<< 言葉も無いよ・・・ セイロンベンケイ、ご懐妊! >>
新しいものと古いもの・・・
ここ数日“春の空気”があたりを包んでいます。
ふと見ると、庭の「あしたば」もニョキニョキ新芽を出していました。
それっ、来た! とばかりにサンダルをつっかけて庭に出て、初収穫となりました!

d0046294_8581468.jpgまだまだ数は少ないのですが、これからどんどん出て来ると思うと、頭の中はすでに、“あしたば天ぷら蕎麦”で一杯です。

私は「あしたばは天ぷらが一番美味しい!」と信じているし、「あしたば天ぷらには蕎麦が一番合う!」と思い込んでいるので、収穫すると、必ずというくらいに天ぷらにします。
そして、これからの季節、蕎麦は「必需品」になります。

ムフフフ・・・・・、考えるだけでも口元は緩み、幸せが広がります♪


 ・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・


数日前の出来事。

d0046294_9154760.jpg仕事から帰り、いつものようにポストを見るとなにやら厚めの封筒。
差出人を見ると、結核で入院していた頃にとてもお世話になった方から。
家に入って開けてみると、・・・・・

私が入院中に書いた手紙の束でした。
しばし、どう受け止めて良いのか、訳が分からなかったのですが、
同封されたその方の一筆書きに、
“・・・これらの心の結晶を直感でお返しすべきと思いました・・・・。” と始まり、
これらが、私のこれから何か始めることに役にたつのでは?
というようなことが書かれていました。
けれど、10年前に自分が書いた手紙を読みのは、なんだか嫌でした。


とても良い方ですし、決して悪意で返送されたものとは思えないのですが、
送ったものが返ってくるというのは、なにか自分を拒否されたような感じがして、
ショックだったのは確かです。
 なにか、失礼なことしたかしら? と、思いを巡らせました・・・。


夜を越し、時間が経って、ふと1通を手にとって読み返してみました。

その時に感じたけど、今は忘れていることや、
隔離された病棟の中で、こんな風に感じていたのか、というような思い込み違い、
そして、自分が描いたイラストなどに、なんだかドキリとしました。
自分が書いたものなのに、他人のものを読むような感じがしました。

これは、やはり何かの意味があることとして、その方に感謝をしようと思いました。
自分が書いた手紙を読み返すというのは、意外に勇気がいるものだと知りました。
しかし、その入院生活から10年が経ち、一つの区切りを感じる今、
もう一度、その時の気持ちを客観的に確認してみる必要があるのかもしれません。

「振り出し」から、再び一歩を踏み出すために・・・。
by anrianan | 2006-02-16 09:02 | ■とりあえず日記 | Comments(19)
Commented by tengtian60 at 2006-02-16 09:48
おはようございます♪

新しいもの・・・
越してくる前に住んでいた家の庭に一本だけ「あしたば」が有りました。
ほんと!これの若芽の天婦羅は絶品です!
う~ん、そうしますと今日は天婦羅蕎麦ですね!^^

古いもの
anriさんからのお手紙を大切に保存してくださっていらしたのですね。
そして、読み返してくださっていらしたのですね・・
その上で、今のanriさんに必要とお考えになられたのでしょう。。
これは何かのきっかけと思います。
縁が有ってまた戻ってきたのですから、受け止める中で何かが
見えてくることを願います。。
 
Commented by anrianan at 2006-02-16 10:11
★tengtianさん、
おはようございます♪

あしたばは、すでに胃の中に入ってしまいました。
しかも、天ぷらにならずに・・・。(;_;)  蕎麦も無かったし。
でも、これからどんどん出て来るので、毎日楽しみです。
そちらでは、あしたばはやはり寒くて育てるのは無理ですかね?

10年前の自分が、思い出の中の自分と違って見えてくるんですね。
なんだか、ちっとも「絶望」を感じていないのです。
お金を稼いで、生計を立てていかなければならない現世を、
私は“地獄”だと思っているところがありますから、その中で
「生かされている喜び」や「感謝」を、理論的に納得しようとしている自分がいます。
だから、ほんとに自然発生的に、生きていることを楽しんでいるわけでは
ないのだと思います。
それに比べると、この時の自分の方が透明感があるように感じます。
まだ全部を読み返してはいないのですが・・・。
Commented by genso-france at 2006-02-16 11:26 x
やっぱり、私のお嫁さんに(←こればっかりね笑)

素敵な贈りものですね。
突然の贈り物を受け入れ、どう捉えるかは本人次第。
しっかり内側を覗いているanriさんに、頭が下がります。

私、ラブレターノートというものがあって、大切な人へ手紙を送る時に下書きするノートなんですよ。
一度、自由に書いてみて、更に冷静な目で読んでみる。
そうすると、とても純粋な気持ちで書いている部分とエゴが存在している部分が見え隠れしていることが発見できるの。

