<< バースデーケーキてんやわんや物語 栗三昧 >>
長ーーーーーい一日
昨日おナカさんは帰って行きました。
なぜか今回は想定外のショックで、東京駅の新幹線ホームで見送った後まっすぐ帰宅し、ずっと寝ていました。


昼寝もしたのに昨夜七時半にはベッドに入って十二時間以上寝続け、今朝は気を取り直して一人の生活を思い出しながら元に戻しています。
まずはブログの更新をしなければ・・・・・ということで、おナカさんが帰る前日から。 (写真をクリックすると大きくなります)
d0046294_9133733.jpg

晴れとはいかないまでも雨は降っていないので、朝五時過ぎに家を出て観音崎まで歩きました。
彼女にとっては懐かしさひとしおだったろうと想像します。
「ああ、海はいいよなぁ・・・・」
と何度も繰り返していました。

海の中にかかる観音崎大橋を渡り、レストハウスの隣りにある高台に登ります。写真はそこで撮ったもの。
左手が東京湾になります。     (これも大きくなります)
d0046294_9134910.jpg

このあとのトンネルを抜けて、ボードウォークを歩き観音崎京急ホテルを通過して走水へ。(写真前方が京急ホテル)
Uターンする形で横須賀美術館の前を歩いて、再びたたら浜を通って家に。約一時間の散歩でした。(これも大きくなる)
d0046294_9354665.jpg

この日おナカさんは行く所が二か所あり、小豆を買いに出た私と一緒にスーパーまで行った後、一人目のお友達の所へ。

私はまっすぐ帰宅し、まず小豆を煮てこしあん作りに入ります。(写真は一度沸騰した水を捨てて、二度目に入っている)
d0046294_914164.jpg

小豆を煮ている間に、おナカさんに持たせるお土産作りに入ります。
一つ目はアップルパイ。
前回とは違うレシピで、サクサクの生地を目指しました。
さらに、父が好きだというチーズケーキ。
一度に何種類かのスイーツを作っていくので、テーブルの上も頭の中もごちゃごちゃ・・・・・。
d0046294_9142938.jpg

クリームチーズを電動ミキサーでガーッ! と・・・・・・これは楽だぁ。
d0046294_9144583.jpg

出来上がったものは、正直、私的にはどちらも会心の作とはいきませんでした。

何が? って、・・・・・・アップルパイの生地はサクサクしていないどころか、前回の方がおいしいし。
チーズケーキはレシピ通り、電動ミキサーで作ってみたけど、やっぱり前回と食感が違って、これがおいしいのかどうか・・・・・・、前の方が濃厚でおいしかったような・・・・・・。
ということで、“おいしい!”という決め手に欠けるのです。
結局、食べてくれた人が“おいしい”と思ってくれることが一番なのですが・・・・・・。

おナカさんが剥き栗を入れてきた大きなタッパーに、アップルパイとチーズケーキを詰めます。
d0046294_9145892.jpg

その上に、潰れないようにボール紙で棚を作って蒸し羊羹と、隣に渋皮煮を。
d0046294_9151228.jpg

結局、蒸し羊羹は11時ごろから小豆を煮始めて、出来上がりは夜の10時。

夕方四時ごろ帰ってきた母とラーメンを作って食べ、途中小豆を濾す作業を代わってもらい、その間にお風呂に入り、蒸す段階に来て蒸し器に予定していた器が入らない! という事態に遭遇し、代わりの容器を見つけてようやく出来上がったという次第。

レシピの3倍の量でこしあんを作ったので、その分の労力も並ではなく、私は疲れのためか頭痛もしてくるほど。
それでも蒸し上がった羊羹を見た時には、二人で“うわぁ~♪”と歓声を上げ、感動もひとしおでした。
直径21cmのガラスのパイ皿で蒸して、タッパーに入るように四方を切り落としました。
その切り落としは今、もちろん冷蔵庫の中です。(↓ 切り落とし)
d0046294_9152315.jpg

こしあんの出来上がる状態を見ながら、和菓子が高いのもしょうがない、などと二人で納得。
とりあえず喜んでくれたので、私は苦労が報われた思いでした。


月曜に来て土曜に帰るなんて、あっという間の出来事でした。

会社から帰ってきて「ただいまー」と声に出すことに、なんだか言い知れない感動がありました。

家のあちこちの電灯がついていて、“電気代がもったいない”と思う反面、そこに人の気配を感じてホッとするものがありました。

会社から戻って、限られた時間だと思うのでどうしてもビールを飲みながら、あるいは栗を剥きながらおナカさんと話す時間を持ちたくて、その結果睡眠不足になっていたのか、背中の傷みや頭痛が積もっていき、昨日送って行く時には本当に体がだるくて、どこまで送っていこうかと内心迷っていました。
けれど、いつ何があるか分からない時代ですから、悔いが残らない選択をしなければという思いがいつもあります。

体調を崩して寝込む後悔よりも、あとで“送っていけばよかった”という後悔の方が痛手が大きいのは明白。
だから新幹線の座席に座るまで見届け、手を振って遠ざかっていく姿を見てやっとホッとするものを感じました。

けれどその後です。
今までになく何やらショックで、悲しいという感情なのか寂しいという感情なのか区別がつかないのですが、ようやく家に辿り着いた私は涙が止まらなくなりました。
泣くと余計に頭痛が酷くなります。鼻も詰まってきて呼吸困難になります。
なので、なんとか何も考えないようにしようとすると、眠るしかありません。
午後の3時ごろから5時半ごろまで昼寝をして、そしてお風呂に入った後の7時半にはベッドに入って、またまた寝てしまっていたということになります。


睡眠が一番の良薬、と思っている所があるんですね、私は。・・・・・・


お陰で今朝は良薬が利いて、体調は随分良くなり、気分も大分元に戻ってきました。

   時には、こういう変化も必要なのかもしれません。・・・・・


d0046294_10422760.jpg



私は悲しいけど、きっとクックは大喜び。・・・
そのクックの姿を想像してガンバル! という私に応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-10-23 10:10 | ■とりあえず日記
<< バースデーケーキてんやわんや物語 栗三昧 >>