<< お金に換算できないモノ 床板と網戸の張り替え、そして天... >>
ちょっとビックリしたこと
まずは、今朝のビックリ。
ゴミを出しに行こうと玄関を出ると、石畳の一か所になぜか黒い砂が固まって落ちている。
d0046294_9425563.jpg

足で払おうと近づいていくと、・・・え?・・・砂が動いているような・・・・・・!
d0046294_9431867.jpg

ぎょっ!・・・ではなくて、あり(ゃ)~っ!
腕のあたりがぞわぞわする。
先日ここら辺の草を抜いているときに、蟻の巣穴が多いことには気づいていたのだけど・・・。
d0046294_9455350.jpg

蟻の巣穴の周囲には、細かい土が積み上がっていることが多い。
その積み上げてあった土を穴に落とし込んで、私は足でぎゅっぎゅっと穴を塞いでしまっていた。(なんて酷い)
そのせいか、別のところに出入り口を作ったと思われる。この一族大集合は、そのせいか?
d0046294_9481514.jpg

再び、あちらこちらに穴が開いている。 きっとこの石畳の下は、東京の地下鉄のように、何層にも蟻の巣が張り巡らされているに違いない。
そして蟻種もいろいろあるようで、砂のように見えるこのアリたちは小さく、そのすぐ側を通り抜けたアリの大きいこと! ちょうど巣穴に入っていくところだった。
d0046294_951892.jpg

ゴミ袋を片手に持ったまましゃがみ込んで、しばし蟻の観察をし、地球上の生き物としては人間と同じなのだから・・・・・・と、踏み潰したくなる衝動を堪えた。

2番目のビックリしたこと。
昨日の日曜日は、恒例のGG(ゴールドジム)
例のカーディオキックボクシングというハードトレーニングを挫けずに受けることで、弱者いじめのこの世の中で生きていくための、体力と気力をどうにか養っている。(ような気がする)。

それはさておき、いつも通り、受付で法人のメンバーズカードと1万20円を出した。
法人会員は、1回の利用ごとに1620円を支払う。
貧困層の私としては結構イタイのだが、老後までの健康維持費と考えれば決して高くはないと結論。

すると、受付の女性が私のカードを片手にパソコンをたたき、画面を覗き込みながら、
「え・・・・・・とぉ、1000円ですけど・・・・・・」
といいながら、20円はいらないのではないか、という。 (えっ!?)
会社の名前を確認される。

「1000円になってますね・・・・・・」(えぇ~っ!)
もう一度パソコンを叩き直して確認している。
ちょうど事務所から出てきた男性スタッフにも確認して、やっぱり1000円です、ということになった。
やった~! やった~っ! 日曜日が5回ある月も(5回とも)来れるじゃないか!(1620円を5回はキツイのです)
心の中で万歳三唱。 めでたしめでたし。

3つ目のビックリ。
福井県の鯖江市というところが、世界の3大メガネ枠製造として有名だとは、この年になるまで知らなかった。
明治38年に増永五左衛門という人が、農閑期に副業として始めたらしい。
ちなみに、世界の3大地はイタリアのBelluno、中国の温州・深川、そして福井県鯖江市とのこと。 (へぇ~)

なぜ今この話題になるかというと、鯖江市のお土産をいただいたのだ。
d0046294_108482.jpg

皿に乗せているのは、食べ物だから。
メガネのフレームの型パンで堅パン。
「お召し上がり前にお読みください」という注意書きが面白い。

“当製品は大変堅く焼き上げております。少しずつ割って、かまずにほおばりながら味わってみてください。歯には十分気を付けてご賞味ください。”

昔は歯が丈夫だったけど、年をとったら歯も弱くなる。それを自覚できずにガブッと噛みついて、バキッと歯を割ってしまってから、「堅すぎる」などとクレームの電話をかける人もいるのかもしれない。
歯が弱っているという点では私も同じだから、十分に気を付けて、手で細かく割ってから口の中で溶かすことにした。
その前に・・・・・・、やっぱりこれをやりたくなる。
d0046294_10313287.jpg

子どもじゃないんだから・・・・・・と自分に言い聞かせながら、やっぱりやらずにおれなかったのだよ。
貰った時から、これをやるのを楽しみにしていたんだから。・・・・・・
でもスッピンだし髪はボサボサで、お見苦しいのは承知の上。
なので、せめて画像を小さくしたことでお許しいただきたい。(それでも見せたくなるってのは・・・・・・子どもだね)

年老いていく子どもに、蟻ったけの励ましのぽちっ★をお願いね。d(^_^;)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-05-12 10:56 | ■とりあえず日記 | Comments(0)
<< お金に換算できないモノ 床板と網戸の張り替え、そして天... >>