<< 魔法のことば ちゃんっ! >>
たすけてぇ~!!
最近、鳴き止まないワンコ「大五郎」などを見ていると、
大人が子どもや動物に与える影響などをつくづく考えてしまうことが多い。


今でこそ、私と母は“親友”のように付き合っているが、
子どもの頃には、今だから笑っちゃえるようなケンカをよくした。

d0046294_13101137.gif3-4歳の頃(というと、大五郎の頃だ)、(^.^;)
私は「ディズニー」のシンデレラが描かれた目覚し時計を買ってもらった。
そして私は母に
「X時に鳴るようにして」
とお願いをしたのだと思う。

翌日、鳴らなかった。
よってその時間に起きそびれた。

別に会社に行くわけじゃないし、だからといって
どんな問題が生じていたのか、当時の幼い私の
心境を思い出すことは出来ない。
ただ、その時間に起きることが出来なかったということに、非常なこだわりがあったのだと思う。

「なんで鳴らなかったの?」
を繰り返し聞いた。
母は適当に答えたのだが、実の所、セットをし間違えたのではなかったかと思う。
そして、私は母のあいまいな解答に納得しなかったのではないか。
だから何回も何回も聞いて、ごねた。

母は閉口し、答えなくなった。 無視作戦に出たわけだ。

そうすると、より意固地になって私はごねまくった。
「ど~してぇ!」「なんでよぇ~!」「鳴るようにして、っていったのにぃ~!」
(関心をこちらに向けようとする“あのワンコ”のように・・・・・・)

台所に立って野菜を切っていた(?)母は、キレた!
「○※△X・?~▼*!!」
たぶん、「うるさいっ!」ってなことを言ったんだろうと思うけど、
包丁を持ったまま、こちらに向かってくる母の形相と勢いに完全にたまげてしまい、
何を言っているのか聞き取れぬまま、私は押さえつけられて包丁を頭に当てられた!!

ギャ~ッ! と泣きながら、
「ゴメンナサイ、ゴメンナサイ、ゴメンナサイ・・・・・・」
「もう言わないからぁ・・・・・・・」
ゥワァーンと泣きながら命乞いをしたのだった。
d0046294_1311026.gif


母の決めゼリフはいつも、
「お父さんに言うよ!」
すると、いかなる理由で怒られていたのかはまったく関係なくなる。
ひたすら「コワイお父さん」に知られることを恐れて、
「ごめんなさい。お父さんに言わないでぇ~!」
と泣き叫ぶ。
すると、今度は泣いてうるさいものだから
「泣くのをやめないと、お父さんに言うから!」
うぅぅ・・・・・・、と我慢して大五郎になる。

オイオイ、それは母上の都合による脅迫じゃないのかい? (^.^;)


そして、8-9歳になると私もますますもって生意気になる。
「なんでもすぐ “お父さんに言うよ” っていえばいいと思って!」
と言い返す。
いつからか、母はその脅し文句を使わなくなった。


母は非常に忍耐強いのだけど、その我慢のツケが10年前の「蜘蛛膜下出血」だった。
「耐える」という修行をしてきた人なのだろう。
その負荷がある日、絶えられなくなって爆発してしまった。
包丁を持ってキレなくなったけど、頭の血管が切れてしまったわけだ。


それからの母は、何かがすっぽ抜けたように変化した。
娘の私が言うのも変だけど、依存心が無くなり、よい意味で割り切りと諦めが早い。
私は未だに父にモノ申せないが、母は自分の意思をはっきり申し上げるようになった。
親子の依存が無くなった分、二人でいろんな事をぶっちゃけて話すようになった。
(いや、私の中にはまだ甘えが残っているのだけど・・・・・)

私は幼心に「包丁事件」はあまりの鮮明な衝撃で忘れられず、
人間の気質・気性というものは、一生かけてもそうそう変わるものではないのだ
と思えてしまう出来事なのであった。



母も私も同じ時期に死にかけて、二人とも「助からない」と言われていたのに、
順調に回復してしまったしぶとい母娘だから、生死は「寿命だ」と確信している。

母は頭の爆発以来、
「同じ人生ならさ、楽しく生きなくちゃつまらないじゃ~♪」
とより一層、楽天主義に拍車がかかった。

それに引き換え、私はまだ「なぜ生きるのか?」なんて考えている。
母の閾に達していないのは、齢のせいなのか、性格のせいなのか・・・・・・・。

「なぜ?」「どうして?」
と突き詰める性格も変わっていないようで、三つ子の魂百まで、である。


親と子は別々の魂なのだけど、親自身も気づいていない意識を子どもは感じ取り、
ある種の洗脳を受けて成長し、親と同じ人生を歩むことが多いと感じてきた。
そういう点では、父や母とまったく違う人生を送っている私は成功したといえるだろう。


    ん・・・・・・・、本当に成功なのだろうか・・・・・・・。(-_-;)

