<< バナナと妄想ダケ 恵方巻き >>
牡蠣小屋で牡蠣づくし
横須賀の観音崎にある京急ホテル。ここの駐車場に「牡蠣小屋」ができました。
ホテルの目の前は海、その海を見ながら入れるSPAもあります。(高いので、あまりおススメしませんが) また、道路を隔てた所には、美しいガラス張りの横須賀美術館があり、自然と芸術が融合した素晴らしい一角になっております(…褒めすぎか?)
d0046294_17433246.jpg

ここにサイクリングで颯爽と、牡蠣を目指して行ってきました。
あ゙っ……!(タイヤしか写ってない……)
d0046294_942515.jpg

小屋は賑わっており、子ども連れの家族が一組待っておりました。一時過ぎだからそろそろ空いてくるだろう、とメニューを見て待つことに。
d0046294_17445280.jpg

あのビニール張りの小屋の中で食べるのですね。 早く空け~、早く空け~と念じながら……あ! 空いた♪
d0046294_17445992.jpg

これが700gで1500円のカキ。焼き方のレクチャーがありました。殻の平らな方を下にして、口が開いてきたらひっくり返し、専用の棒で殻をパカッと取り除きます。 へぇ~……
d0046294_17451026.jpg

こちらはカキのアヒージョ(500円)。 「アヒージョ」という響きが面白くて、心の中で「アヒ~ジョっ!」と意味もなく繰り返しながら、一体アヒージョとは何物ぞ……と鍋の中を検証。 ふむふむ…オリーブオイルで、キノコ類と牡蠣を煮る(?)ようです。 なんだ、作れるじゃないか……。
d0046294_17451967.jpg

ともかくはカキフライを食べながらビールを飲み、牡蠣の口が開くのを待ちます。
d0046294_1745287.jpg

最初のカキがなかなか強情で口を割りません……えぇーい、早く吐いてしまえぃ!(刑事ドラマのつもり) そして一個が口を開き始めると、後はパカパカと順調に。 あらやだ、牡蠣っておいしいじゃない! 
ええ、アタシはあまり牡蠣を好きではなかったのです、実は。 

でもね、牡蠣焼きと聞くと必ず思い出してしまうことがあります。昨年九月に花巻で、父が「一個食いたいなぁ…」と言っていた姿。その時、近くで牡蠣を焼いているお店からいい匂いが漂っていて……でも午後からバーベキューに招待されていたので、父曰く「お腹がいっぱいで(BBQを)食べれなかったら悪いだろ」。一個ぐらい食べたって平気だよと思いましたけど、その半月後にあの世に帰ってしまったわけで。 ああ、食べときゃよかったのになぁ……と、いつも牡蠣をみるたびに心がカキ乱れるのでござんす……
d0046294_17454826.jpg

という駄ジャレはともかく、こうして食べてみると旨い! 700gなんてあっという間じゃないか。
と感動しながら……ああ、やっぱり食べさせてやりたかったなぁ。

なんでも食べたい時に食べておかないとね! にぽちっと一票を。d(^.^;)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2015-02-08 10:36 | ■とりあえず日記
<< バナナと妄想ダケ 恵方巻き >>