<< 海老で鯛を釣りたいけれど・・・・ やっぱり、こうでなくちゃ・・・・ >>
人が死ぬということ・・・・・・
『古事記』の中で、
黄泉の国のイザナミノミコトは、「一日に1000人を絞め殺してしまいましょう」といい、
イザナギノミコトは、「それなら、一日に1500人を生まれさせよう」と答えた。

d0046294_7365174.jpg


それじゃあ人口が増加する一方だから、同じ人数にすれば良かったのに・・・。
という私のしょうもない意見はさておき、

人間の寿命は決められているという。 死に方がどうであろうとも、である。


宿命を「変えられないもの」、運命を「変えられるもの」、と江原啓之さんは言う。
私は非常に分かりやすいと思う。
ならば、「死ぬ時期」は宿命で、「死に方」というのは「運命」と言えるだろうか。

ただ、交通事故や病死などは、
「もしあの時、XXだったら・・・・」と悔やまれる場合もあるだろうけれど、
「その時」に死ぬことは決めて生まれてきていると言える。



神道では、「死」を「お国替え」と言う。
現世という「国」から、幽世の「国」へお帰りになったということか。

人生はよく「旅」に例えられるが、故郷に帰られたのだから「ご苦労さま!」なのである。
あちら側では、知り合いがみんな大喜びで出迎えると言う。

この世は「修行の場」だから、故郷に帰るまで障害物競走のように障害だらけ。
私は「生きているだけで一事業だ」と感じる。
あの世では、お金も仕事も病気も無いし、しかも「同じ(心の)階層」の人ばかりだから、
私などが帰ったら周囲には「優しくて、深い思いやり」をもつ人ばかりだ。(??!)


以前、「お葬式」について書いたことがあるが
あれは死んだ人に「死んだよ」と伝えてあげる儀式だから、大いに泣いて
「ありがとう! ご苦労さま!」と言ってあげるのが良いらしい。
肉体は死んでも、魂は生きているのだ。 自分が死んだことを知らない霊も居る。
そういう霊がさまよってしまうらしいのだ。
死んだばかりだと、まだ生前の気持ちのままオロオロと側に居ると思った方がいい。

しかし、
その後あまり泣いていると、死んだ人も呆れて困り果てているらしい。
泣いて後を追う幼稚園児の姿を、私は連想する。
最初は「可愛いんだから」と微笑ましく思っても、それがずっと続くと
「いい加減にしなさい!」。


最近は「安楽死」や「脳死」が話題になることが多い。
「脳死」とは、
幽体が肉体から剥がれ切れず、一部が繋がったままフワフワとしているとのこと。
幽体がスッと離れると「死」という状態になるが、繋がっているということは「死んでいない」ということになるのだろうね。 だからチューブを止めてしまう、治療を止めてしまう、というのは、「生」を切断することになるのだ。
しかし、この世では治療にはお金が必要であるし、それぞれに生活があるから、一概に「これが正しい」と私には判断できない・・・・。難しい問題だと思う。


ただ、こういう記事を目にしたり、親しい人の「死」に直面すると、
私の大切な人が死んだら・・・・と、置き換えて考えてみる。
頭で理解しても、感情が押さえきれないだろうし、悲しみに耐えられないだろう。

だけど、誰もがこの世を修行の場として、親を選び、環境を選んで生まれて来た。
日々の生活の中で生まれて来た課題に挑み、体験し、
出会いという運命を経て、無事に今世の旅を終えて帰って行った・・・・。
そのことを、何度も頭の中で繰り返して自分に言い聞かせるだろう、と思う。

「ありがとう」
「ご苦労さま」

やっぱり、この言葉が出てくるんだろうな・・・・・。

そして、「あとで(お国替えしたら)また会いましょう!」ということなのだろう・・・。
by anrianan | 2006-04-18 07:24 | ■心・精神・魂 | Comments(16)
Commented by kazunori at 2006-04-18 17:10 x
ボクは延命治療はイヤなので、
そのまま自然に死なせてもらいたいですね。
(^_^;)