逆に、読み返し書き直す時にエゴが現れたり・・・。

そして、時間がたってそのノートを読み返し楽しみます。
手紙を送った相手のことを思い浮かべてみたり・・・・。
Commented by anrianan at 2006-02-16 12:26
★geso-franceさん、
毎度プロポーズ、ありがとうごぜえやす!(笑)

送り返してくださった方が、とても良い方なのでね、
直感で返すべきだと感じた、と書いてあるので、私もそうかな・・・と。
私も手紙を書く時は、パソコンで何回も下書きを直したりします。
でも、昔はすべて手書きだったので、コピーを取ったりもしましたが、
そのコピーも結局読みませんね。(笑)
ノートはグッドアイデアかも!
私は中学や高校の頃の日記が、何冊もありますが、なんだか読むのが怖い。
というより、こっ恥ずかしい!と言う感じです。(笑)
ま、今回は読み返す必要があるのかもしれませんね・・・。
Commented by f-doll at 2006-02-16 18:14
10年も前の手紙をとっておいてくれたというのは、すごいことだと思います。
よほど、率直に真摯にanriさんの気持ちが綴られた手紙だったのでしょう。
で、その方はanriさんのことをとても気にかけていてくれたんだと思います。
ただ、他人にはどうにもできないことってありますよね。
けっきょくは、本人しだいというか。
だからじゃないのかな。

得るものがありますように。
Commented by anrianan at 2006-02-17 05:37 x
★f-dollさん、
おはようございます!
まさに、仰る通りですね。 今、読み返していますけれど、とても感謝しています。
いろいろな意味で良い機会になると思うし、これからの生きるヒントになる
ような気がしています。
「振り出し」に戻って、今年のおみくじは“第一蕃 大吉”!
こいつぁ~、春から縁起がいい~♪ ってもんです。(笑)
Commented by しゅうげん at 2006-02-17 19:42 x
10年前の自分の手紙を読むことなんて、まずありえないこと。
とても貴重な体験ですね!
人生、楽ありゃ苦もあるさっ!
考えすぎずに考えて(?)、一歩一歩、進んでいきましょう!
Commented by hide_1510 at 2006-02-17 20:45
こんばんは ♪
コメント遅くなって申し訳ない ♪  というのも
朝から会社のネットが 繋がらなくて ひょっとしたら またしても
セキュリティかも..
明日葉 絶対天婦羅ですよね ♪ からっ とあげて 塩で ♪
最高だ~!!

戻ってきた手紙  聞いてて HIDEも切なくなるばかりで
動揺するだけです  どう考えたらよいのか
どうanriさんに 言ってあげたら良いのか ぜんぜん思いつかなくて
心が整理つきませんでした
Commented by 雲水さん85 at 2006-02-18 01:25 x
よし書いちゃおう!
先日辞表出しました。
どっか出稼ぎ予定。
オヤジ怒ってます。分かってましたが、多少ね・・・
良く考えると、悪いことをしてはいないんです。攻められることでは無いんですけどね。
俺がウツで死に掛かったときは、生きてるだけで喜んでくれたかもしれなくても、人は世間体とか色々欲がでるんですね。(私事でした)
Commented by 雲水さん85 at 2006-02-18 01:26 x
明日葉といえば、新小岩「舷八船頭」。八丈島料理でうまい。
さて今回。anriさんから気付きを頂きました。過去の手紙。ちょっと見てみました。(自分が出したものじゃないけど)
すごく力が出ました。
anriさん。そのお世話になった方が、いまブログとか現実世界でお会いしている方かは分からないのですが。良い人がその頃の手紙を見てくださいと返してくれる。(すゴーーーーーく酔ってきました)
生き死にの境にいた(お会いしたとき言ってましたよね)anriさんが何を思っていたか?(それも手紙を見ないと解りませんけど)
花がキレイとかの感性だったかもしれないし。
人と比べるとか、周りがどうとかじゃない文章のような気がしました。
喜怒哀楽の怒だけは無かったんじゃないかと思っています。
何が言いたいの俺?ッて感じですね。このコメント削除してください。
お互い今ある状況を受け入れ、魂のプログラムと思うしかないかなと思います。意味のないことは起こらない。全てが必然。
酔っ払いのたわごと。消してください。すいませんでした。
Commented by Lion◎ at 2006-02-18 01:30 x
人は人に出会って成長するといいます!
でも、その手紙の中にある・・・たぶん!
あなたの夢や希望!
その方は、それを大切にしてほしいということ!
じゃないかなと思いますよ。

