<< Merry X'mas ♪~ 最近、ふたたび・・・・・ >>
黄昏(たそがれ)
夕暮れを見ながら、私の気持ちもたそがれています。(これは18日の夕暮れです)
私の人生もたそがれ・・・・・・・、な~んてね♪

d0046294_16515786.jpg


先週の金曜日には、横浜の叔父夫妻に中華街でご馳走になりました。
久しぶりの再会でしたが、それよりも中華街の派手さは何度見てもブッタマゲーションです。


d0046294_952536.jpg階段の両脇に狛犬さんが居るのは日本でもよく見る光景ですが、現在クリスマスシーズンのせいか真ん中にデンッ!と電飾で光り輝くクリスマス犬が鎮座しています。
「御利益ありそう・・・・・・」
とは、とても思えませんでした。(笑)

一応階段を上がって、ぐるっと首だけ回して見渡し、早々に出て来てしまいました。
(なんでこうやって「赤い提灯」が好きなんだい!)
と心の中で呆れながら・・・・・・・。


レストランは、この階段を下りて真正面に見えます。
名前は覚えておりません。(なぜ、私は名前を覚えないんだろう・・・・・?)
多くの芸能人が訪れているらしく、会計の後ろの壁一面に色紙が飾られていました。

d0046294_954768.jpgたとえば・・・・・・・、
誰も覚えていません。(笑) そもそも、芸能人にもあまり興味がないのですね。



この時よりも時間を遡って、この日の午前中。
キネシオロジーの初治療を受けました。
「どこが悪いの?」
と聞かれても、・・・・・・
「性格? 頭? 顔?・・・・ぐらい」
という冗談はさておき、英国の研修でより深めた知識と技術を使って、カリスマKが私の問題点を探ります。

最初に“カルテ”なるものを書きましたが、
「非常によく(自分を)見てますね。よく書けてます」
と小学生のように誉められはしたものの、いくつかのやりとりをした後、
「なにかガツンと来ないんだよなぁ。根本の問題がここには(書いて)ないような気がするんだ・・・・」
ということで、筋反射を使いながら私の「潜在意識からの根本的問題」を探すことになりました。

(ひょ~! おもしろそう!)
というノリの私はまるで推理小説を読み進めるように、チラリとのぞく1本の解決の糸口を見つけ、また次の1本を探って引く・・・・というような作業の行方に好奇心がそそられます。

で、“個人情報保護法”もあるので詳しくは述べませんが、(笑)
結果的から述べると、
私の7歳の時に起こった大きなショックが、演劇をやっていた時にある芝居を観ていてスイッチングし、後に結核の病気を引き出した・・・・というのです。

ん~・・・・・・・・・・・・・・・・・・、ほんとかぁ?
不思議だぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・、記憶がない・・・・・・・・・・・・・・・・・・、
だって、「潜在意識」だもんなぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
じゃ、「深く考える」ってどういうこと? 考えることは無駄ってこと?

これまた、いろいろ疑問が浮かんできます。


で、「原因」を見つけたら「修正」を行うわけですが、
私のナントカポイントという“生命の源”のようなものが、一般的に「生きている人間」は胸のあたりにあるらしいのですが、私はかなりお臍近くまで下がっていると言われました。
「死んでいる状態に近いね」
ということになるのだそうです。
朝起きられなかったり、睡眠をたくさん取りたがるのもこれが原因していたらしいです。

私に合う「魔法の杖」(笑)を使って、このナントカポイント(※実は“アッセンブリッジポイント”といいます)
「本来あるべき正常な位置」
に戻しました。(・・・・ということです)
そして、“アミノ音叉”を ガァ~ン! ガァ~ン! ガァ~ン!・・・・・と七回鳴らしました。

いただいた処方箋は「ホメオパシー」と呼ばれる直径1ミリくらいの砂糖玉で、朝晩1粒ずつ舐めるようにと15日分です。(もちろん、この日数や回数なども筋反射で調べます)
ところが、薬と言うものを飲みなれていない私は、今“忘れないように”するだけで精いっぱいというのが正直なところです。


何が変わったのでしょうか? 
今のところ、まだピンと来ていません。
だけど、記憶にない「潜在意識」での書き換えが行われたとしたら、「意識」で感じられなくて当然のような気もします。
気が付かないような小さな一つ一つの行動や選択が、変わっているのでしょうか?

この小さな砂糖玉が終わるのは12月30日。
まるで他人を観るような感覚で、「自己検証」が続きます。
今年中には「7歳前の私」にリセットされるわけですな!(笑)

  まるで、XPの「システム復元」のようじゃないか・・・・・・。




翌土曜日は、横須賀芸術劇場で「江原啓之さんとアマデウス室内オーケストラ」のコンサートがありました。
今年は、江原啓之さんのサポーターズクラブでの抽選は全滅で、このコンサートチケットはふーちゃんが
「新聞広告に出ているよ!」
と教えてくれて、やっと取れた「今年最初で最後」のチケットです。
そのせいなのか、なんなのか・・・・・・。

江原さんが一曲目の「アニュス・デイ」(組曲「アルルの女」から)を歌い始めてしばらくすると、涙がボロボロと流れ出して慌てました。
(なんで私は泣いているんだ?!)
感情とはまったく違ったところで、勝手に涙腺が開門しているという感じがしました。
言霊? 声(音)? はっきりした理由は分かりませんが、胸がいっぱいになった感覚は事実でした。

d0046294_9161912.jpg帰りは久しぶりに、「ドブ板通り」を抜けて横須賀中央駅まで歩きましたが、年々街の様子がさびれていくような印象を受けました。

ふと、今まで気づかなかった細い路地を見つけ、
「へぇ~! こんな所にこんなのがあったのかぁ・・・・・」
と新たな発見が楽しかったです。





一夜明けて日曜日は、タッチフォーヘルス・レベル1のセミナーでした。
私は前回レベル3から参加していますので、基礎を飛び越えて徴候していたわけですが、これでようやく
(ああ、なるほどね~)
などと、いろいろなところで納得したりしています。
体にはたくさんの筋肉がありますが、その中で主な14筋肉の強弱を調べる方法を学びます。

この筋肉は、同じ人間のものであっても悩みや精神状態で強弱が変わります。
病気などの人は、その病気や弱い臓器によって価する筋肉が弱くなっているのですねぇ。
心配事や悩みがいずれ引き起こすであろう病気を、筋肉が知らせるということも言えるかもしれません。

でもね、「筋肉が知らせる」というよりは「自分の潜在意識が筋肉を通して教える」ということのようです。
d0046294_916494.jpg一例ですが、脳梗塞を引き起こした場合には棘上筋(きょくじょうきん)がぶらぶらに弱っています。
ここをマッサージしてリンパの流れをよくしてあげると良いそうです。
もちろんこれだけではなくて、その人にあった他の調整法と組み合わせることは必要ですが・・・。



ということで、駆け足での近況報告でした。
とにかく、今の私のライフスタイルは
「あまり良い状態と言えない」
と私は感じておりますが、詳しく述べますとまたまた長~くなってしまいますので、
今日はこの辺で。(笑)


   出来るだけこまめに更新したいと思っておりますので、またお越しを・・・・・・・。
by anrianan | 2006-12-20 15:12 | ■とりあえず日記
<< Merry X'mas ♪~ 最近、ふたたび・・・・・ >>