<< どんぶりではなくて、 回転モップ~! >>
河津桜を見に三浦海岸へ行く
週末、河津桜を愛でるために京浜急行三浦海岸駅まで行ってきました。
三浦半島に住んで長いこと経ちますが、半島の先っぽにあたる三浦海岸や三崎口に電車で行ったことは、数えるほどしかありません。特に三崎口などは、私の記憶が正しければ、一度電車の中に傘を忘れて、その傘を受け取りに三崎口駅まで行ったきり。

車があったころは、葉山経由でよくドライブに行っていましたが、車が母とともに去ってからは、とんとご無沙汰です。
だから電車で行くのも新鮮だし、久しぶりの三浦三崎だし、とちょっとした小旅行気分です。
まず、観光客で溢れんばかりの三浦海岸駅に降り立って目につくのは、
「きゃ~! お土産物屋さんがいっぱ~い!」
とテンションが急上昇の中、・・・・・「まぐろの目玉 2個入り500円」?! じぇ、じぇ、じぇ~!(もう古い?)
d0046294_186351.jpg

すっかり桜を見に来たことを忘れている自分に気づき、アンタ、河津桜を見に来たんでしょーが!・・・・・・と意識を呼び戻しましたが、なぜかお土産物屋さんって楽しいですよねぇ。われを忘れるほどに。

そして駅前に立ち並ぶまっピンクの桜。 これが河津桜だそうです。
“だそうです”というのは、私は河津桜に初対面だからです。
まぁ・・・・・・お雛さまの時に飾る桜みたいではないの! まるで作り物のように鮮やかな色彩に見とれ、驚きました。
d0046294_1855416.jpg

そして振り向けば・・・・・・!
d0046294_1853869.jpg

駅の看板にまで、桜が咲いてます!
私的にはこの桜看板は大いに気に入り、ツボにはまって大ウケ。
桜の時期が終わったら、この看板は架け替えるのでしょうか。 (替えますよねぇ・・・・・・たぶん)。

さて、あのまっピンクの河津桜は、三浦海岸駅から小松ヶ池公園まで、線路沿いに約 1km続いています。
約1000本と聞きましたが、残念、数えてきませんでした。 (数えられません)。
桜の下には一面、菜の花が咲き乱れ、まだ蕾が開ききらない菜の花は、なんともおいしそう。・・・・・辛し和えで食べたい! と目が釘付けになってしまいました。(桜を見に来たんでしょーが!)

小松ヶ池公園は、まるで江戸時代の原風景ではないかというような湿地帯が広がっています。
d0046294_1862889.jpg

ぞろぞろと人の列に従ってこの湿地帯に掛っている橋を歩いていくと、やがて大きな池が見えてきました。
d0046294_1864636.jpg

のどかにツガイのカモなどが戯れており、その光景にまったり浸りながら、お腹が空いてきました。(?)
d0046294_1865899.jpg

河津桜鑑賞の後、三崎口から三崎港の市場に行ってマグロを食べるコースを予定していましたが、腹が空いては戦ができぬ、とばかりに、まずは軽く腹ごしらえ。居並ぶ出店から「もつ煮」を選び、持参のサングリアをグッと流し込んで、
「さぁ! 三崎のマグロへ!」

三崎駅からバスで三崎港に出るのですが、このバスが渋滞のために約30分かかり、立っている人は気の毒でした。
そしてマグロコロッケやイカ焼き、ハマグリ、とろまん(トロの中華まん)などを食べ、ビールを飲み、締めに寿司を食し、お土産を下げて帰宅という、なんとも濃縮還元ジュースのようにギュッと凝縮した一日でした。

ところがね、写真を撮ることを、すっかり忘れていましたのさ。
・・・・・・食べるのに忙しくて。

やっぱり花よりダンゴだわ~!の私 に、ぽちっと一票をお願いね。d(*^o^*)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-03-10 18:49 | ■とりあえず日記 | Comments(0)
<< どんぶりではなくて、 回転モップ~! >>