<< エイプリフールでも嘘はいいませーん セイロンベンケイを覚えてますか? >>
心のままに・・・・
まずは、今朝の我が家の“さくら情報”からです。
ほぼ八分咲きのさくらが、朝の清々しい空気を薄桃色に染めていました。
さて、これから風が吹くたびに私の眠れぬ夜が続きます・・・・・。
(二階の寝室より撮影しましたが、画面に入りきりません (゚o゚): )


d0046294_7344096.jpg



d0046294_820314.jpgさて、日曜日は月1回の「江原啓之さんのスピリチュアル講座2回目」でした。
会場となっている草月会館は、この日催し物があったため脇の入り口に長蛇の列を作るという事態になりましたが、開場を20分ほど早めてくれたので講座が始まるまでの時間がゆったり過ごせたように感じます。

4月1日から「スピリチュア・ヴォイス2006」が始まりますが、今回は残念ながらチケットを取ることが出来ませんでした。
チケット予約日に仕事が入っていましたし、仕事先ではネットが使えないので完全アウトです。

宇都宮で今年も開催してくれると、親戚の家に泊めてもらえるからいいんだけどなぁ・・・・
と密かに心で願いつつ、今年中に一度は観に行きたい! と願っています。


さて、当の江原さんは演技力に一層磨きが掛かり(!)、死後の世界に旅立った人と、
現世界で生きている人との関わりを話してくれました。
“浄霊”とはどういうことか? 一人4役の芝居仕立ての話は、腹を押さえて笑い、涙が出てきての大爆笑でした。
「ほんとですよ! 見えてしまう僕からすると、霊界ブラックジョークのようなことを、皆ほんとにやっているんですから。」

  例えば、葬式などでは大抵、亡くなった方は喪主の隣に居られるようです。
  そして、仲が悪かった人や、義理立てで葬式には行かない方が良いとのこと。

要するに、「人は死しても魂は死なず」と仰っていました。
その人が生きている時とまったく同じ状態でいらっしゃるのだということです。
心の中のことがテレパシーとして霊界の人には通じるので、心の中がバレバレということなのですね。

何回か聞いてきた話ではありますが、今回はTV番組『天国の手紙』も話題に出して、
その場その場で思いを込める、解決していく”ことの大切さを教えてくれました。

  あの時、「ありがとう」と言っておけば良かった。
  あの時、「ごめんなさい」と言いたかった。

そういう些細な思いが「執着」や「未練」となって成仏できずにいるケースが、なんとも多いとのこと。
素直になれない、怒りを出せない、照れがあるなど、さまざまな事情があると思うけれども、「いつ死んでも悔いの無い生き方をする」ことが大切なのだと感じました。
この肉体での人生は、今回限りなのですから・・・・・・・。

「いかに死ぬか」ということは、「いかに生きるか」ということだと言われ、
私は“武士”を思い出していました。
なぜか小さい頃から、父に「武士というものは・・・・」と説かれることが多かった私は、
知らない内に「武士道精神」に馴染みを覚えていたことに気づきます。

今朝もさくらを見ながら、「さくらのように潔く散りたいのだ・・・」とふと思い、
なぜ私は「武士というものは・・・」なんて言われなければならなかったのだ?!
と可笑しくなってしまいました。
  せめて、「武士の妻というものは・・・」にしてもらいたかったよねぇ。


d0046294_8185783.jpg
2時間の魂の栄養補給時間は、あっ!と言う間に過ぎ去り、私はマキちゃんといつもの「本場インドカレー」を食べた後、一人で八重洲ブックセンターに行き、文庫本と古地図を購入。



その後、歩いて銀座に回り、山野楽器でCDを購入。
銀座に近づくと、急に人が多くなり、歩行者天国の通りを見て今日が休日だったことに気づきました。
d0046294_8195684.jpg





今日は思っていたこと、思い立ったことそのままに動き回りましたが、最後は少々人の気にあたり頭痛がしてきました。
こういう時は、塩入りお風呂にゆっくり入り、早々と寝るに限ります。
ということで、なんと9時にはベッドの中へ。
そして今朝は5時半まで寝ていましたから、8時間たっぷりの睡眠で腰が痛い・・・!
なんだか夢を立て続けに見て楽しかったので、起きたくなかったのでした。


どうやら「整理整頓」は家の中のみならず、私の心の中も必要なようです。
by anrianan | 2006-03-27 08:39 | ■とりあえず日記
<< エイプリフールでも嘘はいいませーん セイロンベンケイを覚えてますか? >>