<< タッチ フォー ヘルス -To... 寒い・・・・・ >>
ほんとうに収穫するもの、したいもの・・・・・・
秋は好きな季節である。
収穫の時期でもあり、これは私の人生においても同じようだ。
d0046294_1954215.jpg


ちょっと久しぶりに時間が出来た時に、紫蘇ジュースを作ってみた。
冷凍にしてあった梅の残りと氷砂糖を入れた。
そろそろ“いい塩梅”ではなかろうか、と試飲してみると、
「チョ~美味すぎ!」(笑)

ここに「酢」をいれても美味しい。
もちろん、焼酎をいれても極ウマ。
「さすが収穫の秋だ」と独りごちる。


冒頭にも書いたように、毎年秋になると運気が活発になってくる。
とずっと思っていたが、よくよく考えてみると10年前の大病以来、
そんなことはないことに、ここ最近気づいた。

大病というのは人生を変える、と言われるが
これは本当のようだ。

私はこの10年、あまりメリハリのない人生を生きているような気がする。
それまでは山あり谷ありの「ドラマティックな舞台」だったんだけど。


私は何事においても“力の限り走り続けた”から、どの時代でも目立っていたし、
「成せばなる!」という言葉を信じて来れたけれど、目立つとろくなことが無いことが分かったし、
近寄ってくる人間の目的が見えてしまったりすると、人間不信も強くなるし、
ということもあって、
「何事も目立たないように、裏方で働きたい」
という時期が、退院以降続いた。

しかし、「強きモノには弱く、弱きモノには強く」というイジメをする輩を見たりすると、
そういう意地悪な連中を撥ね飛ばすためにも、やっぱり地位を手にいれなければならない、
と思ったりもした。

だけど、モノ(地位も)やお金が人間の価値を決めるわけではない、と強い確信があるから
それを手に入れるためのエネルギーが出てこない。
名声やお金を手に入れた上で、
「本当に大切なのは、こういうものではなく愛である」
と言えばカッコイイし説得力もあるが、今の私が言ったところで
「負け犬の遠吠え」
といわれてお終いだ。

ま、そういう考え方や見方しか出来ない人間の方が
私から見ると「哀れな負け犬」なのだが・・・・・・・・。


でも、一番大切なのは「愛」なのだ!
これは私の深いところでの、確固たる“声”だ。
この「答え」を得たからこそ、この世での修行はもういらない、と感じている所もある。



個人の人生の物質的成功不成功よりも、この地球の残っている豊かな自然を守らなければ
「人間は本当に自滅するのではないのか? 平和を失うのではないか?」
という危惧が、私の中でだんだん強くなっている。

d0046294_19555398.jpg



なんだか、この世で生きていくというのは・・・・・・・、
          やっぱり私には難しいような気がする。
by anrianan | 2006-09-16 19:56 | ■とりあえず日記 | Comments(24)
Commented by としひろ at 2006-09-16 21:04 x
愛ですか~難しいですね。地位やお金を得るために走る事は案外簡単なのかな~と思ったりもします。(成功するかしないかは別として)介護、子育て、闘病などなど、自分の思い通りに行かないとき、健康でタダ走ってる時とは違う貴重な何かが見えてくるかもしれませんね。
思いどうりに行かないイライラを乗り越えねば・・・
Commented by オスカルの父 at 2006-09-16 22:21 x
anriananさんのお考えの通り、「愛」は大切ですよね。
でも人間は、すばらしいところもあると思います。
「愛」が大切だと思う心であり、考えは生きているからこそできること。
anriananさんが、この世に生を受けたのはご両親の「愛」があってのことで10年前の大病を治すことができたのも、ご家族の支えや「愛」があったからこそでは。
大丈夫!anriananさんに心の底から「愛」を捧げてくれる人もぜったい出会いますよ。あるいは、もう近くにいて気づいていないだけかもしれません。私もブログではかなりおちゃらけていますが、高校時代に本当に自分の人生に絶望していた時期があります。いつからか、逆転の考え「悪いことがあったら、必ずいいことがある。」を信じてきました。
anriananさんも信じて下さい。「自然の問題」も気づいて行動している人がたくさんいますし、「戦争」だってこれ以上人間のおろかな行為は、ないこと世界が分かってきている(アメリカは別)と思います。
だから私は、考えるのです。
私が100歳(120歳まで生きるつもり)になった時、戦争は過去のおろかな歴史上の出来事で平和な毎日を・・anriananさんはその時は、まだ○○歳?(笑)
Commented at 2006-09-17 02:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomiete2 at 2006-09-17 05:48
人間生きようとするから無理がある
生かされていることを悟る・・・・
悟れば楽になる・・・・・お寺のお坊さんのお話