                                   (by 哲学者)
by anrianan | 2006-08-18 16:24 | ■とりあえず日記 | Comments(10)
Commented by としひろ at 2006-08-18 20:37 x
私はまだ「なぜ生きるのか?」
まだやり残した事があるのでは?
なんてね。
今の状況と違う何かが起こると、今と違う考えが浮かんだり、諦め=前向きだったりして(笑)人はいろんな人に影響されながら生きていますね。
私もいらんな人におおいに影響されたいと思ってます。(笑)
う~ん!わけわからん(笑)
Commented by tengtian60 at 2006-08-19 07:14
おはようございます!^^

女の子って、母親に辛辣なこと言いますね。ワタシも言いましたし、言われました。^^;
おなかさんの過激な描写!いいんですかぁ。。(笑)

知らないことは気になる方ですが、突き詰めることもあるし、ソウでないことも有るし・・・いろいろですね。。知らないことが多すぎるからもう間に合いません。(笑)
この2日で感じたこと・・小さい子と思って対応したらしっぺ返しが有るということ。^^;子供って成長が早く、ビックリするようなことを言いますね。。ムカシより大人びているなぁと思いました。
明後日違うマメ台風がやって来ます。こちらは手ごわいかな?(笑)

>>親と子は別々の魂・・・・成功したといえるだろう。
  この点ならワタシも成功ですね。(^_-)-☆
Commented by anrianan at 2006-08-19 09:51
★としひろさん、
まだやり残した事がある・・・・・私は「もうOK!」と思っていても、
そう簡単には天国の門を通してくれないようです。(^.^;)
諦め=前向きという感覚もいいですね。 私も諦め=執着を手放すという解釈をしています。
ダメなものはダメだし、といってもやるだけのことはやって諦める、というのがベストだと思っていますが。 ・・・・・最近は根性がなくなって、ベストを尽くす前に諦めちゃうことが多いからダメですね。(-_-;)
人と接することで流れがどんどん変わっていくから、私も人と会うのは好きですよ。(^.^)v
Commented by anrianan at 2006-08-19 09:59
★tengtianさん、
おはようございます!

私は以前、母を「父に頼って自立してない」から、母のような人生は送りたくないと思っていたのですね。 時代の違いもありましたし、たかだか10年の違いでも女性の生理感とか思考はどんどん変化していると思っています。
だから通じない人には通じないのですが、母は頭の血管を切ってから「通じるようになった」ということです。というよりも、私も追いつけない所に進んでしまったな、という感覚があります。
だから、たまに「ご意見」を聞くとアッサリスッパリ判断し、「マイッタ!」と思います。(笑)

私が3歳の頃、母は28歳。 どう考えても人間として、女性として、まだまだ未熟だったと思います。最近じゃ、キレて子どもを殺しちゃう人が増えているわけですから。(-_-;)
私は子どもを子どもとしては扱いません。 魂ではすべて分かっていると思うので、対等な人間として接します。だから、大人を舐めている子どもは怖がって近寄って来ませんね。(笑)
逆に近寄ってくる子どもも居る・・・・面白いです。
Commented by kazunori at 2006-08-19 11:58 x
親は同姓には厳しいですよね(^_^;)
鮮明に覚えてますか(×_×)

大きくなって子供に聞いたら
我が家なんか、イッパイあるだろうな(^_^;)

なぜ生きるか?デスカ
人によって答えは違うでしょうが
人の役に立つよう、生かされているのかなー。



Commented by anrianan at 2006-08-19 12:09
★kazunoriさん、
確かに、同性には厳しいかもしれませんねェ。(笑)
でも、影響が強いのは異性の親だと言われますよ。
娘なら父と、息子なら母との関係がスムーズだと恋愛も結婚も
割合スムーズなようです。
ウチは、二人ともダメですねェ。 (^.^;) トホホ・・・

人間は「人の役に立っている」と思える時が、一番幸せですね。
その逆に「あまり役に立っていない」と思うと、生きる気力を失うのかもしれません。
Commented at 2006-08-20 03:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by anrianan at 2006-08-20 07:19
★カギコメさん、
「ここへ来るしかない・・・・」 嬉しいじゃござんせんか!(笑)
私も実は1時ごろから1時間ずつ目が覚めて、というよりも眠れなくて
悶々としていました。でも起きたくなかったので、意地になって死んだフリ。(爆)
太陽が昇ると暑くて眠れなくなるので、仕方なく起きました。
ちょっとまた「心の病」に入りそうで、・・・・・・・・。(-_-;)
Commented by しゅうげん at 2006-08-21 18:56 x
実は僕も母親に包丁突きつけられたことがあるんですよ。
勉強する振りして、しなかったからな~^^;
まぁ、普段はやさしい母なんですけどね。
親も人間、悩みながら生きているんですよね。
心の病、鍼は効かないかな?
(o^∇^o)ノ
Commented by anrianan at 2006-08-22 20:53 x
★しゅうげんさん、
あらまぁ~、似たような体験をしているんですね。(笑)
誰もが未熟な人間ですからね、母も若かった頃は随分悩みながら
子育てをしたのだと思います。子を育てながら親も育てられる、といいますから。
今の親はキレて殺しちゃうんだから、話になりません。
チクッと痛んだ心は、チクッと鍼で治す・・・・・
それはしゅうげんさんのお得意とするところ。(?) (^.^)v
<< 魔法のことば ちゃんっ! >>