<< 採れたてっ! 魔法のことば >>
夏の終り
夏も終りに近づき、日の出の位置も大部移動してきた。
先日写した同じ場所から・・・・・ (8月21日の朝) ※クリックすると巾800になります

d0046294_882445.jpg


もっと太陽に近づきたい人は、こちらを・・・・・・

d0046294_891698.jpg


ほんとは、房総半島から立ち登る瞬間の太陽を写したいのですが、
日の出タイムが私の起床タイムよりもちと早いので、こうなってしまうわけです。

なに? 日の出に起床を合わせろってか?
むむむ・・・・・・・・、そりゃ、そうしたいんだけどさぁ・・・・・・・・

明日こそ、明日こそっ! と、一応は思っているのですが・・・・・ (^.^;)


この江戸湾・・・・・・じゃなくて、東京湾は写真で向かって左手になります。
その手前に房総半島の先端と横須賀の観音崎灯台がある地図でみると一番狭い場所。
よって船の事故も一番多く、潮の流れは「走水」と地名がつくごとく速いそうです。
走水神社にはオトタチバナヒメが祭られ、戦時中は出征する人々が訪れたそうです。

オトタチバナヒメの命をご存知ですか?
夫“ヤマトタケルの命”のために海に身を投じて海神を鎮めたヒメです。
「たとえ火の中水の中・・・・・・」と言いますが、
まさに愛する夫のために、水の中に飛び込んだのですね。
私の中には彼女の分霊(わけみたま)がいる、と信じて疑わない・・・・・・・・かな?  (^.^;) カナ?

おっと、よって右手は太平洋となり、アメリカまで続く大海原です。



江戸時代には、多くの帆船が海上に浮かんでいたのではないか・・・・・・、
と想像すると、これもまたロマンなのでありますよ。
by anrianan | 2006-08-22 07:56 | ■とりあえず日記
<< 採れたてっ! 魔法のことば >>