<< auひかりで無線LANのはずが... 研究費です >>
あと2カ月
2011年も残すところ2カ月となった。
あまりの時間の速さに、今年明けてからの出来事が“ついこの間”という気がする。
個人的にも世界的にも変化に富んだ年であり、印象的な出来事が多すぎるのか、まるで映画のフィルムを見るように思い返せる。

そのせいかどうかは分からない。
昨夜は23時24分にベッドに入ったというのに、3時38分に目覚めてしまいそのまま眠れなくなった。
                                                    (写真をクリックすると大きくなります)
d0046294_8232833.jpg

ようやく明るくなり、太陽の光が射し込むとなぜかホッとする。
家中の窓を開けて、とりあえず朝の空気を流し込む。

携帯のアラームが4時、5時、5時45分の3回、夏時間のままセットされている。
「朝ですよ、早く起きなさい・・・・」
と美輪さまの声で起こされるのだが、一回目はほとんど無用となっている。

4時といえば外は真っ暗で、いくら美輪さまの声でも気づかない日が多くなった。(今日は3回とも聞いたが)
いい加減冬時間にセットし直したらいいんじゃないの?・・・・・・ と先ほど気づいた。


東北の冬は寒い。
十三年前に初めて宮守(岩手県遠野市)を訪れた時、関東平野で生まれ育った私には、まさに想定外の寒さ。
正月元旦は雪かきで始まるなど、想像もしなかった。
それが毎年修行の年末を迎えていたら、なんだか少し寒さに強くなったような気がする。
けれど、気温や気候に自然に反応するのが人間の体で、毎年あの寒さを迎え撃つお年寄りたちが温かい土地に移り住んだら、どれだけ体も心も緩んで楽なことか・・・・・・と考えたりする。


その寒さ厳しい東北で起きた東日本大震災。
近しい人を亡くした人々の悲しみは、一体どのくらい癒されつつあるのだろうか。
すべての財産を失い、借金を抱え、仕事も見つからない人々に、どのくらいの救いの手が差し伸べられているのだろうか。
義援金は行き渡ったのだろうか。・・・・・・

放射能は、どのくらい拡散されているのだろうか。
私たちは、どのくらい放射性物質を体内に取り込んでしまっているのだろうか。
自然は、どのくらい破壊されてしまっているのだろうか。
これからどれほどの自然の恵みをいただいていけるのだろうか。・・・・・・



考えても求めても、真実の答えが得られるような気がしない。
希望の解決策が見つかるような気もしない。
そういう失望の中で、生きる気力を失ってしまうことが一番怖い。・・・・・・





あと二ヶ月、それぞれに素晴らしい日々が訪れますように・・・・・・。
今日も応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-11-01 08:24 | ■とりあえず日記
<< auひかりで無線LANのはずが... 研究費です >>