<< 大輪の花のまま逝ったひと バースデーケーキてんやわんや物語 >>
出る歯は抜かれる
「出る杭は打たれる」と申しますが、出る歯は抜かれる・・・・いや、抜かれたのでございます。


十年とは言わないまでもそのくらいに長い間、左右両方の奥歯を同時に使うことがありませんでした。
そのせいか両奥歯の噛み合わせが悪く、お医者さんは何度も何度も、
「はい、紙を噛んで・・・・奥歯で噛んで・・・・ぎしぎし歯ぎしりしてください」
というのですが、時には私の顎を持って正しい噛み合わせ位置に治したりしていました。
私も“奥歯で噛んで・・・”と言われると、分からない問題を当てられた生徒のような気分でした。

ところがこの度、私の右奥にやっと橋(ブリッジ)がかかり、左の橋と同時使用を再開することに相成りました。

  おぉ、なんだか気持ちいいではありませんか。

という感動もつかの間、右奥のブリッジのさらに奥、親知らずを抜くことになったのでございます。

お医者さんいわく、
「この親知らず、上にこんなに上がってきてしまっているの分かりますか?」
私の口の中を映した鏡を見ながらいいます。
「はい・・・・・・」
「この親知らずが虫歯になっていて、治療してもいいのですが、抜いてすっきりしてもいいです」
「あのぉ・・・、以前の歯医者で“上の歯と噛み合わせに使われている”と言われたのですが・・・・・・」
と申しますと、
「上の歯、抜いたから今はないですよね」
あっ・・・・・! と思い出しました。
一番奥の上の歯を、確かにいつぞや抜いておりました。
「だから下の歯が上に上がってきてしまうんです」
なるほど・・・・・・。


歯は抜くと歯間が狭くなってくるといいますが、前に寄ってくるのだそうです。
だから一番奥は抜いたままにしておいてよい、と確かその時に言われた記憶が蘇りました。
「どうしますか? 治療しますか、それとも抜きますか?」
そう問われても・・・・・・、私には今後のことも含めどちらが良いのか分からず、先生にお任せすることにしました。

そして、抜いたのでございます。

上から押さえつけられることがなくなった親知らずは、ずんずんと上に出てきてしまったのでございますね。
出る杭は叩かれますが、叩かれることがなくなった歯は抜かれてしまったのでございます。


私は麻酔を打たれ、ペンチのようなもので歯を挟まれ、先生は静かにゆっくり左右に振りながらギシギシギシ・・・・。
その音が痛くもないのに、なぜか痛いような気にさせます。
(今までありがとう・・・・・。お役目が終わりました、ありがとう)
と心の中で歯にお礼をいうことで痛みが出ないような気がして、何度も何度も念仏のように繰り返しました。

取り上げた親知らずは、確かに虫歯の部分はありましたが、大きくて形の良い立派な奥歯でした。・・・・・



というわけで、あちきは再び豆腐生活でござんす。

この際、本気で豆腐の作り方を学ぼうか・・・・・・。
なんなら豆腐屋をめざそうか。・・・・・・

                       というのは冗談でございます。








歯と一緒になにやら気力まで抜けたような気分のあちきに、応援のぽちっをお願いね。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-10-26 08:32 | ■とりあえず日記 | Comments(2)
Commented by トマコ at 2011-10-26 18:13 x
歯医者、頑張っておられますね!
私は一年近くかかって、9月に治療を終えました(^^)v
親知らずを3本抜いたんだけど、最後の1本の時に先生がおっしゃる事で
痛かったり、邪魔にならない限りは 抜かなくてもいい歯だった・・・
って事を知って、ビックリしたんです。
親知らずは抜くものと思ってたので・・・。
私の歯はもうボロボロだったので、抜いてもらいました。
そうそう、下の奥歯を20歳頃に抜かれたまま 歯医者にも放置されて
その上の歯が伸びて、下の歯茎に付いてたんですよ~
長い年月をかけて伸びてるから、自分じゃわからなかったです^^;
伸びた歯は削られて、下の空いた部分は義歯になりました。
部分的でも、義歯だと硬いものは噛めないし美味しくないですよ~
入れ歯になった方のお気持ちが、ちょこっとわかる感じです。
懲りたので、治療が終ったけど月に一度のメンテに行ってます。
あんりさんも、頑張ってね~!! &お大事に♪
Commented by anrianan at 2011-10-26 22:12
★トマコさま、
今のお医者さんは、治療をしてもらいたいと申し出た歯の治療が終わると、「これもやりましょう」みたいなことを一切言わないのです。その先生が「この親知らずは・・・・」と提言されたので、もうお任せするしかないですよね。虫歯でも放っておいて良いものもあるなんて知りませんでした。
私は他に親知らずは出ていないような・・・・・・親不幸をいっぱいしてきたのに・・・・・、とは言ってもこの頃結構たくさんのことを忘れていることに気付きました。すでにボケが始まっているのでしょうか。(^_^;)
昔は簡単に歯を抜くお医者さんが多かったような気がしますが、今は残そうとしますね。神経がない歯も残っていた方がいいのでしょうか・・・・、最近湧き出てきた疑問です。(笑)
歯に詰め物をしても味が変わりますね。つくづく、どうしてもっと小まめに治療しておかなかったのかと・・・・・、治療できないほど貧困だったので仕方ないのですが。・・・・・歳を重ねるごとに体のあちこちでメンテナンスが必要になりますよね。健康と美を保つにはおカネが益々必要になるのですね・・・・・実感するお年頃になりました。(笑)
<< 大輪の花のまま逝ったひと バースデーケーキてんやわんや物語 >>