<< すっかり紅葉・・・・・・? す... ヒーリングチューニングフォーク... >>
ホテル志戸平 -続編
子どものころから、
「おまえは“寸鉄人を刺す”から気を付けろよ」
と言われていた。
そのころはピンと来なかったけれど、さすがに近頃は
「なるほどぉ・・・・・、こういう事かぁ」
と思うことが多い。

私の場合、「五寸釘」で打ち込んでいるかもしれない・・・・・・。

*前回の話はこちら

d0046294_22543081.jpg母がくれた一万円を握りしめて、いや、財布の中に入れて、私はフロントに走った。
もう一人の私が
(どう、どう・・・・・)
と、馬をなだめるように声をかける。
(そうだよ、冷静に、冷静に・・・・・)

フロントの前に着く。 ドキドキしている。走ってきたドキドキではない。 
これから抗議をしようとしているドキドキだ。
前の客の用件が済んで空いた。
私はわざと、ゆっくりと、ロウギアに入れた動作で、一歩二歩とフロントに近づいた。


「先ほど部屋の方から電話をしたものですが・・・・・」
と第一声は穏やかだった、と思う。

「やはり、部屋を換えていただこうと思います。 私は東京の方から日程をやりくりして里帰りしたので、何もホテルに来なくても良かったのですが、両親が“私の誕生日に”とプレゼントで連れてきてくれたんですね。・・・・・・予約の時も、部屋の希望を聞かれなかったといいますし、両親があまりに楽しみにしていたので、ちょっとあの部屋では納得できないんです。・・・・・・上のランクの差額分は私がお支払い致しますので(と言いながら財布から、母の一万円を出してフロントの上に置く)、良い部屋に換えてもらいたいと思います。母は二度と来ないと申しますし・・・・・、私も両親の家の方がよっぽど眺めが良いので、タイトなスケジュールをやりくりしてせっかく来た甲斐がこれでは無い、と・・・・・・。」

てな具合で、一気に言葉を並べ立てた。
大体私は怒っていると、黙って去るか早口でたたみ込むかどちらかになる。
最近は大人になって(?)というよりも、話すエネルギーと時間がもったいないので大方黙る。
でもこの時は、「言わなければならない」ので、自然早口になってうむを言わせぬ口調になる。

同時に、部屋にあったアンケート用紙の表裏に、ビッシリとクレームと要望を書いたものを渡した。
まったくもって嫌な客である。(^^;)

若いフロントボーイの“平静を装った動揺”は、手に取るように分かった。
すぐさま奥に引っ込むと、代わって別の男性が現れた。
見るからに「ワンランク上」の上司らしき雰囲気をかもし出している。
見た目もそこそこいいし、お品も良さそうだ・・・・・・。 この時点で私の怒りが弱まる。

男性が美女に弱いのは定説だが、女だって「いい男」には寛容なのである。


「先ほど、失礼と思いましたがお電話をさせていただきました」
それでも慇懃無礼なほどの丁寧さで切り出し、要点をかいつまんで部屋替えを申し出る。
すると、あっけないほどスムーズに
「別のお部屋をご用意させていただきましたので、こちらへ・・・・・」
と、その男性はフロントの外に出てきて歩き出した。
どうもそのつもりで彼が前線に出てきたようだった。
そして、落ち着いて見える彼にも多少の動揺を感じた私は、ちょっと可哀想になった。

「あの・・・・、部屋のカギは? お持ちになってますか?」
と私は声をかけた。 奥から部屋のカギを持ってきたかもしれないと思ったが、念のため。
すると、
「あっ!」
と両手でポケットの辺を抑え、慌ててカギを取りに奥に戻った。
多少の動揺ではなく、かなり動揺していたようだ・・・・・・。


私はいい加減な奴には、
「許せない!」
と徹底的に怒りをぶつけるか無視をするが、
真摯な態度で応対されると、とたんに同情を感じてしまう。
(切り替えも早いのである)