愛されたいと思うから無理がある。
  自ら人を自然を愛すれば
  お返しに愛される・・・・・たんじゅんだな~~~このジィジィの言葉
Commented by anrianan at 2006-09-17 06:01
★としひろさん、
「介護、子育て、闘病などなど」は大変なことだけど、自分を必要とされている場でもあり、生きていなければと思える時でもあるような気がします。
思い通りにいかないイライラ・・・・といわれると、今の私はその通りなのかもしれません。世の中の役に立っている人間だという実感が欲しいのに、何もなくて「なんで生きている必要があるんだぁ!」という感じです。
昔は「人並み」が嫌でした。今は「人並み」の生活がほしいと思うのです。
動物や植物のように、ただ与えられた生をまっとうするだけで良いのだ、とも思いますが、そうできない私はやはり感謝が足りないのでしょうか。・・・
Commented by anrianan at 2006-09-17 06:18
★オスカルの父さん、
「悪いことがあったら、必ずいいことがある。」は、正負の法則ですね。(笑)
人生全体を眺めた時に「公平」に出来ているのかな、と思っていましたが、最近はどうやらその人生によって学ぶことも違い、過酷な人生もあれば、平々凡々に終る人生もあるらしいと感じてきました。
「愛する人に愛されない」というジレンマは確かにあるかもしれません。(親や身内は別です) 私は前世の記憶ではないかという鮮烈な夢を見たことがあります。その時代、物質的には非常に恵まれていたけど、「愛する男性に愛している」ということさえ出来ない環境に置かれていて、私は号泣して目が覚めました。だから、今世では「好きな人には好きだと伝えたい」という気持ちが強いのかもしれない、と思っています。
だけど、想う人とは「付き合う」という段階にさえ辿りつけない。これは「思い通りにいかないイライラ」でしょうか・・・・。
そうなると、恋愛というものは断ち切って「世の中のために役に立ちたい」という気持ちにスイッチするようです。広義の愛に変えることで、自分の落とし所を見つけているような気もしますが・・・・・・。
Commented by anrianan at 2006-09-17 06:36
★カギコメさん、
ふふふ、徘徊中ですね。(笑)
すごい楽しみが出来ましたね。私も母をハワイあたりに連れて行ってあげたいと思いますが、経済状況が気持ちについていきません。
病気が回復した後、母にお礼をこめてダイヤの指輪をプレゼントしました。そういう時って、「母ちゃんのためなら、エ~ンヤコラ♪」で働けるのですね。(笑)
ずっと昔のバブル時代に買ってあげた腕時計も母は大切にしていてくれて有難いです。そういう母の愛に子どもは育まれるのですね。
どれだけ母を裏切ったかしれません。なのに、よくぞ諦めず(母は「もう諦めたから」といいますが)、私の借金も立て替え、見放さずにいてくれた、と今になると言葉には尽くせないものがあります。
その母を喜ばせることも出来ず、世の中の役に立っているわけでもなく、自分の存在価値はなんなのだろうか? と思ってしまいます。
カギコメさん仰る通り、「活躍の場を得られないもどかしさ」かもしれません。人間は人に喜ばれていると感じて、自分も幸せを貰っているのだと思います。私の与え方が足りないのだろうか? とも考えますが、なんだか消耗している自分を感じてしまうのですよ。・・・・・
Commented by anrianan at 2006-09-17 06:46
★tomiete2さん、
いつも短い言葉の中に、深い意味を感じます。
「生かされていること」が、私には難行苦行に思えて仕方がありません。
私は「精神の安定」が一番の幸せだと思うのですが、これを得ることがこの世ではいかに大変か、とつくづく感じます。ここに辿りつくために、経済的な問題や恋愛や家族のことなどの諸問題が存在しているような気がします。
さしずめ、人生は障害物競走でしょうか。競争は必要無いけど、網をくぐったり平均台を渡ったり・・・・・、私はもう「やりたくない」のですけれど・・・・・。
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-09-17 09:00
anri さん、おはようございます!
だいたい 似たような考えでおります。
『腐ったブタ(腐敗した金持ち)より 痩せたソクラテス』 のこころ意気が好きです。

