<< 新幹線にて新花巻へ 旅立ちの準備 >>
2時38分
ふと目が覚めて、それから眠れなくなった。
せめて3時まで寝たい、と掛けている物を頭まですっぽり引き上げて、顔をぎゅっと枕に押し付ける。
が、眠れない。


前回の夜行バス、乗り遅れ事件・・・・・・。
この傷をかなり引きずっている。
今日の新幹線はそれほど早い時間でもないが、“お土産にパンを買って行く”がネックになっている。
パン屋が開店する時間を考えてチケットを選んだつもりだったが、そのパン屋は品川にある。
選んで会計を済ませて、それから東京に移動して・・・・・と考える時、ちょっとのんびりすると簡単に3-40分は過ぎて、乗り損ねるような気がしてくる。

常に時間と闘うように行動する、これは得意であった筈。
ところがこの数年の隠遁生活のうちに、自分の中の時間に対する感覚がすっかり入れ変わってしまった。
隙間を縫って一刻も早く得するものを拾って行く、という感じから、ぶらぶらとその時の掘り出し物を拾って行くという感じへ。

“take a chance”というけれど、実は“receive a chance"なのだと聞いたことがある。
いいなぁ、receive・・・・・とその時思ったのだけれど、takeが得意な人間にとってreceiveできるまで待つということはかなり大変。だから“receive"に移行できたのかもしれない、と思うと嬉しかったりするのだが。



とは言うものの、バスに乗り遅れたり電車に乗り遅れたら安らかでいられない。
それまで楽しんでいたゆるゆる時間のすべてのツケが回ってきたようにパニクる。
しかも私の体の中のメトロノームは、ゆ~ったりとした時間の流れがリズムとなって刻まれているから、パニクったからといって、急にカチカチカチカチと速いリズムを刻むことはできない。思考は空回りするばかり。

速い人は、何でも速い。

最初に働いていた会社で、同じ部署にモリソンさんというアメリカ人がいた。
日本語がぺらぺら、その上かなりのインテリで、私でさえ彼はかなり優秀な人だろうことが分かった。
私のお誕生日に同じ課の人たちから寄せ書きをもらったのだけど、私にも理解できる簡単な英語で書かれたその人のメッセージが印象的で、今でも時々思い出す。

確か、You can run fast. You can speak fast. You can type fast. ・・・・・・とfastという言葉で韻を踏んだ文章が10行前後並んでいたように記憶する。

皆で大笑いしてしまったが、私は言われてみて“なるほど・・・・”と自覚した。
人間は無意識ではすべてを知っているのだが、健在意識に上がってくるまでに時間がかかる。
この彼の詩(?)をたびたび思い出すのは、私の行動パターンや人生を生きるヒントがここにあったからかもしれない、などと考えるようになった。


そしてさらに何年か経って、演劇の訓練を始めた時に感じた。
一般的に「速いことは良いこと」みたいな空気があるけど、この世は左脳的人間にはとても有利。
けれど芸術的感性を必要とする右脳的人間には、この世の方程式は少々厳しいのかもしれない。・・・・

私は演劇というものにのめり込みながら、それまでの自分の思考や感覚すべてを否定することから始めた。
考えることよりも、感じることから。

物心ついた時から浸みこんでいた感覚というものは、なかなか抜けない。
何度も手痛い思いをしたり、死にかけたり泣いたりしながらほんの少しずつ矯正されてきたように思うけど、それでもきっと、今でも抜け切れていないのだろう。

ひどく悲観的になったこともあったけど、それぞれの魂の資質というものがあるのだからそれはそれで尊重して、やっぱりポイントはこの世で生きていくためのバランスなのだろうと、今では思ったりしている。






あれ? なぜこんな話になっているんだ??????


あ、つまり、大変な思いをしてギアを変えたわけだけど、自分にないものがよく見えるというのは人間の習性で、やっぱり元の速度が良かった、とギアを元に戻そうとしても、なかなか戻せない。・・・・・と嘆きたいのだ。
ああ、前の自分に戻りたい・・・・・・。

バスを乗り損ねるなんて、そんなマヌケなことはぜーーーーったいになかった。
何があっても絶対になんとかなる、という不思議な自信があった。

それが今は、全然、ない。


これって、この世で生き抜いていくために凄く不利、と感じている。

逆に、競って勝ち取っていく人が勝ち組といわれる世界でもあるから、そっちの部類には入りたくないとも思う。




などと、一人でつらつらと考えている内に夜が明け、6時になろうとしている。
えっと・・・・・・家を出るのは何時だっけ?
その前に、このパソコンや諸々をバッグに詰めて、10時の開店に合わせて品川に到着して・・・・・と、ほらほら、すでにどきどきし始めている。もうホントにやだ、こういう状態。



ということで、どーでもよい今日のつぶやきはここで終わり。
さっさと準備を始めろ、っちゅうことだね。





新幹線に乗り遅れないように、心を込めて応援のぽちっをお願いね。(^_^;) オネガイヨ…
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-09-18 06:22 | ■とりあえず日記
<< 新幹線にて新花巻へ 旅立ちの準備 >>