<< 初夏の森 タラの芽の天ぷら >>
ジャスミンの香り
ジャスミンが咲く時季になった。
今年は桜がなかなか咲かず、やっと咲いたと思ったらすでに初夏のような日差しだったり、気候が安定しない。
天気が不安定だと人の心も乱れやすいような気がする。
人の心が乱れやすいと、世の中も乱れる。 ・・・・・・ような気がする。



そんな中でどこからともなく花の香りが漂ってくる。
夏の夜を思わせる日だった。
一日中スイーツ作りで、すでに家の中には甘い香りが充満し、その甘ったるさにもうあっぷあっぷしていた。

その隙間をぬって鼻先にやってくる清涼な香り。
(山にいい香りの花が咲いたのかもしれない・・・・・・)
そう思いながら私は、網戸の向こうの暗闇に鼻を向けて、くんくんと匂いの元を確かめようと一瞬試みる。
が、あっさりと諦めた。 ・・・・・・・諦めがいいのだ、私は。


そして翌日、久しぶりに庭を眺めながらパソコンに向かいたくて、以前置いていた机にノートパソコンを持ってきて電源を入れた。
すると、またもやいい香り。 それも強烈!

あっ! と気づいた。 ・・・・・・ジャスミンの香りだ!

庭のジャスミンが咲いたのかぁ・・・・・と見るが、まだ咲いていない。 あれ??
はっと思い出した、ベンジャミンの木にジャスミンを同居させていたのだ。
その家の中のジャスミンが咲いていた。
d0046294_9484628.jpg

たった数個の小さな花が咲いただけで、その香りは部屋を満たすだけでなく、隣の台所にまで届いていたのだ。
一番陽当たりのよい場所で風雨に曝されないジャスミンは、庭のジャスミンよりも一週間ほど早く咲く。

そして今朝あらためて庭のジャスミンを見てみると、やっと咲き始めたようす。
d0046294_9485740.jpg

ちゃんときれいに巻き付けていないから、なんだか大方の花が下を向いて咲いてしまうじゃないか。
いや、何度か巻き直したり剪定をしたり、手入れをしたのだ。
でも風が吹いたり雨が降ったりするうちに、結びつけた部分が緩くなって、こんなふうになってしまう。
だから、もう好きなようにさせておくのだ。・・・・・・(?)


次の連休の時に、もう一度花が上になるように直してみようか。

  花の香りに埋もれながら・・・・・・・。





でもすでに蜂がブンブン飛んでいるので実は怖い・・・・・・、というあちきに応援のぽちっをお願いね。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2012-05-08 08:08 | ■とりあえず日記
<< 初夏の森 タラの芽の天ぷら >>