<< 暮らしは食にあり このごろの食事情 >>
匍匐(ホフク)前進の日々
上がり坂を匍匐前進して一つ目の平地に辿り着いた・・・・・・、これが今の心境。
OLだったころの生活を再現しているようで、
(ああ、そうそう、週末を待ち侘びる楽しみはこんな感じだった)
と実感している。

家を出る3時間前に起きて、洗濯をして髪をブロー、化粧をして軽く食事を摂る、そしてはお弁当を作る。
出先で2回分の食事をコンビニやファストフードで買うのは嫌なので、一回分は持っていくことに決めた。
たったこれだけの作業だけど、ぼやぼやしているとあっという間に時間が過ぎて、ばたばたと走り出すことになる。
慌てると決してよいことはないので、
(さ、出よう・・・・)
と思ってから玄関のドアの鍵を閉めるまで、10分の時間を取っておく。

そんなに広い家ではない。
キッチンのテーブルの上にかばんを置いて、お弁当やらコーヒーなどの飲み物を詰めたら、何歩か歩いて玄関。
それでも“窓は全部閉めた・・・?”“家の鍵は・・・・・・”“コンセントは抜いたか”などと考える隙間に、“日傘は?”とか“電車の中は寒いかな・・・・ストールを一枚持とうか・・・・”など細々とした思考が入り込み、たった2秒ほどで行ける玄関まで10分くらいかかる。

ここでバタバタと走り出ると、バス停まで歩きながらアレコレと考えて心が落ち着かなくなる。
心が落ち着かないと、やることなすこと不安定になる。
不安定になるとイライラするから、心がトゲトゲする。
そうすると体調を崩す。・・・・・・という仕組み。


そうは言っても、人間だから体調は日々変化する。
でも今はそんなことを言っている時ではない。良い意味で体を鈍感にして、
(仕事に行けて嬉しい!)
という気持ちのみに焦点を当てる。

考えてもみなよ、今までどれだけ苦しい生活をしてきたのか。 どれだけ社会からホサレてきたのか。
もう明けないのではないかと思っていた夜がやっと明けたのだから、そりゃ明るい内にどんどん働こうじゃないのさ!
てな気にもなるってもんだ。

ついでに過去のリボ借金も、できるだけ返すのだ! p(^o^)q イェ~イ! という目標が私を奮い立たせる。
のだけど、入れば入るだけほしいものが増えるって、一体何なの?! と思う。
ほら、今まで
(アレがほしいなぁ・・・)
と思っていた物が“やっと買える!”てな状態になったもんだから、ついつい懐が緩むわけ。
ああ・・・・、もともとの借金が減っていかないじゃないかぁ・・・・・、となるわけね。
それでも、「入るものも出るものもない」よりは「どんどん入ってどんどん出ていく」方がずっと気持ちがいい。

これも懐が緩んだ一つ。 ひものを干す網。
d0046294_748289.jpg

うちには魚を捕ってきてくれる男はいないし、私は魚の餌を触れないから、魚をさばくことができない。
それでも雨が降らない限り、これに野菜を入れて軒にぶら下げておけば虫にたかられることもなく、留守の間も安心して干しておける。
これはドライトマトを作っているところ。

そう、ポイントは“留守の間も”という点。
一日中家にいられる日は、この笊に並べて二階のベランダに干しておけばいいから。
d0046294_7525361.jpg

こうしてあっという間の二日間は過ぎていく。
週末をウィークエンドというけれど、日曜日は「エンド」というよりは「スタート」。
来週分のお弁当のおかずを作り、ご飯を炊く。

  ああ・・・・・自分だけのために作るって、意外と大変。・・・・・・・





また明日から元気に匍匐前進できるように、応援のぽちっをお願いね~! \(^o^)/Yeah~!
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング

※ 匍匐前進は、隠密性や遮蔽性の効果があり、敵に発見されにくく、また飛来してくる銃弾の被害を抑える。
  (ウィキペディアより)

by anrianan | 2012-08-12 08:22 | ■とりあえず日記 | Comments(2)
Commented by tomiete2 at 2012-08-13 04:46
おはようございます。

 頑張っておられますね。
 ドライトマト。。。失敗したのでさいちょうせん・・・今度はうまくゆくかな~~
Commented by anrianan at 2012-08-13 22:01
★tomieteさま、
こんばんわ。
・・・・・帰って参りました。・・・・・ドライトマトをつまみにビールをやっぱり飲みたいと・・・・・・、数切れのトマトを網の中に残して、外に吊るしていったのですが・・・・・カビておりました。(;_:) 勿体のうございました・・・・・。49494949・・・・・悲しいやけ酒気分で飲んでおります。・・・・あとは寝るだけ。(-_-)zzz すぐに明日です。・・・・
<< 暮らしは食にあり このごろの食事情 >>