<< ひなたぼっこ あけましておめでとうございます >>
いつでも準備OK!
昔は正月三日目といえば、まだどこのお店も開かず退屈を持て余したものだけど、この頃は元旦だって初売りと称して営業する店がある。
保存食のおせちを作らなくても、
「すぐに買って来られるしねぇ・・・・・」
と、おせちが廃れる(?)のも分かるというものだ。

二日は書き初めなどをするんだよ、と子どもの頃に聞いた記憶があるけれど、私は二日に東京駅と品川駅を経由して横須賀に帰ってきた。
途中、新橋などを通るとすっかり通勤のような気持ちになってしまい、ついつい乗り換え駅での足が早まる。


東京駅に着くと、やっぱり暖かい。
東京は寒いと言っても暖かい、そして横須賀はもっと暖かい。
一面真っ白の世界から緑溢れる南国にやってきたような気分になるのはいつものこと。

今朝は、出さなかった人から来た年賀状を印刷したり、親から頼まれた住所録を作ったり、2月におナカさんの仲良しグループ(バーサン4人組)が沖縄旅行にいくとかで、そのコーディネートを頼まれてネットであれこれ検索したりしていたら、いつのまにか午後二時になっている。


そうそう、先ほどその沖縄旅行についておナカさんに電話をしていたらクックの話題になった。(いつもだけど)
二日に私と入れ違いで岩手入りした怪獣(わが弟)。

毎年クックは彼を見ると吠えていた。
「なんだよ、このバカ犬!」
などと言われ、さらに“ワンワンワンワンッ!”と反撃するクック。

ところが、今年は部屋に入ってきた弟の側に音もなく近寄ると、ちろちろと尻尾を振っている。
これには両親が驚き、
「あらぁ~! クックも大人になったんだねぇ!」
とおナカさんは感嘆の声をあげた。

けれどその後、いつもクックのベッドであるソファに腰掛けた父の横にピタリとお座りをし、きょろきょろの目を一層飛び出さんばかりに見開いているクックの表情は、息を詰めて“緊急事態発生”に緊張しているように見えて私は可笑しかった。

案の定、先ほどの電話で、
「クックがさぁ、ハルジ(弟の名)が座っているとその前を通ってベッドに戻れないんだよ」
と笑う。うろうろした揚句、母の後をくっついて歩き、ピタリと寄り添って離れないのだそうだ。
あははは・・・・・想像つくつく! デカくて野太い声を出す怪獣が恐いのだ。
その姿が目に浮かび、私は大笑いしてしまった。

私と母が台所にいると、その傍で(父に叱られなければ)いつもこうして座っていたし、
d0046294_1465067.jpg

母が座って何かをしていると、かならずこうして傍に寄り添っていたし、
d0046294_1473444.jpg

静かで穏やかな夜を迎えると、こんなふうにベッドで眠っていた。
d0046294_1482395.jpg

あ~あ、二月に母が一週間ほどいなくなるっちゅうのに大丈夫なんだろうか。
毎回おナカさんが一週間ほど横須賀にくると、夜中にふらふらと起き出して鳴いたり、ご飯を食べなくなったりするのだ。
未だ母離れできないクックはオネーチャン似だね。・・・・・・(^_^;)


さて、話は飛ぶけど、帰りの新幹線の中で久しぶりに駅弁を買って食べた。
d0046294_14133978.jpg

新花巻駅ではどーして「これ!」といった美味しそうな駅弁がないのかねぇ。・・・・・
これは新幹線の中で買ったもの。小ぶりだけどとても美味しくて大満足。これで900円。

こちらは遠野産ホップで作られた地ビール。
d0046294_14163047.jpg

その年のホップの出来によって味が違うという。そういうの、いいよなぁ・・・と思う。
これは車中では飲まずにお土産用。


ということで、雪の宮守から気分はすっかり江戸出稼ぎモードに切り替わっている。
ほら、競馬で馬がスタート前に扉を飛び出そうとしているあの状態。(競馬はやらないけどね)
そんな気分なわけ。


   おっと、焦らず急がず、ゆっくりゆっくり・・・・・・・。





とにかく歩くのが速い私、今年は「走らない」を目標にしようか・・・・・無理だろうなぁ・・・・無理だな・・・・たぶん・・・・。
ゆっくり歩くように応援のぽちっをお願いね。(^_^;)

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2012-01-03 14:38 | ■とりあえず日記
<< ひなたぼっこ あけましておめでとうございます >>