<< 母、転院する 肝性脳症 (Hepatic e... >>
あけましておめでとうございます
前回からの続きをなかなか書くことができずに、2017年の元旦を迎えてしまいました。
とりあえず新年のご挨拶と、現状をチラリとお知らせしておきます。

現在母を在宅で介護をしております。
夜中の2時から3時に一度起き(時には2度起き)、朝は6時から6時半に起床してオムツを替える生活が2ヶ月になろうとしています。
母の認知症が刻々と進んでいるのか、自分でオムツを取ってしまうことが頻繁になりました。
当然、糞尿が寝具やパジャマに付着します。臭いも強烈です。
そのたびに私は絶望し、母に暴言を吐き、母も落ち込み、その母を見て罪悪感に駆られ、ということが何十回となく繰り返され、私は慢性的睡眠不足と精神的・体力的な限界を感じつつあります。

年末年始などなく、正月の用意も一切する余裕もありません。
帰省した愚弟は山盛りの正月料理(パック詰め)を買ってきましたが、従来の正月のように何も用意できないし、食卓に並べる気力もないのです。そういう状況を把握できない可哀想な愚弟は、昨夜怒って帰っていきました。

大威張りでしたけど大黒柱だった父が亡くなって、こんなにも簡単に家族が崩壊するのだと驚いています。
父という怖い存在がいた時には我を出さなかったというだけで、互いに思いやっていた家族ではなかったということですね。
恐怖政治と同じ。 家族や会社、学校などの集団は、世界国家の縮図ですね。

以上、元旦到着の年賀状が書けなかった長い長い言い訳を終わります。
これから一枚ずつゆっくりと、時間を見つけて書きますので少し先になりますが、どうぞお許しのほどを・・・

皆さまの健康と幸せな日々を、そして世界の平和を祈りつつ、新年のご挨拶とさせていただきます。

あんり

了解! という方、初ポチッをお願いね!d(´ー`;)
→→→人気ブログランキング

by anrianan | 2017-01-01 12:12 | ■とりあえず日記 | Comments(9)
Commented by いとうはるこ at 2017-01-04 13:36 x
アンリさん、どんな言葉を書いたらいいか分かりません。お辛いですね。年賀状なんていらないので、少しでも多く気分を休める時間を持って下さい。
Commented by maenimukaiaruku at 2017-01-04 16:05
明けましておめでとうございます。
昨年は色々大変な一年でしたね。
あれからどうしたかなと思っていましたが介護になったんですね。
我が家は以前12年間寝たきりの父を看た時期がありました。
最初の頃は地獄に居る様な気持ちでしたけど、やがて介護が長引いてそれが日常になると別にどうと云う事も無くなりましたよ。
今が一番大変だと思います。
それから自分を責めないで下さい。
みんな仕方ない事なんだと思うんです。
体を大切に、乗り越えて行きましょう。
Commented by anrianan at 2017-01-08 15:40
★いとうはるこさま、
4日にコメントをいただいていたのに、遅れてごめんなさい。
どうも認知症が進んでいるようで、おむつを取ってしまうようになりました。そのたびに私は暴言を吐き、母は「死ぬから」と落ち込み、二人が心身ともに追い詰められているような気がします。それが在宅介護の現状です…
Commented by anrianan at 2017-01-08 15:48
★maenimukaiarukuさま、
12年間ですか!? ・・・・・・・・・・・
でも
>介護が長引いてそれが日常になると別にどうと云う事も無くなりましたよ。今が一番大変だと思います。それから自分を責めないで下さい。みんな仕方ない事なんだと思うんです。
ここら辺が真実ですね。
どんな状況でも、やがて慣れてくるということでしょうか。
私自身が高血圧であったり、狭心症のように胸が苦しくて息ができなくなったりする昨今なので、もしもの時クックはどうなるんだろう、とそればかりが心配になります。
母を傍に置きたいのに、二人とも心身が疲弊していくという悲しい状況を、どう打破していっていったらいいのか悩む日々です。
Commented at 2017-01-09 06:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by anrianan at 2017-01-09 12:14
★2017-01-09 06:08カギコメさま、
本当にありがとうございます。
母がお手紙をいただいてお返事を書かないうちに緊急入院となり、ずっと気になっていました。お年賀をいただいて本当によかったです。私一人で介護しています。母がつれて来たクックの散歩や世話もあり、仕事も週2回ですが出勤せねばならず、自分の健康診断に行く時間も取れず…2ヶ月にして限界を感じています。…母の手足が結構動き、一人でベッドに起きて座っていたり、時には「トイレに行こうと思った」といいながらベッドから降りて(落ちて?)立てなくなっていたことも2回。私は怒りに任せて暴言を吐き、後悔し、心身ともに追い詰められていくようなやりきれなさを感じています。ショートステイは病状が悪くて利用できません。施設も考えてはいますが、年単位で待機しているそうです。また母が泣きながら謝り、私の傍にいたいと訴えます。情と理性のはざまで苦しい限りの現在です。コメント、アドバイスともにありがとうございます。今後もよろしくお願いします。
Commented at 2017-01-09 17:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by anrianan at 2017-01-11 10:04
★2017-01-09 17:05カギコメさま、
お手紙届きました、ありがとうございます。母にも見せました。今朝メールをさせていただいたのですが、PCからは拒否されてしまいエラーで返ってきました。
ケアマネさんやヘルパーさんに相談したり、話も聞いてもらい、夜中の循環の話なども伺いました。またショートステイも検討しましたが、医師の了解がでませんでした。デイサービスは4時間くらいを2週間に1度、行くようになりました。来月から毎週(4時間で)行っても大丈夫でないかという話も出ています。近々1-2週間ほど浦賀病院でお世話になるかもしれません。見た目よりも内臓が重症であることを、本人が自覚していないという点もあり、自分で何でもできるのではないかと錯覚してしまうことが悲惨な状況を作ってしまいます……ホントに、自分の親の老いを受け入れるというのは難しいですね。そして悲しいですね。
Commented by 真理の探究者 at 2017-05-28 22:45 x
女性の身体の介護は大変ですよね。
男なら尿もホースに直結できる尿瓶もあるし、糞はパンパースしかないけど。
糞は無意識の感情と直結してるので、感情が安定すると下痢や便秘がしにくくなります。
ヒーリング音楽をかけて精神を安定させて、深い眠りを増やすしかありませんね。

人の肉体の維持は、電磁気をエネルギ源に行っています。
生きたいと思う意思エネルギ(陽気)をエーテル体で保持すると、陽気が電磁エネルギに変わります。
要は、肉体にあったレベルの電磁気を供給してあげれば良いのです。

わが家では、低周波電磁気治療器「ミデアムレーヤー」を、介護状態の親に流し続けていました。
すると、認知症が改善したようで、体内はボロボロでしたが、最後まで自分の意思と我慢力を維持し続けて死にました。
低周波治療器は高額なのでオススメしませんが。
病院や医者の指示を百パーセント信用しないで、自分で観察して調べて研究して考え続けて、そのときの直感力を信用して、長い介護生活を乗りこなしてください。
<< 母、転院する 肝性脳症 (Hepatic e... >>