<< すずしろの花 きたーっ!!!  \(^0^)/~♪ >>
大切な物を落としたっ!(;_:)
先週の金曜日、というとすでに5日も前のできごとになります。
大切に大切に使っていた父の形見となる手袋、の右手を落としてしまいました。
d0046294_14383466.jpg

新橋の駅で、帰りの回数券を肩掛けバックから取り出し、いつもは両手とも手ぶらなのに、その日は左手にビニール袋を持っていました。右手の手袋を外し、失くさないようにしなくちゃ!・・・・・・としっかり左手にビニール袋とともに握りしめ、改札口を通り抜け、小走りで階段を駆け上って京浜東北線に駆け込んだっ! セ~フ!

品川について階段を駆け上がり、京急の階段も駆け上がり、目的の電車が発車する5分前に走り込み、セーフっ!
空いている席に座って、手袋をしていない右手を見て、ハッと気がついたのです。 あ、手袋!・・・・・・左手に持って・・・ないっ! え? ポケットに入れた?・・・・・・(ごそごそ左右のポケットをまさぐり)ないっ! カバン?・・・ない! え? えっ? え~~~っ!!! 落としたことを信じたくなくて、何度も何度も同じところを探すんですね・・・・・・。
でも、やっぱり見当たりません、落としたこと確定です。

階段を駆け上ってきた疲れなど吹き飛んでいましたが、心底ガックリとうなだれました。
お父さんの、手袋・・・・・・。 
泣きそうになりながら、どこで落としたんだろう? と考え、新橋の改札前に外したことを思い出し、その後は・・・・・・ああ・・・記憶にありましぇん・・・・・・・。(;_:)

父が亡くなって半年も経たないうちに落とすなんて・・・・・・。

大勢の人が行きかう駅前や駅構内、その中で手袋が踏みつけられている映像が頭の中に浮かび、ほんとに情けなく、どうにも気持ちの切り替えようがありませんでした。
自分のうかつさを猛省しつつ、諦めるしかないよね・・・・・・。

と思っていたのですが、翌土曜日、ふと一応落し物の届けだけ出しておいたらいいんじゃないか・・・と思いつきます。
ネットでいくつかのサイトを参照していたら、
〝日本人はほぼ盗まないので、親切な方が近くの駅員に届けます”
との一文が。これに勇気づけられ、JRお忘れ物総合案内(050-2016-1601)に電話をしてみました。

すると、思ったよりも早くつながりました。
落としたと思われる駅や場所をすべて伝えると、届いている落し物一覧がコンピューターで閲覧できるらしく、その人が調べてくれました。結果、新橋駅で1件「黒の右手袋」があると! 
そこで、その人が新橋駅に電話をしてくれたのですが、なかなか通じないとのことで、しばらく経ってからまた電話するように言われました。
(また電話をするのかぁ・・・今度通じなかったらやだなぁ・・・・・)

1時間ほど経って再び電話をすると、先ほどと違う人が出ました。前の担当者との経緯を話し、手袋の特徴などもいい、最後に前の担当者の名前を告げると、
「そのような名前の人はいませんが・・・・・・」
な、なにぃ~???

でも、この人が丁寧に、今後忘れ物がどのような流れをたどっていくのかを説明してくれ、新橋駅にも電話をしてくれましたが、やはり通じないとのこと。でも今回は折り返し電話をくれるというので、しばし待つことに。

そうして待つこと、・・・・・・どのくらいだったでしょうか。
とにかく、新橋駅に届いている手袋は、特徴からするとたぶん私の物ではないかと。
ところが、ここで問題が。
「ああ、それなら月曜か火曜には取りに行きます!」
と喜び勇んでいうと、
「駅での保管は2日間なので、日曜の夜10時までです」(10時半だったかな?)
その後は東京駅に収集され、その東京駅で受け取れるのは火曜日の一日だけなのだそうです。
そこでも引き取り手がなかった場合は、警視庁に送られるとのこと。

そんなぁ・・・・・・(;_:)

でもね、形見と思っている手袋でしたからね、行きましたさ。 日曜日に雨の中、片道2時間近くかけて、電車賃往復2000円以上使って・・・。

それでもね、涙が出るほどうれしかったですよ。
まさか戻ってくるなんて思っていませんでしたから。
d0046294_1439652.jpg

私も今後、落とし物を見つけたら駅や交番に届けよう、と心に決めました。
その「物」がどんなものでも、落とした人にとって、もしかしたらすごーーく大切にしていたかもしれないのですから。

と、優しい気持ちになれた週末の出来事でした。・・・・・・ めでたし、めでたし

右手帰還! 祝ぽちをお願いね。d(^_-)-*
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2015-03-04 15:03 | ■とりあえず日記
<< すずしろの花 きたーっ!!!  \(^0^)/~♪ >>