<< いよいよ、です・・・・ 朝一の仕事は草刈り >>
私はツマでもダシでもありません
中学二年生のとき、国語の先生に言われた。
「人と話すときは、相手の目を見て話すもんだぞ」
視線のことなどあまり気にしていなかったので、そう言われたことにビックリした。
目玉をきょろきょろさせていたのだろうか? と、初めて視線というものに意識が向いた出来事でもあった。
もしかしたら相手の目をじっと見ることが恥ずかしくて、(私はシャイだし)、そらしていたのかもしれない。(?)

木造校舎の長い廊下、その窓際で先生と話した情景を、今でも鮮明に覚えている。
教師になりたての24歳の男性教師、後に再会した時にその話をしたら、
「俺もまだバリバリのやる気があったころだからな」
と笑っていた。
ほんとだ、私とたった10歳しか離れていない青二才だったくせして・・・・・。


でも14歳の私には強烈だったその一言が、今でも誰かと話している時に蘇る。
時と場合によっては、未だに恥ずかしくて目をそらしたくなることがあるのだけど、
「誠意を伝えるためには視線をそらせてはならぬ」
とガンバって相手の目を見るようにする。


ということで、話している時に相手に視線をしょっちゅう外されると、
(この人は私を見たくないんだろうか? 嫌いなんだろうか?)
と、話の内容よりも、視線を外す理由が気になってしまう。

私から話しかけて逸らされるのならば、“話したくないのかも” と考えられるが、話しかけられた場合はいくつもの疑問符が私の頭の中を飛び跳ねる。
さらに、私と話し始めたのに、傍らにいる別の人間(女性)に視線を送りながら話していたりすると、
(実はこっちの人と話したいのか? ・・・・・・あたしゃ、単なるダシかい?)
と思ってしまう。
そりゃね、十分にイイ出汁が出ると思いますけどね。 年季が入ってますから。・・・・・

それでもね、アタシャまだ出がらしにはなりたくないざんす。

それとも・・・・・・ダシに使われているのではなくて、刺身を引き立てているツマですかい?
あの、あってもなくてもいいツマ・・・・・・いや、違うな、あった方が赤いマグロがキレイに見えるし、一緒に食べるとサッパリしておいしい、あの白くてソバのように細長いツマ! (ちなみに、あの繊細なまでに細く刻まれた大根が、私は大好きざんす。)

それにしても、妻になれないからってツマにはなりたかないわい。・・・・・

なんてバカなギャグに内心呆れながら、チラ見男にはドッチラケる。
その本人にズバリ理由を聞けば正確な答えを得られるのだけど、
「私と話しているのに、なぜ別の人に視線をキョロキョロさせるの?」
なんて聞いたら、私が焼き餅をやいていると勘違いされてしまいそうではないか。結局、
(餅を焼くほどの男じゃないし)
と思って、このことは私の中から単純に消去しようと思うのだけど、どうもスッキリしない。


中国の諺で「指桑罵槐(桑を指して槐を罵る)」というのを思い出した。
本当の怒りの対象とはぜんぜん別のものを攻撃する、ということ。
私の場合は怒りではないのだけれど、あちきを使わないでおくれ、と思うのだ。

  あたしゃ、ツマでもダシでもないのだから。




今日は雨出汁、明日も江戸出汁、ツマらないギャグばかり出汁・・・・・・、
閃きのエネルギーをぽちっと送っておくれ。 (^。^;)b

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2012-07-03 19:19 | ■とりあえず日記 | Comments(6)
Commented by ぽぽす at 2012-07-04 15:01 x
そんなの・・・あんりさんが美人さんなもんで
照れてるだけじゃないですか!
という殿方もいると思いますよ。でもアンリさんは
それぐらいで外す男はおよびじゃないぜ!という(笑)

私の場合、少し斜視なんですよ。普段はわかりにくいと
思いますが、それで学校の先生に気持ちが悪いと言われてから
人と話すときは目線をズラす癖があります。
子供の頃の先生の言葉の威力ってすごいですねぇ。
(ちなみにその先生は皆の嫌われ者でした。だから
 悪態つかれてもへっちゃら!!でした)
Commented by トマコ at 2012-07-04 20:48 x
わぁ! その先生、お若いのに凄いですね^^
今の先生は、そんな事教えてくれるのかなぁ・・・

目を見て話すって、私も誰かに教わった気がします。
全く見ない人もいるけど、キョロキョロそらす男性なら
やっぱり恥ずかしいのカモ!?
って思いました^^
あんまり見つめるのも恥ずかしいし、見つめられても恥ずかしいような!?

それにしても、あんりさんはやっぱり喩がお上手ですね。
ツマとダシ、思わず吹き出しました^m^
Commented by anrianan at 2012-07-04 21:30
★ぽぽすさま、
学校の先生が「気持ち悪い」といったのですか?! その人、クビ決定。
高校生になって生意気になってくると、教師を批判なんかして、新人の大人しい教師だったりすると泣かしてしまったこともありましたけど、小中学生のころって、まだ先生が全権を握っているようなところがありましたよね。・・・・ 中学のその先生は、私を買ってくれているところがあったから素直に聞けましたけど、私に対しての評価は先生の間でも真っ二つに分かれていましたから、人間って周囲の人々の評価で作られるのだなと、その時にしみじみ感じました。
近くに暖かく見守って導いてくれる先生がいるかどうかで、一人の人間の人生が大きく変わるような気がします。
私が美しくて目をそらす・・・・・? そりゃないな。(笑) 怖くてそらす・・・それはあり得るかも。(^_^;)
Commented by anrianan at 2012-07-04 21:45
★トマコさま、
子どものころって、大人は何でも知っているとか、エライと思っていたけれど、教師に限らず、ダテに年をとっていく大人もいっぱいいるってこと、自分が大人になると分かりますよね。(^_^;)
電車の中の親子連れなんかを見ると、老けてるか若いかだけが違いの双子みたいな母娘がいたり、子どもの方がよっぽど悟っているような親子がいたり。・・・・・・ その熱血先生は、後に校長先生になりましたけど、50代になった先生も「あの時と変わってないわ」と感じました。(笑)
人間って、結局そんなに変われるものでもなく、内面的に成長をするってことは、よっぽど辛い目にあったり苦難を乗り越えて、ようやくほんのちょっとの成長ができるのかもしれない、と最近考えたりします。
親は自分が知っている範囲で子どもに伝えることができるけど、その親だってこの世では知らない領域がほとんどだ、ってことですよね。・・・・・
Commented by tengtian60 at 2012-07-05 13:11
こんにちは!

そうですね・・
今考えてみると先生と10歳くらいしか違わなかったんですよね・・私も^^
でもその頃はかなりの年齢差を感じました。
15年くらいにクラス会がありました時に先生もご出席されていまして
その時は年齢差を感じませんでした^^

悪あがきしても、タンはすっかり出がらしです^^;(笑)
Commented by anrianan at 2012-07-05 18:26
★tengtianさま、
こんにちは。
学生のころは一歳二歳が大きな差に感じますけど、・・・・いつごろからでしょうか、あまり年齢で上下を感じなくなったのは。 人それぞれの持っているエネルギーとか、もともとの魂年齢というものがあるというふうに感じます。 学生のころの先生と今会って話したら、大人同士の話ができて面白いだろうな、と思います。
出がらし、いいと思いますよ。私はスッキリカラカラの出がらしになりたいと思います。 すべてを出し尽くして、あとは畑にでも撒いてもらえれば本望かしら。(笑)
<< いよいよ、です・・・・ 朝一の仕事は草刈り >>