<< 赤シソジュース作り 黄色い雨 >>
赤シソガーデン
昨日の私は本当によく働いた。(自画自賛)
朝の目覚めこそ6時8分と遅かったが、(ベッドから起きたのは6時56分ともっと遅かったが、)まとめておいた瓶や缶をゴミ収集場に持って行ってからは、雨上がりの庭で草取りを始めた。

とにかく雨が降ると、草木が元気になるから息苦しくなるほどの鬱陶しいジャングルを形成し始める。
ハイネックのトレーナーを着るのも息苦しいが、ジャングルに住まう息苦しさに比べたらどうってことない。
(まだ蚊がいるし・・・・・)
との躊躇いもはねのけ、何かに突き動かされるように完全防蚊の装いで庭に降り立った。
来月からこのまったりと無制限に思える自分の時間は有限になるのだ、という意識がどこかで働いているのもある。


仕事もしたいし自然との暮らしや料理も楽しみたい、とまぁ・・・・欲張りなのだ。
通勤に苦痛を感じてエネルギーを消耗するのも嫌だし、貧困で何も買えず気力さえも失せるのは悲しい。
そこそこ折り合いをつけながらでも日々の生活を楽しまなければ、生きている意味がないじゃないか。・・・・

ということで、赤シソジュースを作ることにした。
ついでに、青ジソをいつでも食べられるように採っておくことにする。

どこもかしこも草は伸び放題。赤シソも雑草に分類したいほど増えすぎている。
抜いた赤シソは、抜いた雑草(という名の草はないのだが)の小山とほぼ同じくらい。
d0046294_4465449.jpg

この赤シソに埋もれていたニラの花。  (写真をクリックすると大きくなります!)
d0046294_448092.jpg

抜いた後は、“あースッキリした~!”と風に揺られながら歌っているようにさえ見える。  (これも大きくなるよ!)
d0046294_449359.jpg

今年はニラの花が小さいように感じるのだが、これは日当たりが悪かったせいだろうか。  (これも大きな花になります)
d0046294_4514266.jpg

そうそう、赤シソといえば青シソ。(?)
この青シソは“縮れシソ”と“原種”の2種類があるとのことだったが、これは“ちぢれ”。
d0046294_4545815.jpg

そして、こちらは“原種”。
d0046294_455302.jpg

ウチではアシタバとシソは虫に食われない、と思っていたが、なんだ・・・・食べられているじゃないか。

こちらはパンプキン。 順調に成長している。
d0046294_4584562.jpg

ミニトマトはあまり実の数は多くない。熟しすぎたオレンジ色のトマトには、たくさんのアリが群れていた。
d0046294_50044.jpg

アリの食糧はそのままに、私の食糧は収穫。
d0046294_512422.jpg

これは埋めっぱなしヤーコン(梨のような食感の芋?)。
これも赤シソで埋もれていたが、周囲の赤シソをすべて撤去。
d0046294_532017.jpg

埋もれていたといえば、これもそう。これは埋もれていることさえも忘れられていた、ねぎ。
おナカさんが岩手から送ってくれて、適当に埋めていたのだった。
d0046294_5161536.jpg

なんだか、赤シソの陰で日に当たっていなかったから、皮が薄くて柔らかそうだ。・・・・・(日陰効果?)

そういえば・・・・・と、レモンの木の下にカメラを向ける。
見慣れない花が咲いていて、ずっと気になっていたのだ。 (ああ、ピントが合ってない・・・・・)
d0046294_55533.jpg

この花の根元を見ると・・・・・・、
d0046294_56342.jpg

ああ! これはアレじゃないか。・・・・・・と名前を思い出そうとするが、思い出せない。 アレ、アレ!・・・・・・
つまり全体の姿はこう。
d0046294_571949.jpg

そしてこのレモンの木の下で発見したものが、もう一つ。
それは“落ちていたレモン”! 
レモンが落ちるなんて・・・・・とショックを受けた私。

樹で完熟したレモンは、売っているレモンのように酸味が強くなく、オレンジかと思うような爽やかな味になる。
だから、どうしても使いたい時だけ一つずつ収穫していた。 のに!
風で落ちてしまったのだろう・・・・・・・・、ああ勿体無いことをした、と拾い上げようとしたら、グジャッ。
あまりにガッカリなので、残りの三つは全部採ってしまうことにした。

改めて木を眺め回すと、お~や! すでに次の小さな実がついている!  (写真をクリックすると大きなレモンになります)
d0046294_5142772.jpg

こうして終わりのない庭作業にひと段落つけて、山ほどの赤シソ(青ジソも混ざっている)をざっと水洗いし、両手に抱えて家に入った。 (これもピンボケ・・・・)
d0046294_5194023.jpg

ああ、この大量の赤シソを見た時には疲労感がドッと噴き出したが、この後赤シソジュースを作らなければならない。

まずは水浴びをして、延々と(といっても1時間くらいだけど)葉っぱだけを取って水洗いをしてざるへ。
しかし、なにしろこの量だから、半分くらい終わった所でギブアップ。
それに、鍋に入りきらないじゃないか。・・・・・・それに、ざらめも切れてるじゃないか!