今日一日で死んでしまうと思い、毎日一生懸命生きろ
と言われたことがありますが・・・・
なかなかネー(^_^;)

ただ、この世は修行の場であることは
十分認識しておかないと・・・。
Commented by neo at 2006-04-19 00:26 x
叔父は、いかりや長介と同じ病気で
死期が迫っています。
たまに、信州に帰ってきては「やっぱり田舎はイイ」と言いつつ
また、東京へと戻っていきます。
「誰もが死ぬんだから、仕方ない事」と自分に言い聞かせつつ
やっぱり、親しい人が死へと近づいてゆくのは、悲しいです。
Commented by hide_1510 at 2006-04-19 05:50
おはようございます。
死  なかなか考えることが無いのですが
いろんな事故とか 嫌な世間をニュースとかで見ると
不慮の死むを遂げたときの 思いはどんなんだろうと
考えますね
自分では何が起こったのかまったくわからない
そのとき魂はどうなってしまうのか・・・

ただ 神はあまりにこ非情ではないかとつくづく思います。
ずっと生きていってほしい立派な人が死に
極悪な人がのうのうと生きている 現実  神もへったくりも
あったもんじゃない と思ってしまいます。
Commented by anrianan at 2006-04-19 06:49
★kazunoriさん、
私も延命治療は嫌です。
医療が進歩している分、人が長生きするようになっていますが、
「どれだけ長く生きたか」ではなくて、「どれだけ充実した人生を送ったか」
だと思います。・・・・といいつつ、私も充実していない。(焦)

ウチでは、母と私が一度「助からない」と言われた経験を持っています。
母はその時期を境に、ほんとに変わったと思います。
良い意味でスッポ抜けたと言うか・・・・、
でも、私はあまり変わっていませんね。 (ーー;)
やっぱり、性格なんでしょうかねぇ。
Commented by anrianan at 2006-04-19 07:10
★neoさん、
お父様が東京にいらっしゃるのですか・・・。
やはり住み慣れた所が良いのでしょうかね。
そうですよね、肉体は無くなっても魂は生きていると理解しても、やっぱり目で見えたり、耳で聞こえたりしないと、生きていることを実感できないですものね。
でも、死んだ時の状態であの世に居るらしいので、生きている時にやり尽くすことや納得することが大切みたいです。
私も父がガンコオヤジなので、たまに帰ると色々話し合うようにしています。
Commented by anrianan at 2006-04-19 07:10
★hideさん、
身近な人が亡くなったり、自分が直面したりしないと、なかなか実感として湧かないですよね。
「死んだら何も無くなる」とか「どうなってしまうんだろう?」という気持ちが、怖いと思うのでしょうね。
江原さんがTVで『天国の手紙』という番組に出演するのも、「死後も生前と同じように生きている」と言うことを伝えたいという理由のみ、と言っています。
「良い人ほど早く死んで、ナントカは世にはばかる」といいますね。
合っているかもしれません。だって、この世での“勤め”を果たしたらお里帰りができるのですから・・・・。
ただ、最近は人があまりに無機質になって意識が崩壊していますからね・・・。
Commented by としひろ at 2006-04-19 18:38 x
生と死いくら考えても私には理解できません。
私の身近で自らお国替えをしてしまった人も数名みてますし、これは運命?宿命?と思ってしまいます。お国替えを発作的にしてしまうと本当にその人の意思なのか分かりませんでした。
そして私の仕事年配の方にあった出来事でしたが、今まで3回あった出来事です。畳、襖を綺麗にしてとても喜んでもらいとても元気でしたのにその数日から1ヶ月の間で、国に帰ってしまったのです。
私自身なんと思えばいいのだろうとショックでした。
延命治療。父のときいよいよ最後かと思っていると医者が心臓マッサージを始めました。ベットがきしむくらい力強く、見るに絶えない光景でした。
若かったので、ギリギリまでがんばりましょうとのことでした。
人にはそれぞれに亡くなり方があり・・・
う~んなんだろう?といつも感じます。
Commented by kazunori at 2006-04-20 06:38 x
ある人から聞きましたが

