<< ほっこり旅 草刈りの助とともに >>
時をかさねる
9月25日、この世に生まれ出て修業を積む年月がまた一年増えました。
d0046294_1064370.jpg

修業の甲斐があって(?)、このごろはいろいろなことが見えてしまい、それが辛く感じるようになりました。
良いことや美しいことが見えるのならば気持ちいいけれど、人の心の欲や見栄や怠慢や、調子の良さやウソなどは、ひたすら見ざる聞かざるを努めるも、どこからか漂ってくる悪臭のように鼻について吐き気をもよおします。

ひっくり返せば、それらの要素は全部自分の中にあるということで、修業の年月が増えるごとに、それら悪玉菌は減っていくように努めたい・・・・・・努められるのが人間、と思うのです。

笑っても泣いても、大金持ちでも貧困層でも、時が来れば誰もがあの世に還ります。
その時に持っていける物品は何もなく、魂に刻み込まれた思いが栄養となり財産となって、次の生につながるのだと感じています。
だから、どんなに貧困に追い込まれても一番大切なものは、やっぱり愛。
今、ゆるぎない心でそう言いきれる自分に誇りをもちたいと思います。・・・・・・

X年目の修業突入に、祝ぽちっをお願いね。d(^0^)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-09-26 10:07 | ■とりあえず日記 | Comments(0)
<< ほっこり旅 草刈りの助とともに >>