<< 思いがけず、天然酵母パンを作る... キャラメルナッツロール >>
膝小僧、擦りむき事件
前回の最後にチョコッと記しましたが、先週の土曜日に、自転車に乗っていて転びました。
私の自転車は電動で、上がり坂でもスイスイ上っていけます。だから、道の勾配が少しでも下っていれば、全然漕がずにスーッと走っていくのです。その時は、ちょうど下り坂を下りきった辺りでした。
d0046294_17534715.jpg

特別調子に乗ってスピードを出していたわけではありません。
それどころか、帽子のつばが数回風に煽られていたので、時々ブレーキをかけながら走っていたのです。 が、
d0046294_1754764.jpg

と思った時は、帽子がふわりと頭から離れ、思わず、その帽子を目で追ってしまいました。
d0046294_17545558.jpg

お気に入りの帽子なので、失くしたらいやだという気持ちが強かったのです。
そして再び前方に意識を向けたのは、自転車が大きくグラリと傾いたからです。
(転ばないから大丈夫!)
とナントカ体勢を持ち直して・・・・・・というのは昔の感覚で、身体の反射神経や機能はついていけず、スローモーションを見ているように倒れながら、気づくと右ひじと右ひざに痛みを感じていました。それでも、
(帽子・・・・・・帽子・・・・・・)
と気になりましたが、余りに足が痛くてすぐに立ち上がれません。
買い物かごを見て、買った食材が飛び出していないことにホッとし、今日は玉子を買ってなくてよかった、なんて思ったりもしている、まことに奇妙な思考回路と時空間でした。

ようやく自分の体と自転車を起こすと、乳児を抱いた若いお母さんが、
「大丈夫ですかぁ?」
と、優しい声でいいながら帽子を持ってきてくれました。
「ありがとうございます、大丈夫です・・・・・・」(本当は大丈夫じゃないけど・・・)
その後、数メートルほど自転車を押して歩きましたが、歩けるから大丈夫と再び自転車に乗って帰ってきたのです。

さて、家に帰って服をめくって見ると、肘と膝は擦りむけていて、かなりの出血。(しかも、痛みが増してくる!)
スプレーで温泉水をシュッシュッと吹きかけて、ソンバーユ(馬油)を塗りました。
患部を乾かした方がよいと思ったので、何も貼らずにいたら、肘の方はすぐに乾いてきましたが、膝の方はなかなか乾きません。朝の禊(水垢離)と夜のお風呂の二回、濡れるたびにグジグジとして、その後何度も汁(体液らしい)を拭き取らねばなりません。

そうだ! 傷口にくっつかないバンドエイドとかあったんじゃないか? と思いつき、昨日薬局に行って、これを購入しました。
d0046294_18123840.jpg

夜、寝ている間に必ず汁が出てくるので、お風呂の後に貼って寝ることにしました。
d0046294_18132716.jpg

体液が出た部分が白く膨れ上がるのだそうです。
ということで、一昼夜経った今朝、朝の水浴びを終えた後、剥がして見ることにしました。
予想以上に白く膨れた部分が大きくなり、ちょっとワクワクします。・・・・・・あ、写真を撮る前に剥がしちゃった・・・
慌てて、剥がしたバンドエイドを患部の上に置き、パチリ。
d0046294_1825418.jpg

ああ・・・、盛大に膨らんでいた白い部分が、ちょっと分かり難くなっちゃったな。・・・・・・残念。
そして問題の怪我はどんな感じかというと、
d0046294_18283439.jpg

ひぇ~!!! そんなもん、見せるな~! ・・・・・・ す、すみません、お目を汚してしまって。

ほら、子どものあれと一緒ですわ。
おかーさん、ここ、怪我しちゃったのぉ、こんなになっちゃったぁ! と言いながら、怪我したところを見せるじゃないですか。こうして見てもらうと、ちょっとホッとするんですよね。
ええ、もちろん自己満足ならぬ自己安堵、なんてとこですが。・・・・・・

早く治るように、ぽちっとお願いね。d(:_;)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-06-18 18:44 | ■とりあえず日記 | Comments(0)
<< 思いがけず、天然酵母パンを作る... キャラメルナッツロール >>