<< おやゆび姫のその後・・・・・・ 夢かうつつか・・・・・・ >>
電波といえども侮れない・・・・・・
GWが明け、天気も心もドロリとした日が続く。

d0046294_6331069.jpg


草むしりや農作業(?)では感じなかったのに、
毎日時間に追われて、電車に乗って、人込みをかいくぐりながら
東京に出稼ぎに行く生活が始まると、
「生きる意味は何だろう?」という疑問が再び私の中に巣くっている。

働くために生きるのか? 違うよなぁ。働くために生きるんだよなぁ。

じゃ、何の為に働くのか? 食べるため。生活するため。楽しむため。
もっと言えば、幸せになるため。 じゃ、幸せってなにさ?

そりゃ、どこぞの首相も言っていたけど「人生いろいろ、理由もいろいろ」だろうねぇ。
結局、「自分のため」に働くわけだな。

     ふぅ~ん・・・・・・。


自分のためではあっても、その事が世の中のためになったり、
誰かが喜んでくれたら、もっと楽しくなるだろうなぁ。
などと考えながら、
今の仕事はあまり「誰かのため」になっていると感じられないんだな、と思う。

結局、時間を切り売りして、誰でもがやれる仕事をやって私である必要はない。
同じ一時間の中で、100の仕事をこなそうが50の仕事をこなそうが、
同じ時間給というのは、評価されていない気分になるんだな。


こんなことを考えているから、
「途端に書くことが無くなっちまった・・・・・」と思っていたら、
あったじゃないのさ! 書くことが!

なんと、5月10日は『ブログ始めて一周年』だわさ!
毎日ではないけれど、とりあえずはよく続いたよなぁ。

書くことがもともと嫌いではなかったというのはあるけど、
コメントでの交流の存在は大きいと思う。
会ったことがなくても、何でも話し合っている仲間のようなものだものねぇ。

インターネットが通じているのは、世界中の100分の1かもしれないけど、
その中で自分の知らない世界が広がり、刺激を受けて、変化していくんだから、
やはりこれも一つの出会いだよね。

活字だと「情がない」という人もいるし、
顔が見えないから何でも言える、という人もいるけど、
私は文面やその行間から、その人が伝わってくると思うんだよね。
だから、やっぱりこの電波の世界でも「合う、合わない」はあると思うんだ。
  恐いよぉ~、そういうことを感じてない人は。


手紙や電話と同じように「霊波」が飛ぶっていうからね。
「霊波」というはのは、結局「思い(=意識)」なんですね。
だからそういうことに鈍感で、顔が見えない分何でも言い放題だ、
なんて思っていると、取り返しがつかないことになりかねないよねぇ・・・・・。

ネット犯罪、出会い系サイトの犯罪が多発しているけれど、
そういうことを「感じる」感性は持っていないとね。



そうそう、去年の「初ブログ」は、こんなことを書いていました。→興味のある方はココ!
初ページにコメントをくれたhideさんが、どうやって私のブログに辿り着いたのかは、
今でも不思議なことの一つ。


トップ写真は、100年近い古木に咲いた牡丹の花。 直径20cm以上ありました。
このブログも私自身も、この牡丹のように長い年月をかけて大きな花を咲かせたいです。
いろいろな意味で・・・・・・・。
by anrianan | 2006-05-11 06:39 | ■とりあえず日記
<< おやゆび姫のその後・・・・・・ 夢かうつつか・・・・・・ >>