母、転院する >>
3年
フェイスブックでは「過去の思い出」と称して、数年前のブログが表示される。
期せずして、3年日記や5年日記ができあがっていることになる。
最初は「余計なお世話」と思っていたが、このごろは天候をはじめ、自分をとりまく生活環境の違いや変化を比べることができて、これが結構楽しい。

さて、前回の母の介護記から4ヶ月ぶりの更新。
まだ、母は生きております。
d0046294_13395613.jpg
よく食べ、よく眠り、よくしゃべり、よく出す……。いわゆる、快食快眠快(弁?)便というやつです。
在宅介護を体験している身としては言いたいこと山ほどあれど、本日は冒頭の「過去の思い出」がらみの話をいたします。

3年前の5月6日に、アロエの大伐採をやっておりました。
実は、数日前にその時のことを思い出しながら、再びアロエを剪定していました。
ただ3年の月日というものは、とてつもない変化を起こすもので、現在アロエの傍らには広いテラスがあり(すでに1年くらい前に作りました)、その向こう側の地面に石を敷き詰めました。
d0046294_12420284.jpg
テーブルのティーは、干したペパーミントにステビア草を加えたものです。(ステビア草は肝臓にいいらしいのです)
昔フランス在住のCOCOさんに教えてもらったサン・ティー(太陽の熱で淹れる水出し茶)を作ってみました。
雑草のように(元)畑を占領しているミントを移植しながら、切り取ったミントは母に葉っぱだけちぎってもらいました。
ええ、仕事があると元気が出る母なので、こうして孝行娘は仕事を作ってあげているのです。(余談ですが)
d0046294_12561320.jpg
少しずつ、ミント畑を野菜畑に戻そうと思います。
面積は結構広いほうだと思いますが、周囲の木々が育ち、日当たり良好地はかなり限られているので、苗の植え付けに頭を抱える日々です。

とはいっても、昨年5月3日に母が体調を崩して以来のことを考えたら、苗の植え付けなど楽しみとしかいえません。

本日、母は午前中だけデイサービスに行っています。
肝臓が徹底的に悪くなっているので、どうしても半日になってしまいます。
それでも、私にとってはつかの間の休息、かな?……

明日も晴れますようにっ! ぽちっと応援お願いね。d(^0^)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング





by anrianan | 2017-05-06 13:30 | ■住まい | Comments(4)
Commented at 2017-05-06 23:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by anrianan at 2017-05-08 23:01
⭐カギコメさま、
ありがとうございます。なんとか生き延びております、私も母も………
Commented by 真理の探究者 at 2017-05-28 21:54 x
在宅介護は地獄ですよね。
わたしは、親を、いつも死んでくれと思っています。

一枚目の写真を視ました。
緑と日光に覆われた、良いお庭ですね。
おかあさまは、ウリエル気を放射して、水の気や感情体も透き通っていて、嬉しそうです。
なぜか、どよどよとした土の気が薄い感じがしますが。

他を視ると、庭にいろいろなエーテル体の生き物がいらっしゃいますよ。
お母様の後ろに、帽子をかぶったかな、白い女の人が見守るようにいます。
元気になって幽体離脱した本人かもしれません。
梯子の横や庭木の上部にも白いモヤがいますし、はっきり見えるのは写真左下に仏像のように見える透明の影。
この土地を守っている存在だと思います。
この庭がパワースポットなのか、おかあさまが呼んでいるのでしょうか。

感覚的なことですが、おかあさまは自分の生き様を、汚い部分までもみせているのでしょう。
ブログ主様には受け入れにくいと思いますが、全ての感情と意思を記憶してあげてください。
死後は、一番の理解者となって助けてくれますよ。

肝臓は生命の食糧の一つなので、回復させるには同系統のものが良いですよ。
例えば豚や牛のレバーなど、ペーストなら吸収しやすいです。
服用している薬に影響なければ、鉄分の薬が効果が早いので試してみてください。
Commented by ヒロ at 2017-06-06 10:27 x
はじめまして。
神奈川在住のヒロといいます。
「肝性脳症」の情報を集めていたところ、ANRIさんのブログを見つけました。

うちの母も肝性脳症で意識障害の状態が続いています。
自宅では見ることができないので、施設に預かってもらっています。
もしうちで介護したら、私は仕事へ行けなくなりますし、恐らく介護疲れから虐待すると思います。

うちの母はC型肝硬変です。
ハーボニーでウィルスは駆除できたのですが、昨年2月に急激に意識障害がでてしまい、そのまま今も認知症と同じような状態です。

ただ施設には認知症の人もいて、日頃、私もお話させてもらったりするのですが、認知症の人は皆、意識がはっきりしています。
母はというと、日によって意識に相当ムラがあり、普通の認知症の人とは違うなと感じています。
話しかけても応答が悪い日もあります。

お医者さんからは、肝硬変になると昔は治らないと言われていましたが、ウィルスさえ駆除できれば、時間はかかるけれども、肝臓の線維化はとけてくると説明を受けているのですが、線維化がとけるには長い目で見る必要があるとも言われています。

意識が元にもどるかどうかも現時点では分からないと言われていますが、何か方法はないものかと思い、ネットで情報を日々検索しています。

ANRIさんのお母様はC型肝硬変ですか?
肝性脳症の場合、まずはウィルスを駆除できるかどうかが最初のポイントになると思います。
阪大病院で非代償性肝硬変のウィルス駆除の治験が行われているようです。
読売新聞
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170105-OYTET50000/
肝臓友の会
http://chiba-kantomo.com/new-medicine/3157

肝硬変の線維化治療薬の治験も現在、進行中です。
肝臓友の会
http://chiba-kantomo.com/new-medicine/1969

続々と良いお薬が出てきていますし、現在も新薬に関して治験が行われています。

とても大変だと思いますが、希望を捨てずにお互い頑張りましょう!

私は肝硬変の治療薬が販売されるのを心待ちにしています。

では。
母、転院する >>