<< 足元から! “音”の治療??? >>
SUNSHINE!
d0046294_75501.jpg


60の手習いでパソコンを習い始めて早6年(くらい?)の婦人が撮影したものです。
横浜の八景島を望む高層マンションから撮影し、太陽が刻々と上昇するにつれて
さまざまな光を放ちながら神々しく、美しく、変化した一連の風景の中から一枚をいただきました。

最近彼女はようやく会社生活から解放され、朝は散歩に出かけてデジカメ撮影を楽しむ日々。
自分で撮影した花々の写真を使って、来年のカレンダーを作成中です。
人は「やる気を持つか持たないか」で、随分と若さに違いがあるものだと学ばされます。

私は両親が離れて暮していますから、年配の方を見るとついつい両親とダブります。
私が自分の親のように思って接すれば、私の親も近しい人に親切にしてもらえるだろう・・・・・・
とどこかでいつも思ってしまうのですね。

と言っても、いつも親切な私というわけではありません。
電車の中で席を譲らないこともたくさんあります。強い老人は放っておきます。(^.^;)
だって、こちらだってヘトヘトなんですもの。


明日から、また当分家に落ち着けなくなります。
忙しいけれど、充実していられることに感謝しています。

やっぱり、トラウマの解消は大きかった・・・・・・。
日が経つごとに、その感覚が強くなってきます。
直後は
(大したことではない)
と思っていても、進む角度をほんの少し変更しただけで、
(まったく違う目的地に向かって進む船のようだ・・・・・・)
と感じる毎日です。

けれど、10年間消えずに苦しかった感覚も忘れずにいようと思います。
比較の対象があると、今の幸せに非常に敏感になれるように感じますから。
同じように苦しむ人のことも理解できるしね・・・・・・。
by anrianan | 2006-11-04 07:55 | ■とりあえず日記
<< 足元から! “音”の治療??? >>