<< まだお若いのがお好き? なぜなんだろう? >>
斬り捨てゴメン!
今日は数多くの殺生をした。

こっちは狙って殺ったわけではないが、ズバッと振り下ろした瞬間にのた打ち回る姿が見えると、
「またやっちまった!」
と心痛む。しかし、あたいだって気持ちが悪いのさ。
一応こちらの気配をアピールしながら近づいているつもりだし、
(来たな!)
と察して、お宅らも少しは学んでほしいのよね、と思う。


お宅らというのは、ミミズである。


先日刈って小山にしていた干草をひっくり返すと、あちこちにウジャウジャ居る。
また、クワの先に草刈用の刃がついたものでザックザックと刈っていくと、
土の浅い所でくつろいでいたミミズがニョロリンと出て来る。
直径5mm、長さ10cmほどのまるまる太ったミミズたち・・・・・。
ミミズを食する人種がいたら、ウハウハなんじゃないだろうか。

 いや、・・・・ちょと待てよ・・・・・。
 ふむふむ、漢方薬で乾したミミズを用いるらしいねぇ・・・・。
        <ミミズについてもっと詳しく知りたい物好きな方は、こちら


  余談だが、ミミズの複数形は「ミミズズ」? 「ミミジーズ」? (爆)
                   (正解は: earthworms ダヨ )

しかし、気がついた。
ミミズも太っていると動きが遅い、というか、ほとんど仮死状態だ。
ピョン! と体と一ひねりくらいはするが、その後ジッと動かないのが多い。
(死んだフリをしてるのか?) 
こっちにしてみれば、さっさとその場から去ってほしいのだ。
じゃないと、アンタがいる所の草を刈れないのよ。

細いミミズは、ピョンピョン体を慌ててひねり、サッサと安全なる地を求めて去る。
ハハァ~、太ったミミズたちは栄養の摂り過ぎだね。
あの巨大ミミズともいえるヤツらは、きっとアメリカ人のデブ状態なのだ、と思った。



どーでも良いことを書いてしまった。
庭の草を刈って、肥料土に石灰を蒔き、水を浴びてサッパリ!
というところで、雨が降ってきた。


  やっぱり巨大ミミズの写真が無いのは残念だ・・・・・。

    え? そんなの写さなくていい? (笑)

  いわゆる、「ねぇ、ねぇ、見て見て!」 という幼子状態なわけ。 v(^.^)v
by anrianan | 2006-06-25 16:19 | ■とりあえず日記
<< まだお若いのがお好き? なぜなんだろう? >>