ただanri さんが 「この世での修行はもういらない」 と言われるところが
ちょっと わたしと異なります。

平和で愛に包まれた世界になっても アフリカ大陸の人口の爆発的増加が始まれば
地球の一部の人は お月さんか大型人工衛星に住まねばなりませぬ。
そのためには それを可能にするための科学を進歩させておかねばなりませぬ。

愛だけでなく、愛に裏打ちされた科学の前進が 常に必要と考えています。

そんなオッサンのモットーは、『日々勉強、一生勉強』 であり
毎日デジカメの勉強をしております。(^^;
Commented by kazunori at 2006-09-17 09:23 x
愛も気になるが
シソも気になります(^_^;)

未来に希望をお持ちになったら、どうでしょうか。
希望は心の太陽です(^_^)

Commented by parasail at 2006-09-17 11:38
私も自分の存在価値とは?とよく考えます。
仕事でも誰かの役に立ちたいと常に思ってしまいます。
それがかえって自分を追い詰める事になっているのかも?と
最近感じるようになりました。
もっと気負わずに生きていけたら、楽なんでしょうが、性分なんでしょうね、anriさんも。
ヨガのお陰でこんな自分でもじょじょに変わって来た気もしますが・・・
って、事で常に自分を観察し続けてみようと思ってます。
取り留めの無いコメント、失礼しました。
Commented by anrianan at 2006-09-18 08:21
★nakajimaakira1948さん、
愛に裏打ちされた科学の前進、ですか。・・・・・・・
私は月や大型人工衛星に住むということ事態、想像がつきません。
科学の発展の前に、与えられている自然破壊を食いとめることが先じゃないかな、と思ったりします。 科学が発展して人間は便利な生活を送っていられるわけですが、それによって水を汚し、木々を伐採し、異常気象を引き起こしているとしたら、どこかやり方に問題があるのではないだろうかと思います。
人口が溢れて宇宙に住むというよりも、自然環境の問題で地球に住めなくなるということになるとしたら、それは本末転倒かな・・・・・・と思うのですが。

akiraさんの写真を見ていると、ほんとに楽しんでいる空気が伝わってきます。
私にはそういう「楽しむこと」が無いのだと思います。燃え尽き症候群ってとこでしょうか・・・・・・。
Commented by anrianan at 2006-09-18 08:24
★kazunoriさん、
愛よりもシソですか。(笑) 美味いですよ、シソジュース。