運命を変えるためには
性格を変える。
性格を変えるためには習慣を変えるなさいと。

人間だれでも我ががま気ままがありますからね(^_^;)
Commented by anrianan at 2006-04-20 08:40
★としひろさん、
>自らお国替えをしてしまった人 ・・・ というのは、自殺のことですか?
これは強制で寿命を閉じてしまったことになるのだと思います。
死んでしまうと、その時の心情であの世で生きているわけだから、時が止まってしまうと言われるのは、そのあたりなのでしょうね。
肉体を持って生きていると「やり直し」ができるから、「生き抜くことに価値がある」というのだと分かりますが・・・、私もよく中断したくなります。(笑)
私の近くでも、部屋を綺麗に直して亡くなった方がいます。
人間は、どこかで帰る時期を察知していて、旅立ちの準備をするのでしょうか。
そういう方は、心置きなく帰られたのではないかと思います。
お父様で体験されているのですね・・・。
私も自分の両親のそういう場に直面したら・・・、と今から少し覚悟をしている部分もなきにしもあらずです。
あと10年は生きてくれると思っても、いつ何があるのかわからないのが人生ですから。
Commented by anrianan at 2006-04-20 08:45
★kazunoriさん、
私も、「他人を変えようとせず、自分を変える」と聞いたことがあります。
今、民主党の小沢さんが言っていますね。(^.^;)

まさに「生まれて来た課題」は、そのへんにあるのでしょうね。
でも、自分のことはよく見えない部分が多くて、私は四苦八苦です。
気づいている所は直せばいいけど、気づいていない所が怖いと思います。
だから指摘してくれる人は大切ですよね・・・・。運命を変えてくれる訳ですから。(笑)
Commented by kingminoru at 2006-04-20 14:43
安楽死は、大きな問題になっていますが、個人的には賛成です。
もっとも本人が望めばの話です。
ただ、本人の意思を確認できない状態で、家族が判断をするというのは、これまた非常に大きな問題ですね。
この辺は当事者にならないとわからないでしょうね。
Commented by しゅうげん at 2006-04-20 15:32 x
よく患者さんが、「迷惑かけずにポックリ逝きたい・・・」と言います。
ホントその通りだと思うのですが、現実はなかなか・・・。
順番通りに、助けながら、助けられながら、逝けたらいいですね。
これから悔いのない人生が送れますように。
Commented by anrianan at 2006-04-20 15:39
★kingminoruさん、
魂的、霊的な観点から見ると、植物人間になっても生きているのだそうです。
本人の意識では周囲のことが分かっているらしいです。
だけど何年も入院して先が見えないとなると、難しい問題ですね。

ここのところ、会ったことは無いのですが、友人の身内が立て続けに亡くなっていてちょっと辛いです。と言っても、何もしてあげられないのですが…。
Commented by anrianan at 2006-04-20 15:42
★しゅうげんさん、
うちの母も同じことを言います。
ポックリ逝かれた方は、いろいろと心残りがあるでしょうけれど、
長患いで「やれやれ・・・」と思われるよりも、いいのかもしれませんね。
いつ、どこで、どういう形でこの世を去るのかなんて、誰にも分かりませんから、
やっぱり「次」に持ち越さないで、その時その時に生きることが大切でしょうね。
Commented at 2006-04-20 22:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by anrianan at 2006-04-21 08:20
★カギコメさん、
わざわざ、ありがとうございます。
いつも心の中でお祈りしています。どうぞ、まずは体と心をお休め下さいね。
<< 海老で鯛を釣りたいけれど・・・・ やっぱり、こうでなくちゃ・・・・ >>