
今後annriさんはその中の人と電撃恋愛から結婚なんて、ひょっとするとひょっとするかも・・?
Commented by anrianan at 2007-03-02 12:00
★オスカルの父さん、
こんにちは~!
私はあまり学生時代の友達で今まで続いている人はいません。特に女友達は。
社会に出てからの方が、長い付き合いの友達に出会えています。
たぶん、人間って子供の時からすでに人格というか、思考というか、価値観のようなものがある程度出来上がっているような気がします。
男の子の方が気を使わずに付き合えたから、昔から男友だちの方が多かったです。
でも電撃恋愛はありえません。(笑) 可能性があったら、今までにその兆しくらいはあったはずですから。(笑)
やっぱりね、いいと思う男はみんな結婚しちゃってますよ。(あ、女の場合も同じか・・・・)(^_^;)
<< マシュマロGABA 横浜元町・中華街 -2 >>