<< フルーツワインゼリー サングリア >>
ペンギンになった日
2月14日は雪が降って、恋人たちのホワイトバレンタインデ~♪
というわけにはいかず、大雪すぎて想定外のハプニングだらけとなりました。

6時ごろ、
「もう帰ってもいいよ。帰れなくちゃっうから」
と部長さんが言ってくれるので、1時間早めに帰宅することにしました。

事前に京浜急行のホームページで運行状況を確認すると、10分~15分ほどの遅れとあり、「不通」とか「見合わせ」という文字は見当たらないので、多少時間がかかっても帰れると確信して職場を後にしました。

さて、品川に着くと、混んではいますがそれほど混乱してるわけでもなく、6時40分の品川始発に乗れました。
もちろん座ることができたので、これでひと安心。
途中、停止信号や徐行などで10分の遅れが生じていることを車内放送で知りましたが、まぁ10分なんてどーってことありません。想定内です。
ところが! 

横須賀中央駅を発車直前、車内放送を聞いて、
「え゙っ!」
と声を上げそうになりました。
“次の、堀の内で各駅停車「浦賀行き」との接続はありませんので、お気を付けください」
というではないか! 
“お気を付けください”って、どー気をつけたらいいのさ。 アンタ、放送すんのが遅いわさ!
心の中で散々毒づきましたが、大人なので言葉にはしません。
でも、隣に座っていたデカイ兄ちゃんが、
「えっ! マジかよぉ・・・!」
と、小さな声で代弁してくれてました。  ほんと、マジかよぉ・・・・・・!

特急や快速に乗ってきた長距離移動の乗客は、堀の内という駅で必ず待っていてくれる「浦賀行」の各駅停車に出迎えられます。
けれども、終電近くなると本数が減り、浦賀行きを待つために、吹きさらしのホームで20分近く待つことがあります。
飲んでイイ気分で帰ってきても、酔いはいっぺんに吹き飛び、気持ちよくうたた寝などしてこようものなら、天国から地獄に突き落とされたような気分に。
そして、案の定・・・・・・電車から出た途端に、雪が正面から吹き付けてきました。しかも渦を巻いて襲ってくるではありませんか!

きゃぁ~! ここはどこ? 南極?
なんて思った途端に、映画『南極物語』の音楽が頭の中に流れ、
「太郎~!」
なんて犬を呼ぶ場面が浮かびました。

そんなこたぁどーでもいいことで、問題はここから。
なんと、浦賀行きはあと15分近く来ないことを放送で知ります。
その途端に、ホームに降り立っていた人の多くがぞろぞろと、ホーム後方の階段に向かって避難します。
私はちょっと迷いましたが、最前車両に乗るんだからホーム後方まで行くのも面倒臭いと思い、傘を差して、風に背を向けてその場で待つことに。

ところが、ちょっと油断すると、ホームの反対側に飛ばされて落ちるのではないかと思うほどの風圧。
両足を踏ん張って、その場にジッと立つことに集中します。
自然に目を閉じて、まるで瞑想するような心境でジッと耐えながら、
「ペンギンみたい・・・・・・」
と、ふと思いました。
すると、ペンギン・・・・・・ペンギン・・・・・・ペンギン・・・・・と何度も頭の中で繰り返すうちに、
(ペンギン~♪・・・・・・ペンギン~♪・・・・・・ペンギンさ~ん♪)
と歌っている自分が! 
なんだか可笑しくなりました。

吹雪に耐えてジッと目を閉じているペンギンたちの姿が目に浮かびますが、まさか、周囲に立ち尽くしている数人の人たちに
「ペンギンのように、くっつきましょうよ!」
と呼びかけることもできず、私はペンギンの群れの一部になった妄想の中で、このブリザードに耐えることにしました。
d0046294_17442827.jpg

なんと、久里浜行きの快速電車を3台も見送った後、ようやく浦賀行き各駅停車が来ました。
(3台も見送るなんて、アホちゃうか!)
せっかく早く電車に乗っても、何の意味もないじゃんか! とさすがに腹が立ちましたが、暖かい電車に乗った時には、とにかくほっとしました。
そしてバスに乗り、後はガンバッテ歩いて帰ればいいだけ! やったーっ!

と喜ぶのは、まだ早かった。
バスを降りると、かなり急な上がり坂があります。
ここを上ることができないのです。
(岩手で買ってきたブーツを履いているし、これで雪の中を散歩していたから大丈夫!)
と自信満々だったのですが、吹き付ける風が強すぎて傘もさせません。
半分傘を閉じ気味にして、風圧を弱くしながらゆっくり歩を進めようとしますが、それでも進めません。
(うぅ・・・・・ここは八甲田山か?!)
なんて思った途端に、今度は映画『八甲田山』の場面に変わり、
(た、隊長・・・・・・もう、進めません・・・・・・)
なんて心の中で言っているオマエは、アホちゃうか! 
d0046294_1802172.jpg

必死にナントカ上がろうとガンバル自分と、妄想族のアホな自分とで支離滅裂になりながら、
「えぇ~い! 傘なんかいらんわ!」
ついには傘を閉じて、ブリザードに立ち向かって歩き出しました。
ああ、明日は家に籠城だと思うから、思いっきり買ってきた野菜が重いわぁ~!
目の前には吹き付けてくる雪の粒、右手は大きなビニール袋がガサガサ、コートは遭難しかけているように真っ白。
どう見たって、温暖な横須賀での出来事には思えましぇん。・・・・

家に着くまで、
「ここは、どこじゃ? 花巻(両親がいる岩手県)か?」
と自問自答するほどに雪が一面を覆い、玄関に辿り着いたのは9時ちょっと前。
1時間早く帰してもらいましたが、結局、いつも通りの時間に帰宅となりました。
(久々の荒行だったよねぇ・・・・・・)。
それでも、ひとまず帰宅難民とならずに済みました。 ありがたや、ありがたや・・・・・・。


「ありがたや」といえば、今年もお世話になった方、ご縁があった方に、
ほんの少しだけですが心を込めて、チョコっとありがとう~❤
生チョコ風ブラウニーを作りました。
d0046294_18112552.jpg

感謝の気持ちが届きますように・・・・・・。
このチョコを食べた人が、もーっと幸せになりますように・・・・・・。
装丁内のチョコレート・・・・・・。 (/_^;)

忘れ難きホワイトバレンタインデーに、ぽちっとお願いね。d(*^o^*)/
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-02-16 18:32 | ■とりあえず日記
<< フルーツワインゼリー サングリア >>