病に倒れたとき人は色々なことを思います。
私の父も、私が3、4才頃サナトリュームにいて、
見舞いにいていた記憶がよみがえりました!
今でもその時の心の詩や写真が残っています。
その時の詩は、私たち子供のことを思う詩ばかりでした!
anriさんの素直な気持ち大切にして下さい。
Commented by anrianan at 2006-02-18 07:09
★しゅうげんさん、
おはようございます!
そうですね、人生水戸黄門ですね。(笑) ←分かるかなぁ~?
♪ジャン、ジャジャジャ、ジャン、ジャジャジャ・・・
  じ~んせい、楽ありゃ、くぅ~もあ・る・さぁ~♪  ですよね。
ん~、ブログでは歌ってあげられないのが残念。(笑)
そうそう、諦めず焦らず、考え過ぎず考えて、生きるしかないですね。
Commented by anrianan at 2006-02-18 07:18
★hideさん、
おはようございます! ほんとだヨ、遅いよ!(笑)
しかし、会社のネットは回復したということですね? 
>セキュリティが・・・  って、なに? なに? と聞いても、
未だに98使用の私はXPに、とんと弱い。 でも今年はまったく違ったHD
搭載のPCが発売になるとか、・・・・。 ふ~、ついていけない。(ーー;)

いつも優しいhideさんに、感謝しておりますよ。
今回は、やはりとても優しい方で、お見舞いにも来てくださったし、
丁寧なお手紙を下さっていた方でした。 これは、やはり何か大きな
チャンスを貰った気がしています。
エッセーのようにして、何かに出してみようかなぁ・・・・なんて、
漠然と考えています。 でも、まだナイショね。 
(ここに書いたらバレバレ!)笑
Commented by anrianan at 2006-02-18 07:34
★雲水85さん、
おはようございます!
辞表出したの? 何かやりたいこと、あるの?
私も人に「社員になった方がいい」と言われても、会社勤めは合わないので、
何か自分で仕事をみつけなければ、とず~っと考えながら来ています。
しかし、やっぱりサラリーマンが、一番収入が安定していると思うけど、
会社は会社で、嫌なこともあるからどっちもどっちなのですが、それでも、
自分の才能で何かをやっていくのは、大変さが段違いですね。
だけど、どうしても自分に合う道を歩かないと続かないから、やっぱり
どちらにしても、辛いのを乗り切って行かないとならない、と言うことでしょうか?
酔っ払った文章は、消しませんよ。(笑) 
本音で書かれていて、こういうの、好きだから。 (^.^)v
10年前の私は、今と同じ考え方をしている部分が多くて、まずはその事に
驚いています。と言うことは、その頃考えていたことの結果が出ていないのです。
怒りはありませんね。「生きながらの再生(reborn)」と書いてあります。
でも、まだこの10年でreborn出来ていないのだ、と感じました。
雲水さん、お互い今回の人生、楽しく生きて行きましょうね!
Commented by anrianan at 2006-02-18 07:44
★Lion◎さん、
おはようございます!
3-4歳の頃の記憶、ありますか!
私の祖父は、肺の病で47歳の時亡くなりました。顔は知りません。
病気は弱いところに出ますから、肺が弱いという遺伝子かな、と思います。
それにしても、助からないと言われていて“超順調”に治ってしまったのだから、
これは「ならなければならない病気」だったのでしょう。
当時もそういうことを書いています。
「生」を与えられていることに感謝しながらも、生きる意味を探している
という点では、今とまったく同じだということに驚きました。
ほんの少し変える、ということが、凄く大変な作業なのだと感じています。
Commented by ichitarou195 at 2006-02-18 17:36
こんにちは
自分が書いた十年前の手紙
やはり恥ずかしいでしょうね。うん。でも読んでみたいです。
でも手紙なんて滅多に書かないからな~
Commented by mojyao555 at 2006-02-19 22:35
10年間もの間、大事に手紙を置いていて下さったなんて、
凄い事だと思うわ。
その方、何度も何度もその手紙を読み返したんだろうね・・・。
そして今、anriananさんに返そうと。
10年前の手紙か~。写真を見返すよりも凄い事だなぁって思うわ。
だって、その当時の出来事、感情までもが書かれてあったりするんでしょ。
凄い良い機会だと思うので、ゆっくりと読み返してみるのも
良いんだろうなぁ。
Commented by anrianan at 2006-02-20 12:06
★ichitarou195さん、
今はメールという便利なものがありますからね。
その頃は、時間があったのとメールが無かったから、手紙というものに
なったのでしょうね。
Commented by anrianan at 2006-02-20 12:12
★mojyaoさん、
一口に10年と入っても、長いような、短いような・・・。
読んで見たのですが、全然忘れてしまっていることもあるし、
今とまったく変わらない部分もあったり。すごく複雑で怖いですよ。
日常の細かなことを思い出すと同時に、その時の感情も、たしかに蘇る。
でも、ある種「タイムカプセル」を開けたようなものだから、
10年前の私からのプレゼントを、この方が届けてくれたようなものですね。
でも、今思うのは、どんなに辛い体験でも、何も無いよりは良かったんじゃないか、
っていうことです。
<< 言葉も無いよ・・・ セイロンベンケイ、ご懐妊! >>