<< お祭り 心残りが解決した朝 >>
撮影会
猛暑真っ盛りの8月から運命の大転換。
それまでの“まったり前期高齢者生活”から一転、“働き盛りの勤め人生活”に戻りました。人生を巻き戻した気分です。
朝4時半起床の夜9時帰宅が週5日、ウキウキわくわくと荒行に挑み、一ヶ月過ぎたこのごろは少々バテ気味。
年々疲労を感じるようになり、去年よりも暑さを感じるのは猛暑のせいか、年のせいか? と悩むわけですな。・・・
というわけで、日記のはずのブログも週報になりかけたりなどしていますが、あちきの心は超元気! 


ところで、タイトルの“撮影会”というのは、もう一週間前の話。

  あ゙っ・・・・・・・・・、ボケボケ。
d0046294_22223540.jpg

そう、前に書いた首都オペラで、出演者に届いたお花を整理しながら、まるで自分がもらったかのように抱えて記念撮影をしたのです。が、撮影者はちょっと(だいぶ?)年上のおねぇーさま。・・・・

「慣れないカメラを使うとダメねぇ・・・・・・」
とおねぇーさま。
ええ、確かに・・・・・・。

「半押しして、ピピッ! と鳴ったら、そのままグッと押してください」
「えっ?・・・・・・あ、(ピピッ!) あらっ・・・・・・・。 え?・・・・・だめ? あれ?」

ふふふふ・・・・・・・!
もう見ている方が可笑しくなってしまいます。
「もうね、今、ピピッの瞬間にカメラが揺れていました」
と私。
「そうよね、あら、やだわ。・・・・自分のカメラなら上手く撮れるのに・・・・・・」
分かります、私もそうです、と笑いをかみ殺しながら言うと、別のおねぇさまが、
「じゃ、私が撮ってあげるわ」。
この方は、イタリアで個展を開くほどのアーティストです。
「うわぁ! アーティストに撮ってもらえるんですね!」
といいながら、再びポーズ。
「あ、お花をこっち向けるようにして・・・・・・アーティストだからね、注文つけるのよ、・・・・・・そうそう・・・・・・」

ピピッ!
の瞬間に、(ブっふふふ・・・・・)やっぱり微妙にカメラが上下に動いたのが見えちゃった。 
d0046294_2222508.jpg

「あら、ダメ?!」
デジカメの小さな画面を確認しながら、
「あ、でも少しブレてる方が美しく撮れてます」
というと、
「そうねぇ! 私なんかもさ、シワなんかが写らなくてきれいに撮れちゃうのよね!」
あっはっはっはっは・・・・・! (^o^;)

       確かに。・・・・・・・・




ソフトフォーカスは重要です! の私に、ぽちっと一票をお願いね。(^_^;)b
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2012-09-08 09:50 | ■とりあえず日記 | Comments(4)
Commented by トミミン at 2012-09-08 11:39 x
Anriさん、こんにちは~!
初めまして<(_ _)>
だいぶ前からこちらのファンだったのですがいつもは読みにげしていました(^^ゞ
でもでも、今日はお顔を拝見して、ついつい、コメントしたくなりました。
ワォー、Anrisさん、美人さんですね~。
それに想像よりもお若いのでびっくりしました(どんな想像してたんだっ!)
いつものスイーツづくりやお庭のあれこれ、お母様とのほのぼのしたお話など大好きです。
また、遊びに伺いますね!
これからもよろしくお願いします。
Commented by anrianan at 2012-09-08 21:31
★トミミンさん、
はじめまして~! 
読んでくれていたとは、うれしいです。どうもありがとうございます!
なんですって?・・・・美・・・人・・・? うふふふ・・・・・、大文字で書いてほしいわぁ・・・・・。
とはいうものの、このソフトフォーカス(手振れ?)は、かなり正解です。(^_^;)
それでも「ほっぺの肉が下がってきている・・・・」などと、私的には老化を感じているのですけれど。・・・・
昨年のスイーツ作り熱中症もご存知なのですね。ほんとに・・・・夢のようです、今になると。・・・
その時その時にやってきた大波小波に乗って、人生のサーフィンを楽しもうと思います。
こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。いつでも遊びにいらしてください。私も伺います。m(__)m
Commented by 銀の小鈴 at 2012-09-09 11:53 x
こんにちは

笑顔がとってもすてきです
特に2枚目
こぼれるようなというか
花がほころぶようなというか…
うん すてきですよ!

>働き盛りの勤め人生活”に戻りました
そこに戻るまえにもきちんと自分を保っていたからこそですよね
よかったです!!

ブログも時間のある時でいいですから
これからも時々の更新を楽しみにしていますよ~ ^^

Commented by anrianan at 2012-09-09 15:10
★銀の小鈴さま、
こんにちは!
なんて勿体無く、素晴らしいコメント・・・・・・。(;_;)
「花がほころぶような」という響きは素敵です。
晩年のような生活時代は、諦めつつも不安から逃れることができず、自分を保っていたといえるのかどうか・・・・・。そういう中で、このブログを続けることや、このブログを通じての出会いが私を救ってくれていたことは確かです。会ったこともない人なのに、なぜかとても近しいものを感じる人というのは、不思議ですけどやっぱり「縁」だと思うのです。この縁は、ある時は細くなっても長~く続けていきたいと願っているので、やっぱりブログをすっぱりと止めてしまうことはできないな、と思っています。
小鈴さん、どうもありがとう~! \(^o^)/
<< お祭り 心残りが解決した朝 >>