増築のために4つの建物からなるホテルは、とにかく広い。
しかも、最初の部屋は一番古い建物の3階で、新しい部屋は別棟の6階だから、迷路かと思うほどにエレベーターを乗り降りして、長い廊下を歩く。
案内をしてくれる男性と、
「長い道中無言でいるのも気まずい・・・・・・」
と思う間もなく、さすがにサービス業で訓練されている彼は、お詫びから始まり、私の意見に同意を示し、ホテルの増築経緯などを話してくれた。
そうなると、こっちも
「ほんとに、こちらも言いたいことを申し上げてすみません」
てなことになる。
すると、
「いや、確かに仰るとおりですから、こういう事はどんどん言っていただいた方が、ホテルのためにも有り難いです」
なんていうやりとりになる。
その頃には、お互いにうち解けた。


新しい部屋にまず案内されて、窓を開けると下には川の渓流が見える。
「ほんとは川の中程が見下ろせるお部屋を用意したかったのですが、本日は満室でして・・・・・・。
ここからですと、ちょっと川の端っこの景色になってしまうのですが・・・・・・」
と、私の様子をうかがう。
「もう、ここなら充分です。素晴らしい部屋で、両親もきっと喜びます。ありがとうございます!」
と頭を下げると、彼もホッとしたようだった。
d0046294_22512934.jpg

その後、再び迷路を通って(?)最初の部屋に戻った。
母が待っていた。
「お母さん、すごくいい部屋に替えてもらったから!」
と言いながら、主任の彼に紹介すると
「ああ、ありがとうございます」
と言うそばから、
「ほんとに、この部屋でねぇ・・・・・。家の方がずっと景色がいいと思って・・・・・」
と、すっかりオバチャンの井戸端会議風おしゃべりが始まる。
(もういいから。 私が充分言っといたよぉ・・・・・)

「でね、これから部屋を移るんだけど、お父さんの荷物どうする?」
私は早々に質問して母のオシャベリを切り上げる。

ホテルの方と三人で相談した結果、貴重品のカギは父が持っているので、それ以外の荷物は私と母で持ち運ぶことにした。
そして、父がフロントに部屋のカギを取りに行ったら、新しい部屋に移った旨を伝えてもらうことにした。

このホテルの男性、とっても良い方で(笑)、エレベーターの前で
「ここでお父様をお待ちしてご案内致します」
と言う。
「そ~んな! いいです、いいです、きっと長風呂で遅いですから。 フロントに伺ったらよろしくお願いいたします」
と私はお断りしたのだが、それにしても・・・・・・・。
父の顔を知らない彼が、どうやって父を待つつもりだったのだろう・・・・・・?(笑)

d0046294_22522168.jpg新しい部屋に入って母の驚喜は、案内してくれたフロントの方も見ていて嬉しかったに違いない。
「うわぁ~!・・・・・・」
子どものように天真爛漫な喜びようである。

部屋に入ると、左手に小さな寝室がありベッドが二つ並んでいた。
ジェットマッサージ付きの内風呂があり、しかも渓流が見える!
メインの和室は12畳だったろうか。 床の間も立派である。
そして一間弱ほどの板の間があり、そこに椅子とテーブルが置かれている。

発見!
部屋に用意されていたお茶セットの和菓子が違う!(ワンランク上だよ、きっと)
浴衣も各棟ごとに色が違うから、浴衣の色で泊まっている部屋のランクが分かるってわけだ。
(もっとも、これは常連じゃないと分からないことだけど)

新しい部屋に連行されてきた父は、
「余計なことをして」
と怒るかと思いきや、ビールを飲んでいたせいかご機嫌で、事の成りゆきを母が説明すると
「おまえが言ったから、部屋が替わったのか」
「うん」
それだけで終わった。
(あら~! 何も言わないわ!?)