希望や夢を持てるというのは、それだけで幸せなのだと思いますよ。
見つけようとしても、いつも見つかるものではないのですから。
Commented by anrianan at 2006-09-18 08:33
★parasailさん、
性分・・・・・・というのは、ありますね。
記憶にない子どもの頃に、「なぜ?」を連発して煩かったと母に言われましたから、
私の魂が「なぜ?」を解明したいのかもしれません。(笑)
櫻井よし子さんも子供の頃から質問が多く、母親に誉められたのだそうです。
そして自分でもディベートで負けないように勉強をしたそうです。
私は「うるさい!」と叱られて、特別に「勉強した」という記憶も無く、(^.^;)
ここらへんが違うのだな、と話を聞いていて思いました。
いろいろなことを大部、100歩譲って諦めるようになったのですが
それでも世間一般の度合いとまだギャップを感じるのも本音です。
あまりこの世が楽しいと思えない、のです。・・・・・・
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-09-18 12:06
anri さん、こんにちは!
人間は自然環境を何故破壊するのでしょう?何故破壊しなければならないのでしょう?
それは貧困から来ていると私は考えています。
貧困ってなんでしょうね。
「人より良いデジカメを持ちたい」も貧困根性でしょうが
突き詰めて考えると 「餓死しない」ということが根源ではないかと考えます。

未開の地に暮らす人々が、樹木を切り倒して売ったり、バナナを焼く燃料にしたり。
またある企業は 儲けるために 海に汚染水を垂れ流し、大気に黒煙を放出します。
企業が営利を貪るのも、社員に給料を払い続けたい、倒産しないでいたい、
それは 自分をも含んで、餓死したくない、から来ているのではないでしょうか?

食べないで 楽しく笑って餓死できるなら だれもあくせく働かないでしょうし
わざわざ しんどいめをして 自然を破壊することもないのでしょうね。

生物とは悲しい生き物ですね。
土から生まれて土に帰るまで ずっと
Commented by anrianan at 2006-09-18 13:09
★nakajimaakira1948さん、
長いコメント、ありがとうございます。
突き詰めて考えていけば行くほど、難しい問題だと思います。
ただ、インディアンのように「必要な分を取り、自然にもその動物にも感謝を捧げていただく」という精神性を持っていたら、必要以上に取り溜めて捨てたり、自然の循環を狂わせることはないのではないかと思います。昨日もTVを見ていて思いましたが、水が澄んでいて美しい湖に旅行した日本の若者が、大喜びでバシャバシャ入って行きながら騒ぐわけです。
そこに住んでいる多くの熱帯魚を驚かせないように、というような心遣いをなぜ持てないのか? 全てのものが人間と同じ生命を持ち、人間も自然界の一部であるという認識が無いからだと思うわけです。
人間は他の動物よりも知恵が少しばかり多いばかりに、畏れかしこみの心を忘れているとしか思えません。コンクリートビルの代わりに、豊かな山や飲めるほどの水が流れる川があった方が、どれだけ豊かなことかと私は思います。
たぶん、経済システムの中で生きている人々には、私の考えは受け入れられないのかもしれません。世間で「成功している」といわれる男性と話すたびに、その壁を感じます。
Commented by neo at 2006-09-18 17:46 x
「売上を上げましょう!」
「待っているだけではダメ。積極営業を!」
と、声高々に叫ぶ営業マン。(コンサルタントも)
物質的な満足は本当に幸せ?
企業のCMに踊らされ、消費を繰り返す生活は本当に楽しい?
米式消費生活に、疑問が吹き出る今日この頃。
Commented by アマリリス at 2006-09-18 18:00 x
アンリさん 美味しそうな紫蘇ジュース飲んでるのに 世捨て人みたいなこと言ってますね~。 今 ちょっと疲れているだけですよ ここをグッと乗り越えれば また違う発見があるかもしれませんよ。 
私もまだまだいろんな人に出会って乗り越える壁は沢山あると思っています。
物欲にも振り回される未熟者ですが いつか克服してやろうと思っています。
修行を止めたい と思っているうちは 中々修行は止めさせてもらえないいんじゃないかな・・・
アンリさんの考えを受け入れてくれる男性も 必ずどこかに居ると思いますよ ただ まだ 出会っていないだけですよ。(⌒-⌒) 
Commented by anrianan at 2006-09-19 06:49
★neoさん、
いつの時代も生活がままならないほど「お金」が無いと、そりゃ辛いと思いますけど、今の日本はモノを大切にしなさ過ぎ。 過剰な包装もプラスチック容器も「勿体無い」と思わないのでしょうか。
昔は何でも生産するのが大変だったから、高価だけど大切に使おうという気持ちが働いたと思うのです。畳もね、としひろさんのブログに書き込んだのですが、宇江佐真理著『幻の声』の中の「備後表」を読んでみて下さい。色染めした中国の大量生産品なんか使いたくなくなります。
日本人は、ほんとに意識を崩壊させられてしまったのだなぁ、と感じます。
Commented by anrianan at 2006-09-19 06:58
★アマリリスさん、
仰る通りですよ、きっと。・・・・・・ 「美味しそうな紫蘇ジュース飲んでるのに」で笑ってしまいました。 ほんとに美味しいんですよ、これ。(笑)
私は物欲が無いわけではないですけど、家電が次々と壊れ、買い替えることが出来ず、最初は不自由を感じていましたが慣れると怖いもので、無くて普通になってしまうのです。ここまでいろいろ無くなってくると、江戸時代の生活に戻してしまうくらいの生活でもいけるんじゃないだろうか? なんて思えてしまいます。
ほんとに「修行を止めたいと思っているうちは、止めさせてもらえない」は、結核で死にそこなった時につくづく感じました。 しかし、ちょっとメゲると「(あちらに)帰りたい」と思う逃避癖(?)のまま10年。人間はなかなか変われない。死んでもバカは直らない、と聞いてゾッとしました。(^.^;)
Commented by tengtian60 at 2006-09-20 07:01
おはようございます!^^

