<< どぶ板通り (プチ・アメリカ体験) スイーツ3点セット >>
九月の食紀行
なんということか!
日記なのに週報になってしまう・・・・・・と心配していたら、ついに月報になってしまうではないか!
いかんいかん! すっかりサボリ癖がついているではないか!

よし! 

これからは心を入れ替えて、毎日が無理でも二-三日おきには・・・・・・。
二-三日おきが無理なら週一回は・・・・・・。
それでも無理なら隔週で・・・・・・いや、それはちょっと空き過ぎか・・・・・・。

ならばやっぱり週二回くらいは・・・・・・そうだ! 更新の曜日を決めようか。
い、いや、・・・・・・それはプレッシャーを感じてしまう。

あれもこれもと書きたいネタがざくざく溢れてくる時もあれば、パタリと心が動かないこともある。
それがいけないのだ、そういうムラが成熟を止めるのだ。
いや、もう十分に成熟しているぞ。・・・・・・あ、成熟しているのは年齢だけか。

いや、年齢が成熟するわけではない。
熟れても熟れなくても、一年に一つずつ数が増えていくのが年齢。
ふ・・・・・・む、これは真なる平等とかいうのであろうか。・・・・・・

などと脇道に逸れそうになりながら、どーでもいいことをたっぷりと、言い訳を込めた前書きはこの辺で止めておきます。
とりあえずは、前回の9月6日の晩からざっくりとたどってみましょう。

9月6日は金曜日で、ワインなどを嗜みました。ええ、ご馳走になったのでございますね。
野菜がおいしいお店で、この時に食べた生の「つるむらさき」があまりに美味しくて、この後スーパーで見つけては買っております。
そう、こうなると次は、つるむらさきの「タネ」を見つけなければなりません。
やっぱり、美味しいものは自家栽培で採りたてを食べなければ・・・・・・。(ワインといいながら写真はビール・・・。ワインはこの後でした)。
d0046294_8264986.jpg

9月8日、日曜の朝。
急にスコーンがすこーんと食べたくなり、
(確か以前、小麦粉でサクサクスコーンを焼いたことあった・・・・・・)
と思い出します。
オーブンを使わず、トースターで作るイングリッシュスコーン。これはイケます。
d0046294_827383.jpg

9月10日の夜。
仕事から帰ってきて、まずは一杯! 帰宅してからの料理は、なんとも疲れてやる気が出ないのですが、なんとなく温かい手作りものを食べると体に優しい気がします。
冷蔵庫からナスを取り出し、ごま油で焼いただけ。それに生姜のすり下ろしと青じそをたっぷり、お醤油をさーっとかけるだけの物ですが、これで十分気分は満たされました。
d0046294_8274577.jpg

9月13日の花金は、ふたり飲みです。
念願の立ち飲み屋さんで、焼き鳥や串焼きなどを食べました。
周囲を見回せば、おにいさんやおじさんやおじさん・・・オジサン・・・おじさん・・・の中に、ぽつりぽつりと若い女性二人組などがいます。えーっと、オバサンの二人組はいませんでした。・・・・・・
d0046294_82816.jpg

上を見上げれば、ピラピラとはためくお品書きや「ホッピー」なんて書かれた提灯が下がって雰囲気バツグンでございます。 ええなぁ、こういう雰囲気……♪
d0046294_828976.jpg

9月14日の朝食。これは自宅ではありませんねん。ホテルどす。
この日、超早い時間の新幹線で岩手にいくため、昨夜はホテルに泊まったのでした。三連休は岩手でした。
この時のようすは、また追々・・・・・・。
(注:新聞はホテルで「自由にお持ちください」と書かれてあったもので、自分の意思で買ったものではありません。買うならば、安くて面白い「東京新聞」です、絶対に)。
d0046294_8282614.jpg

9月20日は三回目の花金。
金曜日はたいてい出勤の日ですが、この日は珍しく仕事がない日でした。
何年ぶりかの女友だちから連絡をもらい、横浜で会うことになりました。
夜の横浜をぶらついて感じることは、とにかく東京よりも人が少ない、照明が薄暗い。これが何となく海外の街を彷彿とさせて、空気感がいいのです。
d0046294_8285696.jpg

この日行ったのは、みなとみらいにある横浜美術館。
d0046294_8291470.jpg

の向かい側にある、マークイズ(Markis)というショッピングセンター(?)です。
d0046294_8292380.jpg

横浜は全体的に高層ビルが少なく、このマークイズも五階建て。その五階にはハーブなどが植えられた「庭」があります。その小さな庭を散策すると、ほどよく薄暗い照明がこれまたいい! そして・・・! うわぁ~!
d0046294_8293531.jpg

「あそこで食事がしたいねぇ!」
見下ろすとワンフロア下のレストランにはテラスがあり、そこがなんともニューヨークみたい!(なぜニューヨークだ?)
d0046294_8294793.jpg

ええ、食べたものは写し忘れてしまったのですが、久々に
(ここはデートスポットに最高のロケーションだわ・・・・・・!)
と、気分が80年代に戻ってしまったひとときでした。

そしてようやく昨日、9月25日の朝。
再びイングリッシュスコーンが食べたくなり、セッセと焼きました。
半分は、上にシナモンシュガーをたっぷり振りかけて焼いてみました。
直径5センチ、高さ3センチほどのスコーンが8-9個焼けるので、一度に全部を食べきることはできませんが、朝三つ、夜三つ(飲んだ後に)、翌朝(今朝)軽くトースターで焼き直して残りの三つ、で完食です。
d0046294_8303765.jpg

今度、レーズンとかクルミとかを入れて焼いてみようかなぁ・・・・・・。

あ、ついでですが、昨日25日は私の何回目かの生誕日でした。
ケーキを焼いて祝うような気分でもなかったので(雨がザーザーでしたし)、せめてスコーンを焼いたというわけです。

ま、なんだかよく分かりませんが、今後もよく分からないまま、気分次第、風まかせ、川の流れのように時々を楽しみ、つれづれなるままにその記録を書きつづってゆきたいと思ひます。

今後とも、どーぞよろしゅう・・・・・・。m(_ _)m


祝ぽちっ! をお願いね~!\(^0^)/ Yeah~!
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2013-09-26 08:27 | ■とりあえず日記 | Comments(2)
Commented by あべ at 2013-09-26 20:55 x
お久しぶりに復帰して安心しました

全編食い物の話しでしたネ
Commented by anrianan at 2013-09-27 08:24
★あべさま、
はい、長らくサボリ病に罹っておりましたので、まだリハビリですが・・・、
食い気は健在でございます。(笑)
平和な証拠ということで、ありがたい毎日です。・・・
<< どぶ板通り (プチ・アメリカ体験) スイーツ3点セット >>