父は最初の部屋の浴衣を着ていたので、私と母は着替えるように何度も説得した。
しかし、父は
「いいよ、俺はこれで」
と一向に応じてくれず、とうとう夕食にもそのまま降りていった。



夕食はバイキングである。
「ほら、お父さんだけ違う色の浴衣だよ。
(他人が噂しているように演じながら) なーんで家族であの人だけ、あの色なのぉ?」
と私は母に耳打ちすると、
「まったく・・・・・・」
と、母は父に諦めムードの苦笑。

しかし食事が始まると、有料のアルコールをバンバン頼み、好きな料理を運びながら楽しい時間を過ごした。
d0046294_22525730.jpg
母は、ソフトクリーム、雪見だいふく2個、果物などをせっせと運んできた。

「お客さん、デザートから召し上がるんですか?」と私。
「おっまえ、バッカだなぁ~」と呆れる父。
「いいんだよねぇ、好きなものを食べるのがバイキングなんだから。どんどん食べて!」と私。
しかし、しばらくすると
「これ、食べな」
と私に雪見だいふくが1個残っているお皿を差し出す。
「へ? 雪見酒っていうのはあるけど、酒に雪見だいふくってぇのもねぇ・・・・・・。(笑)
自分で持って来たんだから、ちゃんと食べなさいよね」と私。
「おまえ、なんで2個も持って来たんだ? ソフトクリームまで持ってきてんのに・・・・」と父。
「ん・・・・・(と指でつつきながら)、前の人が2個取ってたからさぁ・・・・・。お母さんもつい2個取っちゃったんだよ」
「全然、わっけが分かんない」
と私が言うと、母の横で父は本気でガッカリと首を傾げる。
私にはこういう天然ボケの母が面白いし、マジな父とのやりとりが滑稽である。


結局、「雨降って地固まる」ではないけれど、非常に楽しい一泊になったと言える。



翌日、クックを連れて、新花巻駅近くの宮沢賢治記念館周辺をみんなで散歩し、
私はそのまま新幹線にて帰宅。

d0046294_9273515.jpg


実は、後日談があるのだ。
帰宅後、私はHPで志戸平ホテルのページを開き、今回の件についてメールを出した。
新しい部屋に替えていただいた際の、ホテルの方の対応に感謝いたします、という内容だった。
もちろん今後の要望も書き添えたけれど。
翌日、速攻でフロントマネージャーから返信が来た。
ありきたりの返信ではなく、きちんと丁寧な長文のメールだった。

「活字は心が通じない」という人もいるが、私はそうは思わない。
その時に打ち込んだその人の心情やその人の思考が、行間から漂ってくる。

これによって、
「もう二度と来ない!」
と言っていた母も、
「来年もさぁ、また一緒に行こうってお父さんと話したんだぁ♪」
てなことになるわけです。


 ホテル志戸平は、いいですよぉ♪ (笑)

ポチッと応援してね。d(^_^)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2006-11-22 16:30 | ■とりあえず日記 | Comments(22)
Commented by tengtian60 at 2006-11-22 22:15
こんばんは!^^

ホテル志戸平物語~でしたね。^^
「どんと晴れ」でよかったです。(笑)
ホテル志戸平はTVで宣伝していますので、名前は知っていましたが
一度も泊まったことがありません。。
何だか・・・行ってみたくなりつつ有ります。(笑)
・・・デザートがよほどお気に入りだったのでしょう。^^
楽しいおなかさんですね。(笑)
まもるさん・・・ちょっと肩透かしでした。期待していたんです!(爆)
切り替えはワタシも早いですよ~^^
花巻は6月に「佳松園」というところに泊まりました。。なかなか良かったですよ。^^

お疲れさまでした。^^
Commented at 2006-11-23 03:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomiete2 at 2006-11-23 04:21
あとはめでたしですか。・・・・
客商売をやって、お客様の側に立ってみれば解るのでしょうが
ホテルというう寛ぎの場所を、ビルの壁だけの景観だったら
都会のビジネスホテル並ですよね。
 客は安方がいいが・・・・お年寄りだからといいて勝手に
部屋に押し込むなんて・・・・・・きっとこのホテルは長続きは
しないでしょう・・・・・お客さんの側に立ったサービスが出来ないことで
Commented by anrianan at 2006-11-23 09:10
★tengtianさん、
おはようございます。(^0^)/

