<< はじめてのお料理 さざえ酒 >>
アートな家
ゴールデンウィークが近づくと、いよいよジャスミンの満開が近づいてきたなぁ、と思う。
昨日、今日の天気予報では雨とのことだったので、咲き始めたごく一部を切り取っておいた。
d0046294_9175922.jpg

咲き始めのジャスミンが一番香るような気がする。
毎年、少しずつ切り取って家の中のあちこちに飾るのだが、初咲の花のような強い香りを感じなくなる。
香りに慣れてしまうのか、それとも咲く花の数が多くなるほど香りが弱まるのか。

もうすぐやってくるゴールデンウィークは、毎年“草刈りウィーク”。
ジャスミンの木の前にお茶の用意をしておき、ティータイムやランチタイムは外で楽しむようにしている。
太陽の光とジャスミンの香りが、なんとも幸せな気分にしてくれるのだ。
今年もあと数日で、その時間がやってくるんだなぁ。・・・・・・

さて話は変わって、わが家はご存じのとおりボロボロのボロ家なので、手をかけなければならない所は満載だ。
庭が野性の小森ならば、家の中も創造性を発揮しまくるアートスペースだらけ。
雨漏りで長年ビニールを張っていた廊下の屋根板。昨日この2枚の板が、“困った時のスーパーマン”によって張り替えられることになった。

なんといっても、わが家の雨漏り歴は長い
ぽたりぽたりと滴が落ちてくる箇所にビニールを張り、一か所に穴をあけて糸を垂らし、落下した水滴が跳ねないようにするなど、さまざまな工夫がこらされてきた。が、とうとうその歴史も幕を閉じようとしている。

こわごわビニールを取り除き、朽ちて薄っぺらい板をベリッ! と引きはがす。
d0046294_9515199.jpg

薄板一枚残して、この上から新しい板を打ち付けることにした。
d0046294_9571692.jpg

そして、こちらが出来上がり。
板の色が全然違うけれど、ビニール張りと比べれば、格段に普通の家に近づいたではないか!
d0046294_9333912.jpg

向かって、左後方にも雨漏り跡が見える。(カゴが下がっている部分) 次回はここを張り替え予定。
まだまだ張り替えなければならない箇所は盛りだくさんで、屋根板が終わったら床板もある。
そのうちに庭に張り出すテラスを作ろうなどという企みもあり、こうなると断然ボロ家が楽しくなってくる。
しかし、スーパーマンは3分間しかいられないので、・・・・・・あ、これはウルトラマンか。
とにかく時間限定の労働だから、少しずつ普通に人が住んでいそうな、そしてアートな家になっていくことになる。

そんなこととは関係なく、野草園の草たちは日々たくましく成長しながら季節を知らせてくれる。
私はその野草園の手入れをしながら、ひたすら季節を追いかけるのだ。
とはいっても、今日は雨だから身体の電池が微弱で、太陽光充電もできない。
だから、その代りに、正午に近づいたら泡の出るガソリンを給油せねばならないのだ・・・・・・。

晴耕雨呑の生活に、ぽちっとお願いね。d(^.^;) 風呂ニモ入ロ…
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-04-30 10:31 | ■とりあえず日記 | Comments(0)
<< はじめてのお料理 さざえ酒 >>