紫蘇ジュース、まだ残っています?^^
かなりめげることが沢山有りましたが、まだこちらでウロチョロしています。(笑)
一度大きなめげ方をした後は、あまり動じなくなった気がします。
今までの人生において2度大きな波を受けましたが、しぶとくこうして
「もののけ」のようになってしまいました。(笑)

最近のNHKのドラマがワタシを元気にしてくれました。^^
Commented by anrianan at 2006-09-21 22:57 x
★tengtianさま、
あら~、気づきませんでした。ごめんなさい。m(__)m
時によっては、なんだかコメントが反映されるのに多少時差があるような・・・・?
私も肺は2度ほど潰したり穴を空けたりしましたので、人生に夢や希望を
持たなくなりました。スピリチュアルなんてものを理解してくると、幸せになるかと思いきや、「幸せ」にもいろいろあるようで、物質的な幸せを私は望んでいないと確信をしてからは、生きる(=修行)の意味も分からなくなりました。

NHKというと、「チャングム」かしら?(笑)
私も薬膳に興味があるのですが、TVが映らない・・・・・・。(^.^;)

とりあえず、今日はレスはここまでにしておきます。(酔ってます)
Commented at 2006-09-22 07:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by anrianan at 2006-09-22 09:30
★カギコメさん、
お~や! 「そういうこと」が起きて欲しい♪ という願望があるってことですね。(笑)

そうなんですよね、男性が10や12年下でも、二人とも70、80のバーサンジーサンになってしまえば、見た目もボケも(!)歳の差はまったく関係なくなるんですよね。(笑)
私が小学5年生の時、1年生の男の子に「結婚してください」といわれた事があります。それが最初で最後のプロポーズだったらどうしよう。(笑)
で考えてみると、その時7歳だった子は私とたった4つ違い。当然今はオヤジでしょうね。(笑)
30代になると、男女ともに個人差が出てきて見た目と歳が比例しなくなるじゃないですか? 年齢で判断する世の中一般に、私は割り切れないものを感じています。

藤間紫さん、でしたっけ? あの方のように、歳を重ねて品のいい色気を身につけていきたいものです。
<< タッチ フォー ヘルス -To... 寒い・・・・・ >>