このホテルは「絶好調」らしいですね。最初、私が「クレームをいう」といったら、母が「このホテルは今一番人が来ているから(言っても)ダメだよ」といいました。
そうなると、私としてはなおさら黙ってられない性格で(笑)、「これを鼻であしらうようだったら大したホテルじゃない!」と。(^.^;)
以前「ピンチがチャンス」と教えられましたけど、クレームを言うお客さんは逆にファンになる可能性が大きいので、その時の対応は大切ですよね。
マモル君は、大部大人しくなってきましたね。(笑)
やっぱり老いては子に従わないと・・・・ね。(^.^)b
Commented by anrianan at 2006-11-23 09:14
★カギコメさん、
おっ、おっ・・・・・・お恥ずかしや。(#^.^;) でもなんだか嬉しくて感謝です。
私は色々なものが、イッショクタになっているようです。 今、気づきました・・・・・・。
これからもバカを公開(後悔?)してしまいそうですが、今後ともよろしくご指導のほどを・・・・。m(__)m
Commented by anrianan at 2006-11-23 09:24
★tomiete2さん、
私も、「きっと年寄りだと思って適当に部屋を割り当てていたんじゃないの?」と言いましたら、両親も内心で同意していたようです。今までは「お前の言い方はキツイ」と叱られていましたが、今回は「無駄のない言い方だから、ここの(ホテルの)人もビックリしたんじゃないの」なんて笑っていましたから。(^.^;)
会員にまでなって、イチゲンの客よりも多く利用しようとしている人たちになんてことだ! と腹が立ちました。
上層部の人たちが、私の要望書に目を向けてくれれば、来年少しは改善されているかもしれません。(笑) 
新しい部屋に案内してくれた主任さんが名刺を下さったので、「今後はその方を指名して予約しなさい」と両親に指導してきました。(^.^;)v
Commented by オスカルの父 at 2006-11-23 11:11 x
こんにちは。
いやー途中までどうなることかと、ドキドキハラハラしました。(笑)
やはり、ホテルマンは紳士的な態度できちんとした対応してくると客としても気分がいいですよね。(^0^)
見事な終わり方で、読んでいて安心しました。
それにしても、そんないい部屋あったなら早く出せよ!と私なら少し暴れるかな?・・(-0-;)
Commented at 2006-11-23 11:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by anrianan at 2006-11-23 13:25
★オスカルの父さま、
地元では絶好調のホテルらしいです。と言っても、そういう時に油断する企業が下降線をたどるんですよね。たった一人の従業員の応対によって、その会社が評価されてしまうから、人材はまさに宝だと思います。
とにかく安い部屋を求める人もいるし、多少高くても良い部屋を求める人もいるわけですから、そこら辺は選択権を与えてくれないとねぇ~。
私も表面上は暴れていないけど、かなり発している「気」が暴れていたと思います。(^.^;)
Commented by anrianan at 2006-11-23 13:26
★カギコメさん、
ありがとう! 転送しましたよ♪ (^.^)v
Commented by at 2006-11-23 16:07 x
私もそういうこと黙っていられないタイプなので 参考にもなったし 同じ女性として きっぱりとした態度のアンリさんに胸がすくような感じです(^^) お金を出して受けるサービスに対する正当な権利の主張って 日本人は消極的な気もします。 慣れてないのか 人がいいのか・・・。クレームを言う事で更に不愉快になる場合もありますもんね。
志戸平ホテルの主任さんのような感じのいい人ばかりとは限らないですものね~。
でも こういったハプニングも 好結果でいい思い出ですね。
Commented by neo at 2006-11-24 00:36 x
いやはやなんとも (^^ゞ
私も同じ状況なら、同じ事をし、同じ思いで帰ってきたことでしょう。
以前、警視庁へメールをした事があって、
その時は捜査○課の課長から電話頂きました。
対応次第で、気分良くも、悪くもなりますよね。
私も日々仕事をしながら、
「クレームはありがたい」
と思いながらやっているつもりです。
「ホテル志戸平」
機会があったら、ぜひ行ってみたいです。
Commented by anrianan at 2006-11-24 07:37
★渚さん、
そうなのですね、事件も好結果で終れば「良い思い出」になるし、そのホテルのファンにもなるのですね。両親は来年も行こう、という気になっていますから、結果として良かったと思っています。
主任さんの応対も感動したけれど、フロントマネージャーのメールも感動しました。
私もWebで出店していた時に、一人一人のクレームやコメントに返事を書いて、寝る時間も無いときがありましたけど、やっぱりそれが大切なのだと感じます。
私も自分よがりの発言にならないように、ホテル側にも立ってこちらの落ち度が無かったのか、しつこいように色々質問しながら確認して、最後は一気に攻めていく(?)、っていう所でしょうか。(笑)
権利と主張って、紙一重で勝手な主張になってしまうから難しいですよね。(^.^;)
Commented by anrianan at 2006-11-24 07:42
★neoさん、
やはり、そうしますか。(笑)
警視庁にメールとは・・・・・、これもなんともやりにくいですね。(^.^;)
でも、私も権力や地位にあぐらをかいている人たちは嫌いだから、変だと思ったらぶつかっていくでしょう。
応対してくれた人の心のさじ加減で、こちらの気持ちが固くなるかほぐれるか決まるのですから、私もとても学ばされました。
母がよく「負けるが勝ち」というのですが、ほんとにその通りだと思うこの頃です。・・・・・・
そういえば、neoさんの近くなのかしら? 安曇野という地は。・・・・・
Commented by kazunori at 2006-11-24 21:47 x
あー
よかったですね(^_^)
志戸平はリピーターが多いと聞きます。