ということで、ぶり返した夏の陽ざしを受けながら、山を下りてスーパーに買い出し。
帰ってくれば、当然再び水浴びをして水分補給となる。

ただの水を飲めばよかったのに、どーしても泡の出るものを飲みたかった。
これがいけなかったねぇ。
いつもよりやたらと酔っぱらってしまい、根性で赤シソだけは茹でたけど(半分だけね)、そのあとは眠くて眠くて仕方がない。

それでもお湯にだけは浸かり、髪の毛を洗い、クタクタになってベッドに倒れ込んだ。
午後7時55分。


作業後の庭。  (これも大きくなります)
d0046294_5433380.jpg



というわけで、今朝は4時7分には起きて、やっと昨日のブログを更新するに至った。

せっかく早起きしたのだから、今のうちに草の山を燃やしたいところだが、残念なことに昨日は夕方から大雨。
抜き取った草ばかりでなく、庭全体がヒンヤリと潤ってしまっていて、朝の水垢離にためらいを感じるほど肌寒い。

さて、今日は残りの赤シソを茹でねばなるまいよ。・・・・・

   茹でるのはいいけど、大量のジュースをいれる空き瓶は、昨日ゴミで捨ててしまったばかり。

     なくならないねぇ、問題ってやつは。・・・・・・ 雑草のように。・・・・・・・





問題解決の閃きが降りてくるように、応援のぽちっをお願いね~!
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-08-27 04:14 | ■とりあえず日記 | Comments(4)
Commented by tengtian60 at 2011-08-27 09:10
おはようございます!

働きましたね~^^
あれ・・・は、「うるい」ですよ。(笑)
茎の部分を白くして(日光を遮断)おひたしや酢味噌合え、味噌汁の具、などで食べます。

関東は大雨だったようですね・・
黄色い雨、それは撮影しなくちゃ!
こちらもバケツをひっくり返したように降りましたが
すぐに止みました。(一昨日のことです)
長女とその子が遊びに来ていた間中雨模様のぐずついた天気も
東京に戻った翌日から(昨日から)爽やかな良い天気になっています。

やっと普段の生活になりました・・・
懐は秋の風・・・^^;、いや、冬が到来かな?ぷっ!
Commented by トマコ at 2011-08-27 22:44 x
お疲れ様でした!
広いお庭を、お1人でこれだけ色々されるのは、ほんとに大変だと思います。
特に夏は、蚊はもちろん気味悪いのだの、居そうだし・・・(*_*)

赤シソ、いっぱいですね♪
青シソのナゾが、おかげで解けました~~~(^^)v
なんとなく、葉っぱの形が違うのはなんで?って思ってたんです!
青シソにも縮れ種というのがあったんですね。
知らなかった~ ありがとうございました(^^)v
ヤーコンにちはも 元気に育ってますね。
そのお花と葉っぱの植物は、詳しい名前はわからないけど
一般的には、ホスタとかギボウシという種類じゃないかと思います。
黄色いレモンは、まだ木に残していたんですね♪
うちは今年は殆ど生らなくて、庭の木は一つも実が無いんですよ~
ところが、去年植えたばかりの畑のレモンに、青い実が二つありました(^^)
Commented by anrianan at 2011-08-28 09:09
★tengtianさま、
おはようございます。
そう! そう! ウルイでした! 東北のウルイです!(笑)
以前、「箱」の利用を教えていただいたので試してみましたが、上手く行きません。
たぶん、ネギのように周囲に土をもっていくとか、今回の赤シソではないけれど、背の高い植物で囲まれていると、その上に顔を出そうとして茎が白いまま伸びるのかもしれません。想像ですけれど。・・・・・
今年も「芽が出たなぁ」と見ていたら、どんどん光合成をしていくので緑になってしまうんですね。(^_^;)
こちらは日中暑さが戻る時はありますが、それでも風はもう秋です。
湿度が一時期と全然違います。
それでも肌寒い日もあれば、蒸し暑い時もあり、体の調整がついていきません。
7月に数日だけそちらに訪れた時には、ほんとに気持ちの良い気候でした。
今頃はきっと、もうすでに冬の足音が聞こえているのではないでしょうか。・・・・・
そういう時季が個人的には一番好きです。晩秋が。
Commented by anrianan at 2011-08-28 09:26
★トマコさま、
ありがとうございます、まだまだ手入れをする所はエンドレスであるのですが。・・・・・便利な“文明の利器”があったら労力も少なくてすむのになぁ、と切実に感じます。
赤シソ、青シソともに、ちぢれ種と原種があるようです。
どちらも土が良ければ柔らかいシソになってどっちもおいしいよ、と父が申しており、ああ、やっぱりポイントは「土」かぁ・・・・とガッカリ。(笑)
ヤーコンは昨年もこのように育ったのですが、芋が付かなかったのです。
これも、たぶん土ですよね。・・・・・・それと日当たり。
今年はどうでしょうか・・・・・、日当たりの点では、昨年と同じ場所なんですよねぇ。(^_^;)
この花は山菜の「ウルイ」というものでした。
両親が東北に移住して、初めて知った山菜です。茎の部分が白く長く伸びてその部分を食します。
ただウチのウルイは長く伸びないのです。こちらは日当たりが良すぎるのかしら、なんて思っています。(日陰の方がいいのかも)
レモンは熟しすぎて、少しスカが入りかけていました。もう少し早く採っておけばよかったかなぁ。
2つでも実が付いているのは、これからどんどん増えていく期待大ですね!
<< 赤シソジュース作り 黄色い雨 >>