でも、客室選定は志戸平ミスですね。
調子に良いときこそ気をつけないと。

Commented by anrianan at 2006-11-25 07:04
★kazunoriさん、
ご心配ありがとうございます。(笑)
リピーターが多いことに納得しますよ。

宿泊したい条件が、人それぞれ違いますからね。
今のお年寄りたちは、結構お金には不自由していませんから、
「良い所に泊まりたい」という人が多いのではないでしょうかねぇ。
勝って兜の尾を締めろ、っていいますもんね。(^.^)b
Commented by tengtian60 at 2006-11-25 09:42
おはようございます!^^

昨日お隣さんご夫婦が2泊3日の花巻温泉旅行から帰って来ました。^^
宿泊は志戸平ではなかったようです・・・^^;
いろいろお話が聞けたのにと残念でした。。

今日はLion◎さんが大相撲九州場所に出かけるようです。
砂被りの席にいるからTVに映るかもしれないとおっしゃっていますが
知らない人をどうやって探せばいいんでしょう?(笑)
Lion◎さんのお友だちのreevさん(先日十和田湖でお会いした方)のお話では
チョイ色黒でいい男なそうです。(笑)
ワタシもヒマですね~^^
お忙しい方には申し訳有りませんが・・・昔は忙しかったのでいいのではないでしょうか。^^

Commented by neo at 2006-11-25 15:58 x
安曇野まで来るまで50分くらいでしょうか。
こちらに来るんですか??
おいでになる時は、是非ご連絡を!
Commented by anrianan at 2006-11-25 23:06
★tengtianさん、
こんばんは~!
先ほど帰宅。今お風呂を涌かしている間にPCを開いています。(笑)
花巻温泉旅行とは、聞いただけでも気持ち良さそうです。
私も露天に入って、うまい酒を飲んで、うまいものを食って(笑)のんびりしたいです。

相撲はほとんど観ないので、今の力士はあまりよく知りません。
しかしブルガリアの琴欧州(?)は知ってます。なぜって、かっこいいもんねぇ~!(笑)
繁忙期もあれば暇な時もありますよ、私はいつもこうやって交互にやってきます。
ほどほどの定番というのがありません。
結局こういうのも自分が創り出しているのだろうとは思いますが・・・・・。(^.^;)
Commented by anrianan at 2006-11-25 23:07
★neoさん、
結構時間がかかるのですね。
いえね、安曇野での仕事の話しがきているので、もしかしたら
行くことになるかもしれません。
ま、春まで考える時間はあるのですが・・・・・・。
Commented by neo at 2006-11-27 22:09 x
そう言うことなんですね。
冬の信州も、また良いもんですぜ。
Commented by anrianan at 2006-11-28 15:02
★neoさん、
そういうことでしたぁ。(笑)
雪見酒がうまそうですね! (^^;)

また後で、そちらにも伺いますね!
<< すっかり紅葉・・・・・・? す... ヒーリングチューニングフォーク... >>